矢郷良明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
矢郷 良明
矢郷 良明の画像
プロフィール
リングネーム 矢郷 良明
本名 矢郷 良明
ニックネーム 矢郷先生
ユニットクラッシャー
北陸の虎
身長 187cm
体重 100kg
誕生日 (1967-07-22) 1967年7月22日(49歳)
出身地 日本の旗 日本富山県射水市[1]
所属 矢郷道場
スポーツ歴 レスリング
ボクシング
空手
柔道
剣道
テンプレートを表示

矢郷 良明(やごう よしあき、1967年7月22日 - )は、富山県プロレスラー。格闘技においてはフィットネスジム「タイガーピットジム」の経営者、武道空手矢郷道場主宰、VKFゼネラルマネージャー、花鳥風月無我伝承所属レスラーなどの顔を持ち、アーティストとしてギタリスト、ラジオDJなども行う。身長187cm、体重100kg。血液型AB型。本名は同じ。

経歴[編集]

  • デビュー日は長らく不明とされ(2009年の週刊プロレス取材で「2003年4月15日、WWS高岡テクノドームでの島田宏&桜井智亮戦、パートナーは栗徳行」がデビュー戦だとわかった[2])、2004年に千葉県プロレス団体KAIENTAI DOJOでマスクマン「クワトロバジーナ」[3]として登場。のちに素顔になり定期参戦。
  • 2006年5月にフィラデルフィアチカラプロにてアメリカデビュー。MIYAWAKIと共にトーナメント戦を戦い、そのハードなファイトスタイルは初登場でアメリカの観客の絶大な支持を得て、旧ECWアリーナにも出場し、いきなり現地のハードコアレスリングのカリスマ、ネクロ・ブッチャーにドラゴン・スープレックスで勝利するという快挙を成し遂げる。その後も現地でタイトルに挑戦するなどした。
  • 帰国後、DDTプロレスリングに参戦、ユニットクラッシャーなど数々の伝説を残す。ヤゴウ・アズナブルは奇跡的作品といわれている。
  • KAIENTAI DOJO、VKFなどを主戦場にし、地元富山では全日本プロレスDRAGON GATEに参戦していた。
  • SMASHに参戦。11月SMASHのJCBホールに参戦。小路晃を相手に凝ったストーリーを展開しそのプロレス頭を高く評価される。
2011年
2012年
  • 7月29日 大阪東成区区民センターでVKFの2代目王座決定戦で、前王者であるGENTAROを破り、第2代VKF王座につく。
2013年
2014年
  • VKFのゼネラルマネージャーに就任。返上されたVKFの第4代暫定王者にも就任。真霜拳號KAZMA SAKAMOTO雫有希とモンキービジネススーパースターズなるユニットを結成。
2015年
2016年
  • 2月1日、所属するバンド「5 to 1」がアルバム「The beginning of the end」でデビュー[5]
  • 2月11日、シアタープロレス花鳥風月が手掛け、西村修がプロデュースする「花鳥風月無我伝承」で所属となることが発表される。VKFのゼネラルマネージャー職は継続[6]
  • 3月13日、花鳥風月無我伝承旗揚げ戦で復帰し、その後は花鳥風月、VKFに参戦。

得意技[編集]

デスペナルティ
殺人コブラツイスト
ドラゴン・スープレックス
スリーハンドル・ファミリー・グラダンザ
ドロップ・デッド・トワイス
エプロンにいる相手をリング内に入れる形でトップロープに両足をかけさせてDDTを打つ技。
ハートパンチ
空手仕込みの正拳突き
ジャブロー
矢郷ではなくヤゴウ・アズナブルの技(便宜上ここに記載する)。シャア専用ズゴックよろしく、右手に装備したアイアン・ネイルで相手の胴を突く技。
ジャンピング・ツゥームストーン・パイルドライバー
2014年からフィニッシュに使用。モンスター・ロシモフの影響。

入場テーマ曲[編集]

参加CD[編集]

特記[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 2009年までは「カリフォルニア州アナハイム市射水市出身」を自称。
  2. ^ ベースボールマガジン社「週刊プロレスモバイル」2009年8月14日更新分、インタビュー・矢郷良明Vol.5より
  3. ^ 矢郷さんのコブラツイスト”. GENTARO日記「乙女の愛の夢」 (2010年5月14日). 2016年5月2日閲覧。
  4. ^ VKF 12.14新木場大会 木藤&松田&バッファローvs.真霜&GEN&兼平、矢郷&松本&川島vs.勝村&奥田&岡田”. バトルニュース (2015年12月15日). 2016年2月25日閲覧。
  5. ^ 富山から世界に音楽発信 県内ロックバンド「5to1」が初のアルバム”. 北日本新聞 (2016年2月5日). 2016年2月25日閲覧。
  6. ^ VKFプロレスからの重要なお知らせ。”. VKF オフィシャルブログ 「VKF is in the HOUSE !!」 (2016年2月11日). 2016年2月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]