横地治男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

横地 治男(よこち はるお、1912年 - 2007年3月28日)は、日本の実業家柔道家

来歴[編集]

島根県隠岐郡出身。島根県立隠岐商船水産学校卒業後、1947年に「ダイニッカ」を創業[1]

その後、1975年東京都世田谷区に柔道の私塾「講道学舎」を創立。オリンピック選手をふくめ、約200名の選手を輩出した。また、全日本柔道連盟顧問も務めた。

自らの体験を綴った「敗走記」を執筆・・・旧満州から800キロ、九死に一生を生き残る体験談。(発行:平成7年7月31日 発行所 株式会社オクムラ)

2007年3月28日、不整脈のため東京都目黒区の病院で死去、95歳没[2]

家族[編集]

孫に柔道家の持田達人北田典子がいる。

脚注[編集]

  1. ^ 私たちダイニッカ
  2. ^ “横地治男氏死去 全日本柔道連盟顧問”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年3月28日). http://www.47news.jp/CN/200703/CN2007032801000879.html 2013年4月27日閲覧。