サニー・ディンサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • アカム
  • エイカム
サニー・ディンサ
Akam NXT tag team champion.jpg
プロフィール
リングネーム アカム
サニー・ディンサ
本名 サニー・ディンサ
身長 191cm
体重 132kg
誕生日 (1993-05-20) 1993年5月20日(25歳)
出身地 カナダの旗 カナダ
Flag of British Columbia.svg ブリティッシュコロンビア州
アボッツフォード
所属 WWE
スポーツ歴 レスリング
トレーナー WWEパフォーマンスセンター
デビュー 2015年4月4日
テンプレートを表示

サニー・ディンサSunny Dhinsa1993年5月20日 - )は、カナダプロレスラーブリティッシュコロンビア州アボッツフォード出身[1]WWEアカムAkam)のリングネームで所属。

来歴[編集]

レスリング時代[編集]

幼少時代より父であるブータ・ディンサのコーチを受けてレスリングに打ち込む。2008年7月11日、エルサルバドルサンサルバドルにて行われたパンアメリカン選手権にてカデット部門フリースタイル100kg級で優勝を果たす[2]

2010年7月23日、ハンガリーブダペストにて行われた世界ジュニア選手権にてフリースタイル120kg級で14位という結果に終わる。また、この大会では後に新日本プロレスに所属する岡倫之が出場していた[3]

2011年7月30日、ルーマニアブカレストにて行われた世界ジュニア選手権にてフリースタイル120kg級で11位という結果に終わる[4]。8月6日、オーストラリアメルボルンにて行われたコモンウェルス選手権にてグレコローマン120kg級で3位、フリースタイル120kg級で優勝と活躍[5]

2012年ブリティッシュコロンビア州バーナビーに所在するサイモンフレーザー大学にてロースター入り[6]。3月23日、フロリダ州キシミーにて行われたオリンピック選考会に出場。グレコローマン120kg級で5位という結果に終わる[7]

2013年9月6日、フランスニースにて行われたJeux de la Francophonieにてフリースタイル120kg級で優勝と活躍[8]。11月29日、フランス・ニースにて行われたHenri Deglane Challengeにてフリースタイル120kg級で優勝[9]

WWE[編集]

NXT[編集]

2014年10月、アメリカのメジャープロレス団体であるWWEとディベロップメント契約を交わし入団[10]。トレーニング施設であるWWEパフォーマンスセンターにてプロレスの基礎を学ぶ。

2015年4月4日、傘下団体であるNXTのNXT Liveにてバトルロイヤルでプロレスラーデビューを果たす[11]。10月29日、WWEの傘下団体であるNXTのNXT Liveにてギジム・セルマーニ、ラブプリート・サンガと共に登場し、セグメントを行った[12]。11月7日、NXT Liveにてエンツォ・アモーレと対戦するが敗戦[13]

2016年2月、ギジム・セルマーニとオーサーズ・オブ・ペイン(The Authors of Pain)なるタッグチームを結成[14]。同月12日、NXT Liveにてセルマーニと組んでハイプ・ブロス(ザック・ライダー & モジョ・ローリー)と対戦するが敗戦[15]

6月8日、NXT Takeover The Endにてザ・リバイバル(ダッシュ・ワイルダー & スコット・ドーソン) vs アメリカン・アルファ(チャド・ゲイブル & ジェイソン・ジョーダン)のNXTタッグ王座戦の試合後、敗戦したアメリカン・アルファに対してセルマーニと共に乱入して襲撃。バックステージよりポール・エラリングが現れると観客からの "Who are you?" チャントが起こる中で3人で悠然と並び立ちアピールして見せた[16]。8月24日、NXTにてリングネームをアカムAkam)に変更。TM61シェイン・ソーン & ニック・ミラー)と対戦。最後にラスト・チャプターを決めて勝利した[17][18]。10月5日、NXTにて開始したダスティ・ローデス・タッグトーナメント・クラシックに出場。順当に勝ち進み、11月19日、Takeover Torontoにて決勝でTM61と対戦。エラリングが介入しないようにケージボックスに入れられ空中へと吊らされ試合を開始すると場外での攻防へと展開。TM61の合体技に苦しむが最後にシェイン・ソーンにスパイン・バスターからラスト・チャプターを決めて勝利。優勝を飾った[19]

2017年1月28日、Takeover San AntonioにてNXT王座を保持する#DIY(ジョニー・ガルガノ & トマソ・チャンパ)に挑戦。関節技と合体技を駆使する#DIYに苦戦し、終盤には自身はチャンパのアームバー、レーザーはガルガノのガルガノ・エスケープを極められ窮地に陥るが、レーザーがガルガノを無理やり持ち上げるとチャンパに落とし難を逃れる。最後にチャンパにラスト・チャプターを決めて勝利。ベルトを奪取した[20]

WWE[編集]

2018年4月9日、WWE・RAWにてオーサーズ・オブ・ペインとして昇格。スレイター & ライノ(ヒース・スレイター & ライノ)と対戦。試合開始直後にスレイターを攻めると最後にラスト・チャプターを決めて秒殺勝利。試合後、共に引き上げようとしたエラリングを制止すると二人で勝ち名乗りを上げた[21]

得意技[編集]

  • ラスト・チャプター
レーザーとの合体技。自身がロシアン・レッグ・スウィープの体勢になると、レーザーが対角線上からロープの反動をつけてランニング・クローズラインを相手に決めると同時に後ろへ倒れこむ。

獲得タイトル[編集]

NXT
w / レーザー
w / レーザー

脚注[編集]

  1. ^ Sunny Dhinsa”. Wrestlingdata.com. 2016年3月14日閲覧。
  2. ^ 2008 Pan-Am Champs (Cadet)”. SaskWrestling.com. 2008年7月14日閲覧。
  3. ^ 2010 Junior World Championships”. Polski Zwi?zek Zapa?niczy. 2016年3月15日閲覧。
  4. ^ Freestyle wrestling - 2011 World Junior Championships - Results Men”. The-Sports.org. 2016年3月15日閲覧。
  5. ^ Results - 2011 Commonwealth Championships”. Commonwealth-Wrestling. 2016年3月15日閲覧。
  6. ^ Sunny Dhinsa - 2012-13 Men's Wrestling”. Simon Fraser University. 2016年3月15日閲覧。
  7. ^ Dhinsa falls short at Olympic wrestling qualifer”. AbbyNews.com. 2012年3月26日閲覧。
  8. ^ Les medailles”. Jeux de la Francophonie. 2016年3月15日閲覧。
  9. ^ Henri Deglane Challenge”. TheMat.com. 2016年3月15日閲覧。
  10. ^ Photo: WWE Signs Three New Wrestlers”. PWMania.com. 2015年10月25日閲覧。
  11. ^ WWE NXT House Show Results 4.4.15 ? Orlando, Florida”. 411mania.com. 2015年4月5日閲覧。
  12. ^ 10/29 WWE NXT in Citrus Springs, Fla.: Balor vs. Joe (w/Photo Gallery)”. PWTorch.com. 2015年10月30日閲覧。
  13. ^ WWE NXT Live (11/7/15) Largo, FL ? Results & Photos”. WrestlingNewsWorld.com. 2015年11月9日閲覧。
  14. ^ The Authors of Pain”. Wrestlingdata.com. 2016年6月9日閲覧。
  15. ^ NXT Tampa Results (2/12/16): Sami Zayn vs. Manny Andrade”. Sescoops.com. 2016年2月13日閲覧。
  16. ^ NXT TakeOver: The End Results – 6/8/16 (Samoa Joe retains the NXT Title, Austin Aries vs. Shinsuke Nakamura, lots of debuts)”. Wrestleview.com. 2016年6月8日閲覧。
  17. ^ WWE NXT Results (8/24): Full NXT Takeover Recap, Tye Dillinger Vs. Wesley Blake, Tag Team Action”. WrestleInc.com. 2016年8月24日閲覧。
  18. ^ NXT results, Aug. 24, 2016: The Authors of Pain bring the hurt in tag team showdown”. WWE.com. 2016年8月24日閲覧。
  19. ^ NXT TakeOver: Toronto Results – 11/19/16 (Samoa Joe regains the NXT Title live from Toronto)”. Wrestleview.com. 2016年11月19日閲覧。
  20. ^ NXT TakeOver: San Antonio Results – 1/28/17 (Bobby Roode wins the NXT Championship live from San Antonio)”. Wrestleview.com. 2017年1月28日閲覧。
  21. ^ WWE RAW Results – 4/9/18 (Night after WrestleMania 34, Brock Lesnar era continues)”. Wrestleview.com. 2018年4月9日閲覧。

外部リンク[編集]