バックドロップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バックドロップは、レスリングプロレスで用いられる投げ技の一種である。日本名は岩石落とし(がんせきおとし)。アメリカ合衆国ではベリー・トゥー・バック・スープレックスとも呼ばれる。

概要[編集]

一般的にはアメリカ人レスラーで「鉄人」の異名を持つルー・テーズによって開発されたとされている。しかし、実際には大正時代にエド・サンテルが柔道の裏投げを弟子のティヤシュ・ラヨシュに伝えて彼が改良を加えて完成させた。このラヨシュは英語ではアロイジャス・マーティン・ルー・セスと名乗っており、これが日本で誤読されてテーズとなったとする説が有力。また、日本でテーズがバックドロップを必殺技にしてリング上で活躍したため、「ルー・テーズ=バックドロップ」のイメージが定着したのも誤解の原因であるといえる。ただ、バックドロップをメジャーなプロレス技として世間に広めたのは紛れも無くテーズである。

だが、これ以前からレスリングではブリッジを活かしたバック投げ(バック・スープレックス)が一般化しており、こちらがルーツであると言う見解も有力である。

古くからの日本人レスラー(現在では天龍源一郎ら)やオールドファンはバックドロップ自体のことを「ルー・テーズ」と呼ぶ。

形態[編集]

背後から相手の腋下に頭を入れて両腕で相手の胴に腕を回してクラッチして持ち上げて自ら後方に反り返るように倒れ込んで相手の肩から後頭部にダメージを与える。

技が開発された当初は開祖として有名なルー・テーズ他、主にレスリング出身選手が好んで使用していたが技としての手軽さと威力の高さに注目した各レスラーが使用し始めて現代では非常に多くの使い手が存在するが、その分受身も改良されてしまい、説得力のあるフィニッシュ・ホールドとして使用している者は限られている。

日本人レスラーの使い手としてはテーズから伝授されたジャンボ鶴田が有名。

現代においてバックドロップを明確にフィニッシュ・ホールドとして用いているのは百田光雄渕正信後藤達俊小川良成大矢剛功永田裕志HANZOバッファロー渡辺宏志相島勇人富豪富豪夢路森嶋猛下田大作三島来夢山本尚史スカルリーパーA-ji諏訪魔マスクドミステリー炎!修市松本浩代間下隼人那須晃太郎ジェイク・リー神谷英慶兼平大介吉田綾斗である。小川、永田、HANZO、富豪富豪、三島、諏訪魔、修市はバックドロップ・ホールドも得意技としており、フィニッシュ・ホールドには、こちらの方がよく使われている。

技の使い手とエピソード[編集]

ルー・テーズによって日本にもたらされたバックドロップは日本プロレスの開祖の力道山を含む日本の強豪レスラー達を次々に沈めた技として強い衝撃を人々にもたらした。やがて、力道山も用いるようになり、晩年は空手チョップに次ぐ、フィニッシュ・ホールドとして多用していた。

アントニオ猪木も現役時代に延髄斬りを開発する前はコブラツイスト卍固めと共にフィニッシュ・ホールドに用いていた。ウィレム・ルスカとの異種格闘技戦において放ったバックドロップ3連発のシーンは長く、ワールドプロレスリング中継のオープニングを飾る1シーンとして使用されていた。一方、そのライバルであったジャイアント馬場は己の長身で、この技を繰り出すことが非常に危険であることを自ら察知して自らの肩越しに相手をスライドさせるようなドリー・ファンク・ジュニアの抱え式バックドロップを使っていた。

ジャンボ鶴田はコーチとして来日したテーズに直接教えを受けたことでバックドロップを必殺技として蘇らせた。

後藤達俊の出したバックドロップを喰らった対戦相手の馳浩が試合後に一時、心臓停止したことがある。

死亡例としては2009年6月13日にプロレスリング・ノア広島県立総合体育館グリーンアリーナ大会で三沢光晴齋藤彰俊のバックドロップを受けて、まもなく亡くなっている。

切り返し方[編集]

  • 投げられる寸前、相手に足をかけて自由を奪い、そのまま後ろにたたきつける。力道山ルー・テーズのバックドロップへの対処法として相撲の河津掛けを応用して編み出した。また、独立した技としても使われて、そのまま自分諸共相手を倒した場合は河津落としと呼ばれる。ジャイアント馬場が得意技としていた。
  • ヘッドロックで相手を押しつぶして相手のクラッチを切る。
  • 投げられた瞬間に空中で体を捻り覆い被さるように押しつぶす。
  • 投げられた瞬間に後方に一回転してマットに足から着地する。
  • ロープに近い場合はトップロープに脚をかけてわざと勢いをつけて相手の後頭部を叩きつけることもある。

バリエーション[編集]

この技は色々と加味されていてバリエーションが多いのが特徴である。少しでも体勢が違えば別の技とされるプロレス界においては珍しく、多くはバックドロップとしへて扱われている。

ヘソ投げ式バックドロップ
テーズ式バックドロップ元祖バックドロップとも呼ばれる。
ルー・テーズが試合で多用した最もスタンダードなバックドロップであり、投げる際に真後ろにブリッジを組むかのごとく反り返るために「ヘソで投げる」と形容される。なおテーズは、真後ろに投げるのではなく、自分の体を捻って受け身を取りづらくする(後述の捻り式バックドロップ)ことで、相手の肩を脱臼させる危険な投げ方を2回程行ったことがある、と後年になって告白している。主な使用者はテーズから直伝されたジャンボ鶴田のほかに永田裕志諏訪魔森嶋猛大矢剛功
抱え式バックドロップ
後方から相手の胴をクラッチせず、股をすくい上げるようにして落とすため、ブリッジはきかせない。晩年の力道山が決め技としており、ジャイアント馬場坂口征二の長身選手が好んで使用している。小橋建太はすくい上げた体勢から数秒間停止してタメをつくって落とす。抱え式抱え込み式足抱え式足抱え込み式片足抱え式片足抱え込み式担ぎ上げ式担ぎ式すくい上げ式など呼び名は多い。
ニークラッシュ・バックドロップ
抱え式のさらなる変型。相手をニークラッシャーの形で持ち上げた後、そのまま後方に投げる。ハーリー・レイステッド・デビアスリック・フレアーなどが一時期使い、日本では佐藤昭雄が使い手だったが、天龍源一郎ユナイテッド・ナショナル・ヘビー級選手権試合の初防衛戦においての対テッド・デビアス戦で後方に投げた後、ブリッジしてフォールを奪った。
捻り式バックドロップ
主な使用者はマサ斎藤長州力で、相手を真後ろではなく横抱き気味に胴クラッチして腰の瞬発力で相手を高く持ち上げると同時に捻りながら落とす。小柄な選手が大柄な選手に対して用いることが多い。ブリッジを利かせないため、開祖のテーズはバックドロップとして評価していないが、相手は真後ろではなく横方向になった状態で落とされるために受身が取りづらく、受けるダメージも大きい。80年代当時、マサ斎藤が定着していたAWA圏では、この技はバックドロップとは別の技と定義されており、サイトー・スープレックスと呼称されてWWEでも技が出た場合はジム・ロスウィリアム・リーガルらが実況で発言することがある。斎藤彰俊三沢光晴に放った形もこのタイプ。
跳躍式バックドロップ
主な使用者は小川良成武藤敬司で、通常型で持ち上げると同時に、軽く後方へ跳ねながら相手をマットへ投げ落とす。小柄な選手や力に自信がない選手がそれを補うために使用するケースもある。しかし、地面を踏みしめる反発力が逃げてしまって相手に伝えられないという欠点もある。
低空バックドロップ
高速バックドロップとも呼ばれる。投げる時の円の半径を小さくしたバックドロップ。基本的には通常型と同じような投げ方だが、テーズのようにヘソで投げる形となる場合が多い。足腰のバネを使い、ブリッジを利かせ後方に引っ張り込むようにハイスピードで投げるため相手は受身が取りづらい。テーズが現役時代の頃に日頃の試合でフィニッシュ・ホールドとして使用していたタイプのバックドロップとは、この低空式である。鶴田もテーズから直接指導を受けた当初使用していたのは、こちらの低空式タイプだった。
現在はテーズから直接伝授された蝶野正洋が好んで使用している。渕正信のバックドロップもこの形に近い。UWF系の選手にも使い手が多い。
デンジャラス・バックドロップ
殺人バックドロップ垂直落下式バックドロップとも呼ばれる。スティーブ・ウィリアムスの必殺技。自らの肩口に相手の腰を乗せる形で力任せに引っこ抜くように投げる。ウィリアムスのブリッジワークがあまりきかないことから結果的に相手はパイルドライバーのように頭頂部から垂直に落下するため受けるダメージは相当高く、試合のフィニッシュ・ホールドになる場合が多い。このため垂直落下式と呼ばれることがある。投げるときは両腕で相手の腰をクラッチするのが基本形だが足抱え式と同じクラッチとなる場合もある。
また、投げた後に、そのままホールドして固めるデンジャラス・バックドロップ・ホールドも存在する。
自らも、この技を受けた川田利明が、その威力に触発されてこのスタイルに近いバックドロップを繰り出すようになった。1993年8月31日に小橋健太と対戦したウィリアムスが繰り出したバックドロップが、まさにパイルドライバーで打ち付けるかのごとく90度で小橋を首から叩き付けたため、この時、実況を担当した佐藤啓が即興で「バックドロップ・ドライバー」と叫んだことがある。
「殺人バックドロップ」という異名はウィリアムスのニックネームが「殺人医師」であることに由来する。また、デンジャラス・バックドロップという呼び名はニックネームが「デンジャラスK」の異名を持つ川田に因んでいるのではなく、実際には川田よりも早くウィリアムスが使用していた時期に呼ばれており、当時の全日本プロレス中継で実況を担当していた福澤朗アナウンサーがあまりに危険な角度で落とすバックドロップという意味で命名したものである[1]
現在はリアルジャパンプロレス間下隼人がブリッジの利いたリアル・デンジャラス・バックドロップの名称で使用。
急角度バックドロップ
垂直落下式バックドロップとも呼ばれる。後藤達俊の必殺技。後藤曰く、長州式とテーズ式の長所を取り入れたもの。自身の重量挙げの経験を生かして相手を高く持ち上げて、ブリッジを利かせて鋭角な角度で垂直にリングに突き刺す。クラッチの位置が通常よりも高く相手の横隔膜あたりを抱え込むために、相手は体を丸めて衝撃を逃がすことが出来ず、これを食らった馳浩が一時的に心停止にまで追い込まれたほど(実際は、馳が切り返して自身の体を浴びせようとした際に後藤のクラッチが離れていなかったため馳の体が回転しきれず側頭部からマットに叩きつけられた。その衝撃で脳内出血して控室でシャワーを浴びた際に血の巡りが多くなり脳内への出血量が増えて心停止を引き起こしたもの)。この事件があってから後藤はクラッチを通常のバックドロップと同じ位置にしている。この事件の影響からゲームなどでは地獄バックドロップ三途バックドロップ殺人バックドロップと表現されている。現在は後藤の他に、後藤から直々に教えを受けた山本尚史が、このスタイルのバックドロップを使用。
急降下式バックドロップ
抱え式で担ぎ上げた後に自らの体ごとマットにスピーディーに倒して、それによって相手をマットに叩き付ける。後方へ投げるというよりも、足元へスッと落とすといったイメージである。担ぎ上げる動作に比べて、落とすスピードが速いのでこう呼ばれる。百田光雄が使い手。
叩き付け式バックドロップ
ベイダーが使用する抱え式で高々と担ぎ上げた後、後方に倒れ込みながら自らの体を180度捻り、片足をクラッチしたままパワーボムのように体重を乗せながら叩き付ける技。バックドロップというよりも浴びせ技の一種といえるかもしれない。
旋回式バックドロップ
三沢光晴が使う、足抱え式で相手を自らの肩に持ち上げ、最高点で自らコマのように旋回してから落とすバックドロップ。見栄えのある繋ぎ技として使用することが多い。
大剛式バックドロップ
天山広吉が使う相手の片足をクラッチして急角度に落としていくバックドロップ。アナコンダ・スープレックスとも呼ばれる。小股すくいスープレックスと類似。大剛とは、天山がカルガリー修業時代に教えを受けた大剛鉄之助に由来する。
天龍源一郎はこのタイプのバックドロップ・ホールドを使う。
肩車式バックドロップ
相手を肩車した体勢で、そのまま後ろに落とす。合体技の原型として用いられることがある。有名なところでは川田利明田上明バックドロップ+喉輪落とし長尾浩志バボムの名称で使用。また、ダイナマイト・キッドが一時期、ザ・コブラとのシングルやタッグでの対戦で雪崩式の形で多用していた。
雪崩式バックドロップ
主な使用者は小川良成鶴見五郎ワイルド・ペガサスが使用している。バックドロップの体勢で抱え上げた相手をコーナーポストに座らせて、自らはトップロープもしくはセカンドロープに登って放つ。使う選手によって通常型か抱え式かの違いがある。
鶴見の場合は国際プロレス崩壊→全日本プロレス参戦時、阿修羅・原と抗争していたため、彼がよくこの技を食らった。しかし、シングルマッチがほとんど組まれず、タッグ戦がほとんどだったことから、フォールはカットされて決め技にはならなかった。
小川は最大のフィニッシュ・ホールドである抱え式バックドロップ・ホールドで3カウントが取れなかった場合は、この雪崩式バックドロップで3カウント取りにいったりする。

派生技[編集]

テラマエ485
が使う変形バックドロップ。相手の股の下でクラッチをして投げる急角度バックドロップ。
アクシズ
通常のバックドロップの体勢で相手を一気に持ち上げて、その勢いで空中で相手を270度回転させて相手の前面から叩き落す。鈴木鼓太郎の通称「ガンダム殺法」の1つ。

バックドロップ・ホールド[編集]

概要[編集]

岩石落とし固めとも呼ばれる。相手にバックドロップを見舞った後、ブリッジを崩さずに維持しつつクラッチを解かずに相手を肩口から叩きつけてピンフォールを狙う技。

日本では古くは、1976年に来日したダン・ミラーが公開。この時は原爆固めと紹介された。1984年2月23日、時のAWA世界ヘビー級王者ニック・ボックウィンクルに挑戦した鶴田がフィニッシュ・ホールドとして出した。形としてはヘソ投げ式で繰り出した。鶴田は、この技で最初の日本人AWA世界ヘビー級王者となっている。

なお、ブリッジが崩れた場合は、そのまま倒れこみ式バックドロップ・ホールド(後述)に切り替えてフォールを狙う場合がある。

このタイプの代表的な使い手は鶴田の他にはボブ・オートン・ジュニア永田裕志諏訪魔がいる。

バリエーション[編集]

デンジャラス・バックドロップ・ホールド
殺人バックドロップ・ホールド垂直落下式バックドロップ・ホールドともいう。主に全盛期のスティーブ・ウィリアムスがフィニッシュで使っていた。デンジャラスバックドロップで投げた後、強引に相手を肩口から叩きつける。力任せに投げる勢いでホールドの形が崩れてしまうことが度々あり、両腕で腰をクラッチして投げたが固める時は足抱え式だったり、ブリッジが崩れて固めるときは片エビ固めに強引に固めることもあった。
抱え式バックドロップ・ホールド
小川良成のフィニッシュ・ホールド。抱え式バックドロップで投げた後に体のブリッジを維持しつつ片足と胴を腕でクラッチしたまま相手を肩口から叩きつける。
ダイナマイト・キッドは高角度で、この形のバックドロップ・ホールドを放った。キッドは小川に、この技を直伝している。
抱え式抱え込み式足抱え式足抱え込み式片足抱え式片足抱え込み式担ぎ上げ式担ぎ式すくい上げ式など呼び名は多い。
倒れ込み式バックドロップ・ホールド
主な使用者はジャンボ鶴田永田裕志スティーブ・ウィリアムスが使用している。投げた時の勢いでブリッジが崩れたが、そのまま倒れ込んで強引に相手の体をクラッチしたまま体をブリッジさせて後方に反り投げた相手を肩口から叩きつける。使用される頻度は比較的少ない。ジャンボ鶴田が三冠ヘビー級選手権防衛戦で川田利明をこのタイプのバックドロップ・ホールドで倒して脚光を浴びた。
自らの体を半分捻る様な形でホールドする場合もあり、永田裕志が得意技としている。元は永田は通常のバックドロップ・ホールドを得意としていたが、2007年5月2日のIWGPヘビー級選手権試合の防衛戦においての対越中詩郎戦に繰り出した頃から、このタイプを常用するようになった。また、三沢光晴も、この技で村上和成からフォールを奪ったこともある。

派生技[編集]

レッグロック・スープレックス・ホールド
ブライアン・ダニエルソンが使う変型バックドロップ・ホールド。頭を背後から相手の右脇に入れたバックドロップの体勢から自らの右腕で相手右足の膝裏を抱えて左腕は相手の左肩上から回して相手を屈伸させるように両腕をクラッチして体をブリッジさせて後方に反り投げた相手を肩口から叩きつける。WWEウィリアム・リーガルに直接伝授された。名前はスープレックスとなっているが形はバックドロップの派生。リコシェキャプチャー・スープレックス・ホールド青木篤志アサルト・ポイントフジタ"Jr"ハヤト投げっ放し式(レッグロック・スープレックス)による技をボンボクラーの名称で使用。
ヴィクトリア・ミラネーゼ
ミラノコレクションA.T.が使う変型バックドロップ・ホールド。背後から自分の頭を相手の右脇に入れたバックドロップの体勢から自らの左腕で相手左足の膝裏を掬うように抱えて右腕は相手右脇腹を抱えるように自分の左腕とクラッチして体をブリッジさせて後方に反り投げた相手を肩口から叩きつける。元はバックドロップ・クラッチ・ホールドと呼ばれていた。
スカイカナール・ホールド
Coogaが使う変形バックドロップ・ホールド。相手の背後に自分の体を回り込ませて背中の方から相手の右脇に頭を潜り込ませて相手の背中を左腕で抱え込み、相手の股の間に腿の裏の方から差し込んだ右手で正面にある相手の左腕を掴んで右腕で相手の右腿を下から掬い上げながら体をブリッジさせて後方に反り投げた相手を肩口から叩きつける。
アストロマン・ドロップ・ホールド
渡辺智子が使うクロスアーム・バックドロップ・ホールド。自分の体を相手の背後に回り込ませて腰に回した右手で正面にある相手の右腕を相手の左腿を外側から抱え込んだ左手で正面にある相手の右腕を掴み、掴んだ両腕を相手の、へそのあたりで交差させて両腕を極めたまま体をブリッジさせて後方に反り投げた相手を肩口から叩きつける。
ダニ☆エ〜ル
三島来夢が使うリストクラッチ・バックドロップ・ホールド。相手の背後に自分の体を回り込ませて相手の左脇に背中の方から頭を潜り込ませて右手で掴んだ相手の右腕を相手の右腿の外側あたりに持っていき、正面に回した左手で相手の右腿を内側から抱え込んで左手で相手の右手首も掴んでロックしたあと自由になった右手で相手の腰を抱え直して後方に反り投げた相手を肩口から叩きつける。
村正
丸藤正道が使う抱え式バックドロップのあと即座にジャックナイフでフォールを奪う技。

類似技[編集]

ジャーマン・スープレックス
レスリングのグレコローマンスタイル発祥のバックドロップに対してフリースタイルの後ろ反り投げを起源にした投げ技がジャーマン・スープレックスである。
裏投げ
柔道における真捨身技に分類される投げ技の1つ。相手の右斜め後方から自分の左腕で相手の腰を抱えて右腕を相手の右脇から左首筋にたすき掛け状に通して抱える。その体勢のまま自らの腰と膝のバネで相手を跳ね上げて後方に捻りながら引っ掛けた右腕で相手をコントロールして後頭部から投げ捨てる。1989年4月29日、新日本プロレスがプロレス界初の東京ドーム大会でアントニオ猪木と対戦したショータ・チョチョシビリが、この技の連発で猪木を破り、異種格闘技戦初の敗北を付けた。その後、この技の威力に目を付けた馳浩サンボ修行を行った際にこの技を身につけて、以降は自らの必殺技として取り入れた。

脚注[編集]

  1. ^ 『スポーツ・スピリット21 No.2 プロレス必殺技ベスト・コレクション』 ベースボール・マガジン社

関連項目[編集]