ジョナサン・ファトゥ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョナサン・ファトゥ
The Usos 2014.jpg
プロフィール
リングネーム ジミー・ウーソ
本名 ジョナサン・ソロファ・ファトゥ
身長 191cm
体重 114kg
誕生日 (1985-08-22) 1985年8月22日(33歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州の旗 カリフォルニア州サンフランシスコ
所属 WWE
デビュー 2007年
テンプレートを表示

ジョナサン・ファトゥJonathan Solofa Fatu、1985年8月22日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーカリフォルニア州サンフランシスコ出身。現在はジミー・ウーソJimmy Uso)のリングネームWWEにて活動している。

父はリキシのリングネームで有名なソロファ・ファトゥ。双子の弟はWWEで共に活動しているジェイ・ウーソことジョシュア・ファトゥ

来歴[編集]

2007年wXwにて双子の弟のジョシュア・ファトゥと共にプロレスラーとしてデビュー。

2009年、ジョシュアと共にWWEとディペロップメント契約。傘下団体のFCWにてジミー・ウーソJimmy Uso)のリングネームでデビュー。ジョシュア(当時ジュレス・ウーソ)とのタッグチーム、ウーソズThe Usos)を結成して活動し、デビュー早々トップの前線に立つ活躍を見せ、デューク・ロトンド&ボー・ロトンドと兄弟タッグ同士の抗争を展開した。2010年3月にはタミーナマネージャーに加え、同じく二世レスラーのチームであるジョー・ヘニング&ブレット・デビアスからFCWフロリダタッグチーム王座を奪取した。

5月、WWEに昇格(ジョシュアはジュレス・ウーソからジェイ・ウーソに改名)。24日のRAWでの放送にヒールとして登場。WWEタッグ王座を保持しているハート・ダイナスティを襲撃し、抗争を開始。RAWにおいてのノンタイトルマッチではハート・ダイナスティから勝利を奪うも、PPVであるオーバー・ザ・リミットでのタイトルマッチでは敗戦。ナイト・オブ・チャンピオンズでターモイルマッチによるタイトルマッチに再び挑戦。第一試合目からハート・ダイナスティと当たり、勝利。第二試合目のサンティーノ・マレラ&ウラジミール・コズロフにも勝利を収めるが、第三試合目のマーク・ヘンリー&エヴァン・ボーンに敗れたため、王座を奪取することができずに抗争は終了となった(王者となったのはドリュー・マッキンタイア&コーディ・ローデス)。

2011年4月末の追加ドラフトにて、弟のジェイ・ウーソと共にスマックダウンへの移籍が決定した。NXTにてカート・ホーキンスやタイラー・レックス等のヒールと戦いベビーターンし、その後もタッグ戦線で活動。2013年6月、タッグ王座を持つシールドへの挑戦権を得、王座は奪えなかったもののマーク・ヘンリーと組むなどしてシールドと抗争。

2019年2月17日、Elimination Chamber 2019WWE・スマックダウンタッグ王者チームザ・ミズ & シェイン・マクマホンに挑戦。ミズとのフォールの取り合いになりミズからスカル・クラッシング・フィナーレを喰らうも切り返してフォールを奪い勝利。王座を戴冠した[1]

その他[編集]

  • プロレス界を代表するレスリング・ファミリーであるアノアイ・ファミリーの一員。
  • FCWでは短期間ながらドニー・マーロウが加わり、サモアン・ソルジャーズThe Samoan Soldiers)というユニットを結成していた。
  • 2014年、ディーヴァのナオミと結婚。

得意技[編集]

サモアン・スプラッシュ
サモアン・ドロップ
スーパーキック
ランニングヒッププレス
コーナーにもたれた相手に対し、対角線上に走り自分の尻で相手を押しつぶすように圧殺する技。
ダイビング・ボディ・プレス
現在のフィニッシャー。
ダブル・スーパーキック
二人同時に一人の相手に使用し、フィニッシャーとする場合もある。
サモアン・ドロップ

獲得タイトル[編集]

FCW
w / ジェイ・ウーソ
WWE
w / ジェイ・ウーソ
w / ジェイ・ウーソ

入場曲[編集]

  • Down With That (Remix) - 現在使用中
  • Down With That
  • So Close Now
  • Never Make It Without You
  • Aiga
  • Get Up

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Live WWE Elimination Chamber results and analysis”. ESPN. 2018年2月18日閲覧。

外部リンク[編集]