エディ・ブラボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エディ・ブラボー
EddieBravoRubber.jpg
基本情報
本名 エディ・ブラボー
(Eddie Bravo)
通称 ザ・ツイスター (The Twister)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1970-05-15) 1970年5月15日(47歳)
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス
所属 10thプラネット柔術
身長 172cm
体重 70kg
バックボーン ブラジリアン柔術
テンプレートを表示

エディ・ブラボーEddie Bravo1970年5月15日 - )は、アメリカ合衆国男性柔術家カリフォルニア州ロサンゼルス出身。10thプラネット柔術アカデミー主宰。ブラジリアン柔術三段。

ジャン・ジャック・マチャドの弟子であり、柔軟な体を生かしたラバー・ガードの発明や、ツイスター(グラウンドコブラツイスト)の各種連絡技の考案等、グラップリング総合格闘技における寝技技術の改革者として知られる。また、ロックミュージシャンとしてや大麻合法化運動家としても知られる。

来歴[編集]

「ロック・ミュージシャンとなるのに、太っていたら格好悪いから」という軽い動機でマチャド道場に入門するものの、じきに才能が開花し、西海岸の柔術、グラップリング大会で旋風を起こす。そして2003年5月のアブダビコンバットで、ホイラー・グレイシーから三角絞めで一本勝ちの快挙を成し遂げ、一挙にその名を世界に広めた(66kg未満級でベスト4)。この活躍が認められて黒帯に昇格し、現在は独立してハリウッドにて10thプラネット柔術アカデミーを主宰している。

柔術家でありながら、今では道着(ギ)を着用する従来のブラジリアン柔術競技にほとんど興味を示さず、総合格闘技において寝技で勝つには、ギを着用しないグラップリングの練習を重ねることが必要だと主張している。そのため彼の道場の練習は、すべてギを着用せずに行われる。「ブラジリアン柔術家が総合格闘技で勝てないのは、すべてギを着用するという悪習のせいだ」「総合格闘技で勝ちたいのなら、今すぐギを焼き捨てるがいい」といった過激な発言をしている。ギ着用の重要さを説く師匠のジャン・ジャック・マチャドと、ゴング格闘技誌上で論争を繰り広げたこともある。

格闘技に限らず多彩な才能を誇り、各種の格闘技大会中継における実況やインタビュアーも務めている。コメディテレビ番組のシナリオライターを務めたこともある。ちなみにオリジナルDVD「The Twister」には、PRIDEにおける高田延彦の試合を八百長と揶揄する本人主演のコメディが収録されている。

戦績[編集]

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ホイラー・グレイシー 20分終了 ドロー Metamoris 3 2014年3月29日

弟子[編集]

出演[編集]

  • ネバー・バックダウン2(2010年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]