ウォー・マシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バイキング・レイダース
The Viking Raiders
 
タッグチーム
メンバー エリック
アイバー
名称 ウォー・マシン
ウォー・レイダース
バイキング・エクスペリエンス
バイキング・レイダース
合計体重 551 lb (250 kg)
デビュー 2014年2月22日 (2014-02-22)
団体

ウォー・マシン英語: War Machine)は、ロウハンソンによるプロレスラータッグチーム

来歴[編集]

2014年1月、ROHが主催するトップ・プロスペクト・トーナメントにレイモンド・ロウハンソンが出場。トーナメントを勝ち上がり決勝へ進出した二人は25日、Wrestling’s Finestにて対戦し、ハンソンがバックスピン・キックを決めて勝利。この対戦を経てタッグチームウォー・マシンWar Machine)を結成。2月22日にチーム・ベンチマーク(ビリー・デイリー & ウィル・フェラーラ)を相手にタッグデビュー戦を行い快勝を収めた。

4月11日、ロウとハンソンはROHと契約を結び、同団体の所属選手としてタッグ戦線で本格的に活動を開始する[1]

2015年8月22日、Field Of Honor 2015にてK.E.S.ランス・アーチャー & デイビーボーイ・スミス・ジュニア)と対戦。この試合に勝利を収め、試合後にK.E.S.が保持するGHCタッグ王座に挑戦することをアピール[2][3]。9月19日、プロレスリング・ノアが主催するGREAT VOYAGE 2015 in OSAKAにてGHCタッグ王座を保持するK.E.S.と対戦したが、敗北を喫して王座奪取とはならなかった[4]

12月18日、Final Battleにて、ROH世界タッグ王座を保持するキングダム(マット・ターバン & マイケル・ベネット)と対戦。勝利を収めて同王座初戴冠を果たした[5]

2016年11月、新日本プロレスが主催するタッグリーグ戦、WORLD TAG LEAGUEに出場[6]。4勝3敗という結果でリーグ戦を終えた。

2017年4月9日、SAKURA GENESIS 2017にて、IWGPタッグ王座を保持するテンコジ天山広吉 & 小島聡)と対戦。フォールアウトで小島からピンフォール勝ちを収めて同王座を戴冠した。

2018年1月、ロウ・ハンソンともにWWEと契約を交わし入団。

2018年4月、NXTでウォー・レイダース(War Raiders)に改名[7]

2019年1月26日、NXT TakeOver: PhoenixでNXTタッグ王者チームのジ・アンディスピューテッド・エラ(カイル・オライリー & ロデリック・ストロング)に挑戦。終盤にハンソンが孤立して集中攻撃を受けるも危機を脱出。そしてフォールアウトを決めて勝利。王座を戴冠した[8]

2019年4月15日、WWE・RAWでロウはエリックErik)、ハンソンはアイバーIvar)へとリングネームを変更。そしてタッグネームをバイキング・エクスペリエンス (The Viking Experience)に改めてデビューした[9]。同月22日、タッグネームをバイキング・レイダース (The Viking Raiders)に改名[10]

合体技[編集]

フォールアウト
フォールアウト
フィニッシュ・ホールド。相手をロウがバックドロップの要領で抱え上げ、ハンソンがコーナーポスト最上段から抱え上げられた相手の喉元目掛けてギロチン・ドロップを放っていく。WWEでは、バイキング・エクスペリエンスの名称で使用している。
ダブル・チョークスラム
ウォー・マシン・コンボ・スラム
ロウがロープから返ってきた相手の懐に潜り込み、上半身を抱えて上空へと放り投げ、ハンソンが落下してくる相手を肩口で受け止めて前のめりに倒れ込み、相手を背中からマットに叩きつける。

獲得タイトル[編集]

IWGPタッグ王座を手にするウォー・マシン
NXT
VIPレスリング
  • VIPタッグ王座 : 1回
新日本プロレス
ブリュー・シティ・レスリング
  • BCWタッグ王座 : 1回
リング・オブ・オナー

入場テーマ曲[編集]

  • War / CFO$ - 現在使用中
  • Prepare For War / David Grimason
  • Blood and Tears / Eric Baumont & Jean-Michel Bacou

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]