佐藤啓 (アナウンサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さとう はじめ
佐藤 啓
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
生年月日 (1962-07-20) 1962年7月20日(56歳)
血液型 O型
最終学歴 南山大学卒業
勤務局 中京テレビ放送
部署 編成局アナウンス部
職歴 編成局アナウンス部部長
活動期間 1990年5月 -
ジャンル スポーツ番組情報番組
公式サイト 佐藤啓の「ご歓談ください」
出演番組・活動
現在次の瞬間、熱くなれ。THE BASEBALL
キャッチ!
過去ズームイン!!朝!
SPORTS STADIUM
ズームイン!!SUPER

佐藤 啓(さとう はじめ、1962年7月20日 - )は、中京テレビ放送アナウンサー愛知県名古屋市出身。南山大学卒業。血液型O型スキンヘッドが特徴。

来歴[編集]

南山大学在学時、中京テレビ土曜夕方のローカル番組『5時SATマガジン』にどんな出来事や状況も実況するリポーターとして出演していた[1]

大学卒業後は損害保険会社で働いていたが[2]、中学時代から抱き続けていた実況アナウンサーになる夢を諦めきれず、1990年5月に中京テレビに中途採用で入社した。同期に同局アナウンサーの恩田千佐子と元同局アナウンサーの石田史枝がいるが[3]、どちらも新卒入社であるため、異業種からの転職者である佐藤とはかなりの年齢差がある。

中京テレビへの入社以来、プロレス中継では実況を、プロ野球中継では中日ドラゴンズサイドのリポーターを主に務めていた。愛知県下で行われる全日本プロレスプロレスリング・ノアボクシングなどの試合ではもちろんのこと、他の地方で行われる試合においても日本テレビ系列局各局から声が掛かるため、出張という形で実況やリポートに携わることがある。近年では2014年2月22日のプロレスリング・ノアディファ有明大会(日テレG+にて2月28日放送)において、2月22日にFUJI XEROX SUPER CUP、2月23日に東京マラソン、両日に読売ジャイアンツのオープン戦と日テレ系のスポーツ中継が立て込んだため、実況アナウンサーとして参加している。

スポーツ中継のほか、入社翌年4月から[4]2001年9月まで日本テレビ系全国ネット番組『ズームイン!!朝!』で東海地区キャスターを務めていた。同番組の「プロ野球いれコミ情報」のコーナー出演時には苗字になぞらえた背番号「310」が入った衣装を着用し、また、途中から頭髪を全て剃り上げた状態で出演するようになった。同番組の終了後も『ズームイン!!SUPER』で引き続きキャスターを務めたが、この番組においては「佐藤啓の日本不思議紀行」という冠コーナーを与えられていた。過去に3度放送された同番組の絶叫コースター特番では、日本担当のリポーターとして出演していた。

2010年6月22日付でアナウンス部の部長に就任し[5]、2015年6月23日付で退任。その後は現場業務中心の専門職を務めている[6]

福岡ソフトバンクホークス監督の工藤公康名古屋市立久方中学校の1年後輩にあたる。

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

学生時代[編集]

中京テレビ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤啓 (2016年11月14日). “昭和区高峯町の社屋とお別れ”. 佐藤啓の「ご歓談ください」. 中京テレビ. 2016年11月21日閲覧。
  2. ^ 佐藤 啓”. アナウンスルーム. 中京テレビ. 2002年2月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年8月14日閲覧。
  3. ^ 佐藤啓 (2014年10月25日). “再会を喜ぶ①”. 佐藤啓の「ご歓談ください」. 中京テレビ. 2016年11月21日閲覧。
  4. ^ 佐藤啓 (2011年3月13日). “さよなら、ズームイン!!その13”. 佐藤啓の部長短信(現・佐藤啓の「ご歓談ください」). 中京テレビ. 2013年4月11日閲覧。
  5. ^ 佐藤和輝 (2010年6月23日). “暑さの回避策”. 佐藤和輝のカズ打ちゃ当てる. 中京テレビ. 2010年8月14日閲覧。
  6. ^ 佐藤啓 (2015年6月26日). “「ご歓談ください」にタイトル変更のワケ”. 佐藤啓の「ご歓談ください」. 中京テレビ. 2015年6月26日閲覧。
  7. ^ ただし、中京テレビ入社は神が4年先輩にあたる(1986年入社)。
  8. ^ 2007年9月24日・10月15日放送分では中京テレビのスタジオからの中継参加で、同年10月1日・10月8日放送分では読売テレビのスタジオに訪れていた。佐藤は出演回のほとんどで川又米利と同伴して登場し、川又の突っ込み役を務める一方で、総合司会の宮根誠司からいじられていた。

外部リンク[編集]