マーク・ロモナコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ババレイ・ダッドリー
Bully Ray at HOH 9.jpg
プロフィール
リングネーム ババレイ・ダッドリー
ブリー・レイ
ブラザー・レイ
ババ・レイ・ダッドリー
本名 マーク・ロモナコ
身長 193cm
体重 140kg
誕生日 1971年7月14日(45歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州の旗 ニューヨーク州
クイーンズ区
トレーナー ソニー・ブレイズ
ジョニー・ロッズ
デビュー 1991年
テンプレートを表示

マーク・ロモナコMark LoMonaco1971年7月14日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーニューヨーク州出身[1]

ECWおよびWWE時代のリングネームババ・レイ・ダッドリーBubba Ray Dudley)での活動で知られる。TNAを主戦場に、ブラザー・レイBrother Ray)、ブリー・レイBully Ray)のリングネームでも活動。

来歴[編集]

1991年にプロレスデビューを飾る。1990年代中盤、ECWギミック上の異母兄弟チーム、ダッドリー・ボーイズの5男、ババ・レイ・ダッドリーとして登場した。

1996年4月13日に、ギミック上の異母弟であるディーボン・ダッドリーがデビュー。両者は行動をともにするようになり、そしてチーム3Dを結成した。ハードコアマッチ、特にテーブルマッチを得意とし、ディーボン共々テーブル破壊が代名詞となっていった。

1999年、弟のディーボンと共にWWF(現WWE)へ移籍。当初はヒールであったが、人気の高まりと共にベビーフェイスとなっていった。WWFでもECW時代と同様にテーブルマッチなどのハードコア・レスリングを得意としていた。

2010年

2001年WCW/ECW連合軍(アライアンス)結成時は、元ECWということもありアライアンスに参加した。

2002年のWWFのテレビ番組分割時は、ババレイはRAW、ディーボンはスマックダウンへと別れることとなった。なお同年中にディーボンがRAWに移籍してタッグは再結成されている。WWE時代に兄弟が別れていたのはこの期間のみである。

2005年7月5日にWWEから解雇された。この際、ダッドリー関連の名称は登録商標の関係で一切使えなくなり、以降現在のリングネームであるブラザー・レイ、またはババ・レイとして活動することとなった。ロモナコ自身はダッドリーの名前をWWEから取り戻したいと語っている。

WWE解雇後、TNAに移籍。また全日本プロレスにも参戦して世界最強タッグ決定リーグ戦で優勝している。2006年にはハッスルへ参戦するなど、日本での登場機会が増えた。

2009年1月4日、レッスルキングダムIII IN 東京ドームブラザー・ディーボンとともに真壁刀義&矢野通からIWGPタッグ王座を奪取。2月15日、New Japan ISM両国国技館大会にて真壁&矢野のリターンマッチをハードコア戦で制し初防衛に成功した。同年3月、TNAオーランド大会でビアマネーからTNA世界タッグ王座を奪取した。

2013年

2010年、長年タッグを組んでいた相方であるディーボンと初の抗争を開始。リングネームをブリー・レイに変更。

2012年の冬頃からハルク・ホーガンの娘のブルック・ホーガンと交際を開始。2013年3月に結婚式をリングで挙げるがエイシズ・アンド・エイツのメンバーに襲われる。

2013年3月10日、LockDown 2013にてジェフ・ハーディーからTNA世界ヘビー級王座を獲得した。この試合にはエイシズ・アンド・エイツの介入があり、ブリーはこれを機に裏切りを果たす。ブルックの交際もTNA世界ヘビー級王座を挑戦する為とホーガン一家やTNAを陥れる為の計画であった。ディクシー・カーターMVPとの間で権利者を賭けての抗争の際カーター軍に付いていたが、試合中に突如裏切りMVP側に加担し、勝利に導いた。これを機にベビーターンを果たす。 以後、ディクシー・カーター一家と抗争する。抗争する中で、ディクシーをテーブル葬することを狙うが、ことごとく失敗に終わっていたが、8月7日放送のインパクトにて、ついにディクシーをテーブル葬に成功した。その後、ウルブズ、ハーディーズとのタッグ王座をめぐる試合をした。それ以降、しばらく登場していない。

2015年1月25日、WWE・ロイヤルランブルでサプライズ枠として久々に登場。ディーボンは出場しなかったものの、ディーボンの代わりに偶然リングで出くわしたRトゥルースザ・ミズ3Dを浴びせ観客を湧かせた。7月頃からTNAのGMとして復帰。度々、マッチメークをする為に登場したりした。8月放送のインパクトにて何者かに襲われる。8月24日、WWE・RAWにディーボンとダッドリー・ボーイズとして復帰。

その他[編集]

  • ECWに登場後しばらくの間は自閉症というギミックが与えられたため言葉を発しなかったが、後にトークのほとんどをババ・レイが担当するようになった。

得意技[編集]

ダイヤモンド・カッター
フルネルソンボム。フルネルソンの体勢から開脚して相手をマットへ叩きつける。
エルボースタンプ

獲得タイトル[編集]

TNA世界ヘビー級王者時代
ECW
w / ディーボン・ダッドリー
WWF / WWE
w / ディーボン・ダッドリー
w / ディーボン・ダッドリー
w / ディーボン・ダッドリー
TNA
w / ブラザー・ディーボン
w / ブラザー・ディーボン
ハッスル
  • ハッスル・スーパータッグ王座 : 1回
w / ブラザー・ディーボン
全日本プロレス
世界最強タッグ決定リーグ戦 : 2005年大会優勝
w / ブラザー・ディーボン
新日本プロレス
w / ブラザー・ディーボン
DWO
  • DWO世界ヘビー級王座 : 1回
SCW
  • 2CWタッグ王座 : 1回
w / ブラザー・ディーボン

脚注[編集]

  1. ^ Mark Lamonica”. Online World of Wrestling. 2010年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]