コブラツイスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビッグ・ショーによるコブラツイスト。

コブラツイストCobra Twist)は、プロレス技の一種である。日本名はアバラ折り(アバラおり)。アメリカ合衆国ではアブドミナルストレッチAbdominal Stretch)、グレイプヴァインGrapevine)と呼ばれる。相手の身体に自分の手足をブドウツタのように捲きつかせるためといわれる。

概要[編集]

背後から相手の左足に自分の左足をからめるようにフックさせ、相手の右腕の下を経由して自分の左腕を首の後ろに巻きつけて背筋を伸ばすように伸び上がる。可能な場合は、両手をクラッチするとさらに威力が増す。創始者はベネズエラプロレスラーのサイクロン・アナヤである。アナヤは、この技をアナヤズストレッチと称していた。ルー・テーズからギブアップを奪った実績を持つ。屈指の使い手であるディック・ハットンが創始者という説もあるが、彼が活動したのはアナヤよりも後である。

背中、脇腹、腰、肩、首筋を痛めつける技で、がっちりと決まると呼吸さえ苦しくなる。かつてはアントニオ猪木が必殺技として使っており、藤波辰爾西村修が継承して使用している。一時期は猪木のフィニッシュ・ホールドであり「アントニオ猪木といえばコブラツイスト」ともされていたが、この技を多くのプロレスラーが使い出したため(特にライバルのジャイアント馬場が使い出したことが大きな理由であるといわれる)、その進化系である卍固めを使い始めたという。昭和期の使用者としては他にグレート草津がいるが、日本においては吉原功が必殺技としていち早く使い始めている。

主な使用者[編集]

派生技[編集]

グラウンド・コブラツイスト
日本名は寝技式アバラ折り。コブラツイストの原型はこちらの方で、もともとはレスリングの技であった。両者がマット上に寝ている状態でコブラツイストをかける。通常のコブラツイストから、そのまま寝転んでかける場合も多い。バナナストレッチと呼ばれることもある。
近代最高の使い手であるアントニオ猪木も、引退直前に「実際は寝て極めるもの」と明かして、また実際に引退試合ではこの技をフィニッシュ・ホールドとして使用している。また、「グラウンドならば総合格闘技でも有用な技」だということを鈴木みのるパンクラスでのスパーリングでロッキングチェア・ホールドからグラウンド・コブラツイストに移行してタップをとった)や桜庭和志がインタビューで話している。
なお、ブラジリアン柔術グラップリングにおいてはツイスターの名称で通っている。この技の著名な使い手として柔術家のエディ・ブラボーがいる。
グラウンド・コブラツイスト・ホールド
日本名は寝技式アバラ折り固め。上記と同じ形であるが、締め上げるのではなく、相手の両肩をマットに付けてピンフォールを奪う技である。主に走ってくる相手へのカウンターとして使用されることも多い。単にグラウンド・コブラツイストと呼ばれることも多いため、上記技と混同されやすい。
リストクラッチ・コブラツイスト
日本名は腕極め式アバラ折り。相手の片腕を相手の股間を通して、自分の手でその手首を掴む。その状態でコブラツイストを極める。このときロックしている相手の腕側が下となる。腕を極めているので、相手の下半身を足で固定しない。
この状態のままで担ぎ上げてから投げる派生技が多くあり、小橋建太が考案して、そこから相手を放して自分の両足を前方開脚しながらジャンプしてパワーボムのように落とすストレッチボムを筆頭に、その投げ捨て式であるストレッチバスター、後方へ投げ捨てるストレッチスラムブライアン・クラーク考案のオクラホマ・スタンピード風に体重を浴びせながら前方に倒れこみ相手を背面から叩き落とすメルトダウンなどが存在する。
拷問コブラツイスト
コブラツイストを極めつつ手で相手の頭部を押し下げダメージを増加させる技。全日本プロレスで波及した技でジャンボ鶴田田上明渕正信などが使用して菊地毅などのジュニアヘビー級選手をいたぶっていた。
卍固め
前述の通り、コブラツイストが一般的に普及して他のレスラーが使用し始めたことに起因し、アントニオ猪木がコブラツイストを元に考案。なお、海外では猪木考案以前に古くからオクトパス・ホールドとして存在していたとも言われる。
ストレッチプラム
川田利明のオリジナル技。下半身はコブラツイストの形で腰から下を極めつつ、ドラゴン・スリーパーのような形で顔面を片腋に、もう片腋には相手の片腕を抱え込んで締め上げる技。より威力を高めるために、体を左右の方向へ捻り上げることも多い。相手が尻餅をついた状態で仕掛けることもある。かつてタッグチーム「フットルース」として川田とタッグを組んだ経験のある冬木弘道冬木スペシャルという同型の技を使用したが、本人曰く「小指の角度が違う」とのこと。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]