エットレ・ユエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビッグ・E
Biggie Langston.jpg
プロフィール
リングネーム ビッグ・E
ビッグ・E・ラングストン
ウィリアム・ラングストン
本名 エットレ・ユエン
身長 180cm
体重 130kg
誕生日 (1986-03-01) 1986年3月1日(30歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州の旗 フロリダ州タンパ
所属 WWE
スポーツ歴 アメリカンフットボール
パワーリフティング
トレーナー FCWスタッフ
デビュー 2009年
テンプレートを表示

エットレ・ユエンEttore Ewen1986年3月1日 - )は、アメリカ合衆国パワーリフターであり、プロレスラーフロリダ州タンパ出身[1]WWEにてビッグ・EBig E)のリングネームで所属。

来歴[編集]

パワーリフティング[編集]

学生時代、アイオワ大学アメリカンフットボールで活動し、ディフェンスラインとして活躍。また、在学中に掛け持ちでしていたパワーリフティングに適正があることを見出し、卒業後にはパワーリフティング選手としてUSAPL(USAパワーリフティング)が主催するUSパワーリフティング・チャンピオンシップ2010、RAWナショナル・パワーリフティング・チャンピオンシップ2011にて高記録を残した。

WWE[編集]

FCW / NXT[編集]

2009年WWEとディペロップメント契約。傘下団体のFCWにてウィリアム・ラングストンWilliam Langston)のリングネームでデビュー。同年、ビッグ・E・ラングストンBig E. Langston)に変更。2010年、前座の位置からステップアップし、スキップ・シェフィールドとタッグを組んでタッグ戦線に乗り込むも、シェフィールドの引き立て役となることが多かった。

2011年カルバン・レインズとタッグを組んでFCWフロリダタッグチーム王座を奪取した。

2012年ニック・ロジャースとタッグチーム、チーム・ジャケットTeam Jacked)を結成し活動するが、FCWが新人発掘番組であるNXTと合併し新生NXTへと移行後タッグは自然解消。NXTではシングルで活動し、エイデン・イングリッシュ & カマーチョと抗争。この二人とハンディーキャップマッチを行うこともあったがいずれも勝利。12月6日にはNXT王者であるセス・ロリンズからベルトを奪取した。

WWE[編集]

2012年12月17日、WWEに昇格。RAWのメインイベントであるAJ・リー & ドルフ・ジグラー vs ジョン・シナ & ヴィッキー・ゲレロのミックスマッチにてシナがジグラーを攻める間にAJ・リーから呼ばれ登場し、シナを倒した。以降、ジグラー、AJと行動を共にして2013年WrestleMania 29ではWWEタッグ王者ヘル・ノーと対戦し、敗戦。しかし翌日のRAWでダニエル・ブライアンとシングルマッチを行い仲間のアシストに助けられ勝利した。その後アルベルト・デル・リオジャック・スワガー、そしてジグラーが世界ヘビー級王座を巡っての抗争を始めたことで、それに関するシングルマッチやタッグマッチをしつつジグラーをアシストした。6月、NXTにてボー・ダラスに敗れNXT王座を陥落。7月には、ジグラーがベビーターンしAJを振ったことから抗争になり、PPVであるSummerSlamで対戦するも敗戦。以降、しばらくSuperstarsMain Eventでの出場が中心としていた。10月19日のSmackDownにおいてCMパンクとの試合後、パンクを襲撃しようとしたカーティス・アクセルライバックからパンクを守りベビーターン。そして11月18日のRAW CountryにてIC王座を保持するアクセルと対戦して勝利し、ベルトを奪取した。

2014年2月よりリングネームをビッグ・EBig E)へとマイナーチェンジ。ファンダンゴダミアン・サンドウジャック・スワガー等から王座防衛をしていたが、5月4日のExtreme Rules 2014にてバッドニュース・バレットに敗れ王座陥落した。11月よりエグザビアー・ウッズコフィ・キングストンゴスペルギミックであるニュー・デイなるユニットを結成してPVを開始し、28日のSmackDownにカーティス・アクセル & スレイター・ゲイターヒース・スレイター & タイタス・オニール)とトリオマッチを行い勝利した。

2015年4月26日、Extreme Rules 2015にてキングストンと組んでWWEタッグ王座を保持するブラス・リング・クラブセザーロ & タイソン・キッド)に挑戦して勝利し、ベルトを奪取した[2]

その他[編集]

  • NXTでは勝利した際、倒した相手に追い打ちをかけるフィニッシャーを決めて5カウントを数えるパフォーマンスをしていた。

得意技[編集]

フィニッシャー。フロントパワースラムの体勢からカッターへと移行する。
通常のスピアーではなくエプロンにいる相手にスーサイド・ダイブのような形で行う。
ランニング・ボディブロック

獲得タイトル[編集]

WWE
w / コフィ・キングストン & エグザビアー・ウッズ
FCW
w / カルバン・レインズ
NXT

入場曲[編集]

  • I Can't Keep Still.
  • I Need Five
  • Three Ain't Enough
  • New Day, New Way - 現在使用中

脚注[編集]

  1. ^ Big E Langston”. Online World of Wrestling. 2015年11月1日閲覧。
  2. ^ The New Day's Big E & Kofi Kingston def. Tyson Kidd & Cesaro to win the WWE Tag Team Championship”. WWE.com. 2015年4月26日閲覧。

外部リンク[編集]