ショーン・リッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イーライ・ドレイク
プロフィール
リングネーム イーライ・ドレイク
スレート・ランドール
ショーン・リッカー
ディック・リック
ディック・リック・レイキス
デュース
本名 ショーン・リッカー
身長 188cm
体重 104kg
誕生日 1982年11月11日(33歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
メリーランド州ヘイガーズタウン
トレーナー レス・サッチャー
コーディ・ホーク
デビュー 2002年
テンプレートを表示

ショーン・リッカーShaun Ricker1982年11月11日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーメリーランド州ヘイガーズタウン出身[1]

来歴[編集]

インディー団体[編集]

2002年2月15日、NWA加盟団体であるNWAワイルドサイド(NWA Wildside )にてデュースDeuce)のリングネームでオニキスとタッグを組み、シャドウ・ジャクソン & ジョニー・サイコを相手にプロレスラーデビュー。

2003年よりオハイオ州シンシナティを拠点とするHWA(Heartland Wrestling Association)に入団。11月2日にオーガ・ブーガとタッグを組んでブラック・ミリティア率いるザ・ミリティア、そしてリッグス・ブラザーズ(ジェイソン・リッグス & ジョニー・リッグス)とHWAデビュー戦ながら2試合をこなした。ザ・ミリティアとはこの日の対戦をきっかけに短期抗争に発展している。

2005年よりリングネームをディック・リック(Dick Rick)へと変更し、2006年5月1日にはオハイオにてショーを行ったWWEにスポット参戦して前座番組であるHEATにジョン・モクスリーとタッグを組んでビッグ・ショーを相手にハンディキャップマッチに挑むも秒殺された。

2008年よりHWAにおいて中心選手の一人として活躍し始め、2009年にはリングネームをディック・リック・レイキス(Dick Rick Leykis)に変更し、更なる飛躍が期待された6月3日に出場したのを最後にHWAから退団した。

HWA退団後、NWA加盟団体のM1W(Mach One Pro Wrestling)に本名名義で参戦。ブライアン・ケイジとのタッグチーム、ナチュラル・セレクション(The Natural Selection)を結成して2010年1月29日にM1Wタッグ王座を獲得し、名タッグへと成長するとロックネス・モンスターズ(ジョニー・グッドタイム & ジョニー・ユマ)との抗争を展開。同年にはM1WのみならずEWF(Empire Wrestling Federation)やSCP(SoCal Pro Wrestling)、そしてCWFH(Championship Wrestling From Hollywood)といったNWA加盟団体に参戦。CWFHにはM1Wと並行して長期参戦するようになり、NWAヘリテイジタッグ王座(現 : CWFHヘリテイジタッグ王座)を巡ってロックネス・モンスターズとロス・ルチャズ(フェニックス・スター & ゾクレ)との三つ巴戦やヤング・ハリウッド(ブランドン・パーカー & トッド・チャンドラー)、ザ・トライブ(ハワイアン・ライオン & ナバホ・ウォリアー)と熾烈なベルトの争奪戦を繰り広げた。

2011年7月にナチュラル・セレクションを解散すると本格的にシングルプレイヤーへと転向し、NWA系列の団体で第一線を走った。

WWE[編集]

2013年5月、WWEとディベロップメント契約を交わし入団[2]。新設されたWWEパフォーマンスセンターにてトレーニングを開始し、10月にNXTに昇格。同月10日のテーピングのダークマッチにてスレート・ランドールSlate Randall)のリングネームで出場し、ヨシ・タツとの対戦して勝利した。

NXT Liveでの出場機会に恵まれ長期間トレーニングに励んでいたものの2014年7月31日にWWEから解雇となった[3]

TNA[編集]

WWE解雇後、2014年9月5日、FIP(Full Impact Pro)にて行われたFIPトリオ王座争奪トーナメントにマイケル・ターヴァー & メイソン・ライアンと組んで出場するが準決勝にてドス・ベン・デホス(ジェイ・クルーズ & ジェイ・リオス) & リンセ・ドラドと対戦して敗戦となった。

2015年2月16日、TNAが行ったワンナイト・オンリーのガットチェックマッチに出場して好成績を収めた事によりTNAと契約を交わし入団。イーライ・ドレイクEli Drake)のリングネームで活動を開始。ドリュー・ギャロウェイが1人でビートダウン・クランと抗争を展開するが数の多さに抵抗できない事から3月27日、リングを占拠するビートダウン・クランに対しバックステージから登場してマイクアピールにて新たな仲間を連れてきた事を予告すると客席からマイカと共に現れ乱闘を行って追い払い、そしてトリオユニットであるライジングThe Rising)を結成[4]

ライジング vs ビートダウン・クランの抗争は熾烈な展開となる中、7月1日に決着戦である3対4のハンディキャップ形式イリミネーションマッチを行いマイカのカウント負け、自身の負傷欠場で簡単に劣勢へと陥るがギャロウェイがケニー・キング、ロウ・キーを破り食い下がったもののヘルナンデスMVPに抵抗できず敗戦した[5]。ビートダウン・クランとの抗争後、ギャロウェイが自身とマイカには頼りにならないと切り離し再び1人で試合を行うようになるがこれに憤慨した事によりギャロウェイを襲撃してライジングは解散となった。8月5日に直接対決を行い最後に丸め込んで勝利[6]。同月19日、因縁に決着をつける為にギャロウェイとノーDQマッチによる再戦を行い、最後に机に叩きつけられて敗戦した[7]

得意技[編集]

変型パイルドライバー

獲得タイトル[編集]

CWFH
w / ブライアン・ケイジ
M1W
  • M1Wタッグ王座 : 1回
w / ブライアン・ケイジ
EWF
  • EWFヘビー級王座 : 1回
CPW(Championship Pro Wrestling)
  • CPWタッグ王座 : 1回
w / ジャックポット
HWA
  • HWA TV王座 : 1回

脚注[編集]

  1. ^ Shaun Ricker”. Online World of Wrestling. 2015年7月22日閲覧。
  2. ^ WWE Signs Shaun Ricker to Developmental Contract”. Yardbarker.com. 2013年5月17日閲覧。
  3. ^ Three More WWE NXT Wrestler Cuts Confirmed”. Wrestlinginc.com. 2014年8月1日閲覧。
  4. ^ TNA Impact Wrestling Results - 3/27/15 (Six Sides of Steel)”. Wrestleview.com. 2015年3月27日閲覧。
  5. ^ TNA Impact Wrestling Results - 7/1/15 (New TNA Champion)”. Wrestleview.com. 2015年7月1日閲覧。
  6. ^ TNA Impact Wrestling Results - 8/5/15 (Full Metal Mayhem)”. Wrestleview.com. 2015年8月5日閲覧。
  7. ^ TNA Impact Wrestling Results - 8/19/15 (Turning Point)”. Wrestleview.com. 2015年8月19日閲覧。

外部リンク[編集]