グレート草津

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グレート草津
プロフィール
リングネーム グレート草津
草津 清正
ビッグ・クー
タキ・ヤマグチ
本名 草津 正武
身長 192cm
体重 118kg(全盛時)
誕生日 1942年2月13日
死亡日 (2008-06-21) 2008年6月21日(66歳没)
出身地 熊本県熊本市
スポーツ歴 ラグビー
デビュー 1966年3月21日
引退 1981年8月
テンプレートを表示

グレート草津(グレートくさつ、1942年2月13日 - 2008年6月21日)は、日本プロレスラーラグビー選手。本名:草津 正武(くさつ まさたけ)。

来歴[編集]

ラグビー選手として[編集]

熊本工業高校八幡製鐵所でラグビー選手として活躍。ポジションはロック(LO)。社会人時代のサイズが189㎝、93㎏という当時の日本ラグビーでは規格外の体格と100m走が11秒2というWTB並のスピードを武器にFWの中心選手となり日本代表にも選出された。八幡製鐵に入社した理由は、熊本工高の担当教諭から「お前が入社しなければ、来年以降、八幡はうちの生徒を取ってくれなくなる。」と諭されたことに起因するものであり、自身は大学でラグビーがしたかったと述懐。また当時、複数の大学チームから勧誘を受けていたことも証言している[1]

八幡製鐵では、宮井国夫土屋俊明といった大学出の選手らとともに、八幡製鐵の黄金時代の一翼を担い、日本協会招待NHK杯争奪ラグビー大会日本ラグビーフットボール選手権大会の前身大会)、全国社会人大会の優勝メンバーの一員として名を連ねた。

また1963年ブリティッシュコロンビア州戦に出場し、日本代表キャップ1を獲得している。ラグビーマガジンのインタビューでは野茂英雄イチロー中田英寿らが海外に挑戦したいと言う気持ちがわかると語っている[2]

八幡を辞めた理由は、英語に堪能だった草津に嫉妬した当時の大卒の上司に、「じゃ、これ訳してくれないか」と言われた書物がドイツ語だったことにカチンときたため、という話がある[3]ほか、大卒と高卒とでは、社内では厳然たる差があったため、という話を述べている[4]

プロレス転向[編集]

1965年7月30日に日本プロレスに入団[5]。出身地が熊本であったことから、豊登から加藤清正にあやかった草津清正リングネームを与えられ、ジャイアント馬場の付け人となる。1966年3月21日、本間和夫戦でデビューするが、団体の体質に嫌気がさしてその年のうちに退団。先輩であったザ・グレート・カブキは、「草津は練習嫌いで、練習にはあまり来なかったが故にかわいがりに遭っていた。日プロでは4試合しか出場しなかった」と述べている[5]。同じく日本プロレスを退団していた吉原功ヒロ・マツダ、同期の杉山恒治とともに国際プロレスの旗揚げに参加する。

同年12月より、北米での武者修行を開始。アメリカフロリダ地区ではタキ・ヤマグチTaki Yamaguchi)を名乗ってマツダやデューク・ケオムカのパートナーとなり、エディ・グラハムサム・スティムボートホセ・ロザリオワフー・マクダニエルらと対戦[6][7]カナダバンクーバー地区ではビッグ・クーBig Ku)をリングネームに、ダッチ・サベージジェリー・グラハムアブドーラ・ザ・ブッチャーとも対戦した[8]

バックドロップ失神事件[編集]

団体の新エースと目された1968年1月3日、TBSの定期放送『TWWAプロレス中継』初回である日大講堂大会のメインイベントにおいて、ルー・テーズTWWA世界ヘビー級選手権に3本勝負で挑戦したが、1本目にテーズのバックドロップを受けて後頭部を打ち、失神したまま2本目を放棄して敗退。これが俗に言う草津バックドロップ失神事件である。草津がその後遂にエースになれなかったこと、また国際プロレスが終始他団体の後塵を拝し続けたことから、草津のレスラー人生のみならず団体の運命をも決定づけた一戦として語られてきた。プロレス入りから2年半足らず、海外修行から戻ったばかりで国内での試合実績の乏しい草津のエース登用は、フレッシュなスターを求めるTBSの強い要望であったといわれている。放映初戦で超大物のテーズを倒しての戴冠となれば大きなインパクトがあったが、敗北でその目論見は崩れてしまった。新間寿の記事では「プロレスのスターなど一夜で作れるというTBSのプロデューサーの考えは甘く、グレート草津の売り出し方などは完全にTBSの失敗であった」という趣旨の批判がなされている[9]

テーズ側の証言によれば、当時テレビ放送していたTBSから、草津に花を持たせるブックを要求されて憤慨したため、わざとテーズが草津を返り討ちにしたと言う。テーズは「通常、3本勝負の場合は1本は相手選手に花を持たせてやるものだが、草津はまだまだグリーンボーイに毛が生えた程度。全米で未だメインイベントを取っている私が、そんな駆け出しに1本でも許すなんて、冗談じゃない」とも語っていた。草津戦後、テーズはTWWA選手権をかけてサンダー杉山豊登と対戦しているが、いずれも三本勝負の1本を許しており、「杉山や豊登と草津にはそれだけの実力差があった」と述べている[10]

草津本人によれば、1本目を取られた後、セコンドについていたグレート東郷の「キープ・ステイ・ダウン(そのまま寝ていろ)」という言葉に従って起き上がらず、試合放棄という結果になったとのことであり[11]、半失神状態が他者の指示によるものであったと述べている。

テーズ戦後[編集]

テーズ戦後しばらくは低迷したがまもなく立ち直り、国際プロレスの中心レスラーとして長く活躍した。1968年4月8日には山口県岩国市にてトニー・チャールズを破り英国西部ヘビー級王座を獲得。以降、翌1969年9月のワイルド・アンガス戦を最後に王座が封印されるまで、アルバート・ウォールミスター・ギロチンなどの英国勢を相手に防衛戦を行った(その間の1968年9月11日にはブル・デービスとのダブルタイトル戦に勝利して英国南部ヘビー級王座も獲得、英国地区王座の2冠王となっている)[12]1970年5月18日には千葉県館山市において、当時ビル・ロビンソンが保持していたIWA世界ヘビー級王座に挑戦しているが、国際プロレスの看板タイトルである同王座には一度も戴冠することはなかった[13]

タッグでは、IWA世界タッグ王座をパートナーを代えて再三保持しており、サンダー杉山とのコンビではモンスター・ロシモフ&マイケル・ネイダーやラリー・ヘニング&ボブ・ウインダムストロング小林とのコンビではディック・ザ・ブルーザー&クラッシャー・リソワスキーマッドドッグ・バション&イワン・コロフラッシャー木村とのコンビではテキサス・アウトローズスーパースター・ビリー・グラハム&バロン・フォン・ラシクニック・ボックウィンクル&レイ・スティーブンスなどの強豪チームとタイトルを争った[14]

アメリカ遠征でも実績を残し、1971年9月11日にネブラスカ州オマハにてラモン・トーレスからAWA中西部ヘビー級王座を奪取[15]ビル・ミラーとの防衛戦も行われた[16]。戴冠中の10月9日と12月18日には、同所においてバーン・ガニアAWA世界ヘビー級王座に連続挑戦した[17]

デスマッチ戦線でも活躍しており、アメリカ遠征から帰国直後の1972年6月30日、岐阜市民センターにおいてバロン・シクルナを相手に自身では初の金網デスマッチを行った[18]1973年11月28日の横浜文化体育館大会ではワフー・マクダニエルからインディアン・ストラップ・マッチで勝利を収め[19]1974年7月1日の九電記念体育館大会では、覆面レスラーのザ・キラー(正体は初代ザ・マミーベンジー・ラミレス)とテキサスチェーン・デスマッチを行った[20]。試合はチェーン装着前にキラーが草津に襲い掛かり、早々に流血させられたが最後はバックドロップで草津が逆転勝利している。国際プロレスは木村の「金網デスマッチの鬼」に対して、草津を「チェーン・デスマッチの鬼」に仕立て上げようともしていた。

引退[編集]

しかし、単独エースの立場になることは遂になく、主にエースの小林や木村に続く2番手としてのタッグ王者が定位置だった。全日本プロレスジャイアント馬場が国際プロレスに特別参戦した1972年11月29日には、馬場とのコンビでマリオ・ミラノ&レッド・バスチェンと対戦[21]1975年には全日本プロレス主催のオープン選手権1977年には木村との国際プロレス代表チームとして世界オープンタッグ選手権に出場した。1979年1月には山本小鉄&星野勘太郎ヤマハ・ブラザーズに敗れてIWA世界タッグ王座を失い無冠に陥落、以後は試合には出場するが一歩退いたポジションに身を置くようになり、TVマッチへの登場も減った。

1980年7月9日、地元である熊本大会での6人タッグマッチ(木村、草津、大木金太郎ジプシー・ジョーランディ・タイラー、ロッキー・ブリューワー)の試合中、リング下の板が割れ、その隙間に走っていた草津の足が嵌って右足首を骨折[22]。長期欠場を余儀なくされ、完治後は営業責任者となって現場を離れるが[22]、翌1981年8月に国際プロレスは活動を停止し、そのまま引退した。早くから国際の幹部であり、現場責任者として、さらに活動停止時には営業本部長の職にあって、会社の営業面で多大な貢献をしていた[23]

引退後[編集]

国際プロレス活動休止後は静岡県三島市に住み、湯沸かし器製造会社の営業職に転身。営業成績は大変優秀だったため、その後別の会社(健康食品会社の日本バスコン)の営業取締役を務めていた[23]

2007年5月食道がんで入院。その後肺などにもがんが転移し療養していたが、2008年6月21日午後1時5分、多臓器不全のため66歳で死去[24]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

逸話[編集]

  • 坂口征二に風貌が似ており、本人も間違われるのを気にしていた。
  • 前記のとおりジャイアント馬場の付き人だったが、国際プロレス移籍後エースと目された時馬場に会い「馬場さんが日本プロレスのエースなら僕も国際プロレスのエース。お互いに頑張りましょう」とお互いが同格であるかのような発言をし、それを聞いてあきれたと後に馬場は語っている。
  • 日本プロレス並びに国際プロレス崩壊後行われた芳の里淳三吉原功との対談で、「草津はプロレスラーには性格的に向かない面があった」という吉原の発言に対して「それがなかったら猪木級の選手になっていただろう」と芳の里が発言している。
  • 2016年に行われた大位山勝蔵と鶴見五郎の対談で、草津とストロング小林の関係が良くなかったことが明かされた。鶴見によると草津は小林のことを随分といじめていたようであり、ある時八戸から苫小牧へ行くフェリーの船中で草津は酒に酔って「お前、誰のおかげで上を取れてると思ってんだ!」と小林に絡み出し、さらに活字にできないような罵詈雑言を浴びせたという[26]
  • 大酒呑みであった草津の付き人になる事を多くの選手は敬遠していた。アニマル浜口は、先輩レスラーの押し付けに遭って草津の付き人になったという[27]。酒好きでなかった浜口を酒好きにさせたのも草津であった[28]
  • 浜口の証言によれば、草津は自家用車で約140km離れている東京〜三島間を1時間弱で走破したことがよくあり、トラックからベニヤ板が落下し、フロントガラスに覆いかぶさった際も動じなかったという[29]。また、ラグビー選手時代から旦過市場を気に入っており、北九州市で興行があった際は、浜口とよく旦過市場へ行っていたという[23]

脚註[編集]

  1. ^ 『栄光のトライ』(1988年、馬場信浩著、光文社ISBN 9784334027858[要ページ番号]
  2. ^ ラグビーマガジン2002年10月号内「LO(セカンドロー)物語」[要ページ番号]
  3. ^ 『キック・オフまで待てない』 (日本ラグビー狂会編、マガジンハウスISBN 9784838703883[要ページ番号]
  4. ^ 『栄光のトライ』(1988年、馬場信浩著、光文社ISBN 9784334027858[要ページ番号]
  5. ^ a b 『週刊プロレスSPECIAL 日本プロレス事件史vol12』P73(2015年、ベースボール・マガジン社、SBN 9784583623252)
  6. ^ The CWF matches fought by Great Kusatsu in 1966”. Wrestlingdata.com. 2019年7月1日閲覧。
  7. ^ The CWF matches fought by Great Kusatsu in 1967”. Wrestlingdata.com. 2019年7月1日閲覧。
  8. ^ The ASW matches fought by Great Kusatsu in 1967”. Wrestlingdata.com. 2019年7月1日閲覧。
  9. ^ 『日本プロレス史の目撃者が語る真相! 新間寿の我、未だ戦場に在り!<獅子の巻>』P49(2016年、ダイアプレス)
  10. ^ 「裁きのバックドロップ」流智美著 - 別冊宝島179『プロレス名勝負読本』(宝島社ISBN 978-4796691796[要ページ番号]
  11. ^ 悪役レスラーは笑う』(森達也著、光文社、ISBN 978-4004309826[要ページ番号]
  12. ^ 『Gスピリッツ Vol.52』P65「TBS時代のグレート草津」(2019年、辰巳出版ISBN 4777823393
  13. ^ IWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2019年7月1日閲覧。
  14. ^ 『1945-1985 激動のスポーツ40年史 (6) プロレス 秘蔵写真で綴る激動史』P159-160(1986年、ベースボール・マガジン社
  15. ^ a b AWA Midwest Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2019年7月1日閲覧。
  16. ^ The AWA matches fought by Great Kusatsu in 1971”. Wrestlingdata.com. 2019年7月1日閲覧。
  17. ^ The Records of AWA World Heavyweight Championship Matches 1971”. Wrestling-Titles.com. 2019年7月1日閲覧。
  18. ^ IWE Big Summer Series - Day 4”. Wrestlingdata.com. 2014年11月22日閲覧。
  19. ^ IWE Big Winter Series - Day 18”. Wrestlingdata.com. 2019年7月1日閲覧。
  20. ^ 『忘れじの国際プロレス』P111(2014年、ベースボール・マガジン社ISBN 9784583620800
  21. ^ IWE Big Winter Series - Day 19”. Wrestlingdata.com. 2014年12月18日閲覧。
  22. ^ a b 『Gスピリッツ Vol.32』P76「実録・国際プロレス 第22回」高杉正彦インタビュー(2014年、辰巳出版ISBN 4777813304
  23. ^ a b c 【国際プロレス伝】「チェーン・デスマッチの鬼」がリングから消えた日Sportiva web 2017年9月1日
  24. ^ グレート草津さん逝く ラグビー日本代表から転身 東京中日スポーツ
  25. ^ AWA Midwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2019年7月1日閲覧。
  26. ^ 『Gスピリッツ Vol.42』P55(2016年、辰巳出版、ISBN 4777818128
  27. ^ 【国際プロレス伝】アニマルを呑み助にした草津の「グレートな夜遊び」Sportiva web 2017年7月15日
  28. ^ 『忘れじの国際プロレス』P16(2014年、ベースボール・マガジン社ISBN 4583620802
  29. ^ 【国際プロレス伝】キャデラックで東京→三島を1時間。死ぬかと思ったSportiva web 2017年8月1日