アマナキ・レレィ・マフィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アマナキ・レレィ・マフィ Rugby union pictogram.svg
基本情報
生年月日 (1990-01-11) 1990年1月11日(30歳)
出身地 トンガの旗 ハムラ村
身長 1.89 m (6 ft 2 12 in)
体重 112 kg (17 st 9 lb)
大学 花園大学
愛称 NAKI
ラグビーユニオン経歴
ポジション ナンバーエイト
アマチュア経歴
チーム 出場 (得点)
2010-2014 花園大学 ()
シニア経歴
チーム 出場 (得点)
2014-
2016
日本の旗NTTコ厶
イングランドの旗バース

7
(
20)
更新日:  2016年5月8日
スーパーラグビー
チーム 出場 (得点)
2017-2018
2019
オーストラリアの旗レベルズ
日本の旗サンウルブズ
31
3
(35)
(0)
更新日:  2019年5月25日
代表
チーム 出場 (得点)
2014-  日本 27 (45)
更新日:  2019年10月20日
■テンプレート

アマナキ・レレィ・マフィAmanaki Lelei Mafi1990年1月11日 - )は、トップリーグNTTコミュニケーションズシャイニングアークスに所属するラグビー選手。

プロフィール[編集]

略歴[編集]

5歳でラグビーを始め、日本への留学生を多数輩出する高校トンガ・カレッジへ進む[6]

2009年に日本で開催されたU20世界ラグビー選手権にトンガ代表として参加した際に関係者の目に留まり、2010年に京都の花園大学からの勧誘を受け進学[2][6]関西学生ラグビーBリーグ(2部)に属するラグビー部でプレー[1]。同級生には、マフィの幼馴染であり、ラグビー日本代表であるアマナキ・ロトアヘアがいる。マフィの支援者からは、月3万円の生活費が出されていたが、その多くを実家に送り、その残りで生活をする苦しい生活を送っていたという。2012年に大学3年生で出場した「関西学生南北対抗戦」での活躍[3]などが認められて、大学卒業後の2014年NTTコミュニケーションズシャイニングアークスへ加入した[7]

2014年8月23日ジャパンラグビートップリーグ・ファーストステージ第1節の対宗像サニックスブルース戦で、途中出場ながら同リーグ公式戦へのデビューを果たした[8]。後に、トンガ代表入りを打診されたが辞退。同年11月の日本代表ヨーロッパ遠征で初めてメンバーに選ばれる[2]と、同月13日ブカレストで開かれたリポビタンDツアー2014ルーマニア戦で、日本代表のキャップを初めて獲得した[9]。しかし、帰国後(12月7日)のトップリーグセカンドステージ第2節・対トヨタ自動車ヴェルブリッツ戦で左股関節を脱臼骨折[10]。全治1年6ヶ月の重症と診断された[6]

2015年には、大学時代から交際していた女性(桑原の親族)と5月15日に結婚した。8月29日には、東京ガスラグビー部との練習試合で実戦に復帰[11]9月からイングランドで開催のラグビーワールドカップ2015には、日本代表として出場した[12]。日本代表は3勝1敗ながら1次リーグ・プールBで敗退したが、マフィは南アフリカとの初戦に後半の途中から出場。試合終了間際にマフィからのパスを受けたカーン・ヘスケストライを決めたことによって、チームは逆転勝利を収めた[13]。マフィ自身も、先発に起用されたスコットランドとの第2戦[14]および、アメリカとの最終戦[15]でそれぞれ1トライを記録している。さらに、ワールドカップの終了後に開幕した2015 - 2016トップリーグでは、NTTコムのNo8として、2015年内の最終戦までに7試合へ出場。開幕戦からの3試合連続を含む5トライを記録したほか、2試合連続でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた[16]

2015年12月29日には、イングランドプレミアシップに加盟するバースが、マフィと契約したことを発表した。NTTコムに所属したまま、プレミアシップの2015 - 2016シーズンが終了する2016年4月までの4ヶ月間限定移籍で、2015 - 2016トップリーグが終了した同年1月下旬からバースに合流[17]。同年2月13日の対ウースター戦で、No8としてプレミアシップデビューを果たした[18]。移籍2戦目の対ワスプス戦(同月20日)では、フル出場でプレミアシップ初トライを記録している[19]

2016年には、5月1日付でバース・ラグビーとの契約を満了[20]。NTTコムへ復帰すると、2016 - 2017シーズンから、トップリーグでのプレーを再開している。また、9月には妻が第一子(長男)を出産した。

2017年からは、NTTコムに所属したまま、トップリーグのオフシーズンにスーパーラグビーへ参戦。2018年シーズンまでレベルズの主力選手として活躍した後に、NTTコムへの一時復帰を経て、2019年シーズンの途中からサンウルブズへ加入している[21]

2019年には、日本国内で開催されるラグビーワールドカップ2019の日本代表に選出[22]。開幕直前の9月7日にリポビタンDチャレンジカップ2019 ・対南アフリカ代表戦で右肩を痛めた[23]影響で予選リーグ(プールA)・開幕戦(同月20日の対ロシア代表戦)の登録メンバーから外れた[24]ほか、スタメンに起用された第2戦(対アイルランド代表戦)で肋軟骨を痛めて途中交代を余儀なくされた[25]ため、プールAでは全4試合中2試合の出場にとどまった。しかし、日本代表が史上初めて臨んだ決勝トーナメントでは、10月20日の準々決勝(対南アフリカ戦)に一時出場。代表チームは準々決勝で敗退したものの、同月23日には、京都市に縁のあるチームメイト(田中史朗北出卓也坂手淳史松田力也)と共に同市から「京都市スポーツ栄誉賞」を授与されることが発表された[26]

人物・エピソード[編集]

  • ラグビー日本代表の元ヘッドコーチであるエディー・ジョーンズは、マフィの並外れた能力の高さから「Xファクター(特別な能力を持った選手)」「ギフト(神様からの贈りもの)」と呼んだ[27]。また、日本代表について「体格的に劣り、パワーが足りない」と評するが、「マフィは例外」と語っており、マフィの圧倒的な突進力を「ニュークリア・パワーステーション(原子力発電所)」と表現している[28]
  • ラグビー日本代表キャプテンのリーチ・マイケルもマフィについて「特別な存在」とその能力の高さを認めており、「普段はおとなしくてすごく性格がいい。でも、ボールを持った時のパワーは半端ない。必ず前に出てくれるので、チームに勢いを与えてくれる。」と語っている。[28]
  • 所属するシャイニングアークスでFWコーチを務める大久保直弥は「僕もいろいろと選手を見てきたけど、ナキはスペシャル。強さだけじゃない。相手の弱点を突く、気の利いたプレーもできる。」と語っている[6]
  • トンプソンルークは「108㎏の私を後ろから抱き上げ空中に飛ばした。彼以外のリフターなら私を前から支えるアイブス・ジャスティンの手は膝の上にくるが、彼が上げると膝の下に来た。それだけパワーがあるということだ。こんな経験は初めてだった。彼のW杯での活躍はその部分からでも容易に想像できた」[29]
  • 2015年ラグビーワールドカップ開催前にトンガと日本の両方から代表入りを打診された時の心境として、「どちらを選ぶかすごく悩んだ。奥さんは日本人だし、大学時代から日本で生きていくつもりだったし、この国の生活が好きだった。だからジャパンを取った。」と語っている[6]
    • 2014年末の股関節脱臼骨折で全治1年6ヶ月と診断されたことから、一時は翌2015年のワールドカップ出場をあきらめたという。しかし、おじいちゃんになってからも畑に出ている父の姿や、兄弟や妻からの励まし、毎日のように見舞いに来てくれる仲間達、エディー・ジョーンズHCから手渡された "VS 南アフリカ 9月19日" と書かれた日本代表のジャージなどに励まされたことから、ワールドカップ出場に向けてチャレンジしようと決めたという。懸命なリハビリやチームのサポートの甲斐もあって、7月にはジョギング程度には走れるようになった。入院から約9ヶ月後の8月30日に行われた日本代表の最終登録メンバー発表で自分の名前が呼ばれた時の心境を「この時は南アに勝ったのと同じくらいうれしかった。ラグビーができるようになるまで1年半かかると言われていたのを、8ヶ月に縮めたんだから。奥さん、トンガの家族、NTTコミュニケーションズのチームのみんな、ファン、そして神様のおかげだと思う。だから、俺はなにがなんでもW杯で頑張りたかった。」と語っている。[6][30]
  • 2015年ラグビーワールドカップ第2戦のスコットランド戦で古傷の股関節を痛めて退場した後、3日間はベッドで寝ていたが、4日目ぐらいにネットでニュースを見ていたらエディー・ジョーンズHCが「ナキはサモア戦に間に合う」と話したことが記事になっていて、「えっ」とびっくりしたという。その後ホテルのロビーに下りたらエディー・ジョーンズHCがいて冗談だと思っていたら「大丈夫、大丈夫」と言われ、「勝手に言ってるよ」と思わず笑ってしまったと語っている[6]
  • 義母の従兄に当たる桑原征平が朝日放送ラジオの複数の生ワイド番組でパーソナリティを務めていることから、日本代表としてラグビーワールドカップへ出場した直後には、以下のように桑原の冠番組へ招かれている。桑原自身も、マフィの結婚を機に、関西地方で開かれるラグビー日本代表の親善試合やトップリーグのNTTコム戦を頻繁に観戦。観戦した試合の模様やマフィの近況を、自身の番組で紹介している。
    • ラグビーワールドカップ2015・1次リーグでの日本代表敗退を受けて帰国した直後(2015年10月17日)には、桑原と桂吉弥がパーソナリティを務める『征平・吉弥の土曜も全開!!』に、妻や義母(妻の実母)と揃ってゲストで出演。出演後には、桑原へのサプライズ企画として、『桑原征平粋も甘いも』向けのジングルを収録している(参考)。
    • ラグビーワールドカップ2019閉幕後の2019年11月14日には、『桑原征平粋も甘いも』のオープニングに妻、義母、長男、2018年11月に授かった長女と揃って出演した。同大会では日本代表の全試合が関西以外の地方のスタジアムで催されたため、桑原はマフィが出場した試合を含めて、日本代表戦をスタジアムで観戦できなかった。しかし、神戸市御崎公園球技場開催分(全4試合)のチケットを早々に確保していた吉弥の計らいで、9月26日(いずれも木曜日)の『粋も甘いも』終了後には、同球技場における初戦(ナイトマッチとして催されたプールCのイングランド代表アメリカ代表戦)を吉弥の父子と共にスタンドで見届けている。
    • この他にも、YouTuberとして活動する桑原の孫がYouTubeで配信する動画に随時登場。宮川大輔(桑原の京都西高等学校水泳部員時代の同級生の長男)とも、『炎の体育会TV』(TBSテレビ制作)で共演したことがある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c マフィ、だまされた…から成長して「花園大に感謝」(『日刊スポーツ2015年10月2日付記事)
  2. ^ a b c d マフィ日本代表 トンガ代表断る(『日刊スポーツ』2014年10月15日
  3. ^ a b c d e ラグビーW杯出場へ…復活を誓うマフィ 日本代表HCから贈られたジャージ(『スポーツナビ2015年3月9日付記事)
  4. ^ a b NTT Com ラグビー部(アマナキ・レレィ・マフィ選手 | 選手・スタッフ紹介)(2019年3月1日閲覧)
  5. ^ JSPORTS アマナキ・レレィ・マフィ . JSPORTS. 2018年1月7日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 日本ラグビーの歴史を変えた桜の戦士たち 選手たちが自ら明かす激闘の舞台裏 ISBN 978-4-408-45590-7
  7. ^ 2014年度 新入団選手のお知らせ
  8. ^ リーグ戦 第1節 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス vs 宗像サニックスブルース
  9. ^ 日本代表「リポビタンDツアー2014」vsルーマニア代表 試合登録メンバー
  10. ^ 2人の屈強なラガーマンの大怪我 マフィと遠藤
  11. ^ マフィ上々の復帰 ファーストタッチ2人吹き飛ばす(『日刊スポーツ』2015年8月29日付記事)
  12. ^ 日本代表「ラグビーワールドカップ2015」最終登録メンバー
  13. ^ No.8マフィW杯初先発!「試合の頭が重要」と起用(『スポーツニッポン2015年9月22日付記事)
  14. ^ 日本が10-45でスコットランドに大敗し1勝1敗(『日刊スポーツ』2015年9月24日付記事)
  15. ^ リーチ・マイケル主将「19年に向けて努力する」(『日刊スポーツ』2015年10月12日付記事)
  16. ^ 【ラグビー】NTTコム、初の開幕3連勝 日本代表マフィがMOM(『スポーツ報知2015年11月29日付記事)
  17. ^ W杯日本代表・マフィ、英チームと契約「新たな冒険楽しみ」(『サンケイスポーツ2015年11月29日付記事)
  18. ^ マフィが英デビュー バースに期限付き移籍(『日刊スポーツ』2016年2月14日付記事)
  19. ^ マフィ、終盤にトライ イングランド・リーグ(『日刊スポーツ』2016年2月21日付記事)
  20. ^ Mafi leaves Bath under a cloud (『Planet Rugby』2016年5月1日付記事)
  21. ^ マフィがサンウルブズ加入! スーパーラグビーの舞台に復帰へ(『RUGBY REPUBLIC』2019年3月10日付記事)
  22. ^ 日本代表「ラグビーワールドカップ2019」最終登録メンバーのお知らせ . 日本ラグビーフットボール協会(2019年8月29日). 2019年9月8日閲覧。
  23. ^ 福岡がマフィが痛すぎる負傷後退…ジョセフHC、右肩痛めたマフィの復帰は「1週間から2週間」(『スポーツニッポン』2019年9月7日付記事)
  24. ^ ラグビー日本代表 負傷で開幕戦メンバー外、マフィ&福岡が次戦同時復帰も!(『スポーツニッポン』2019年9月7日付記事)
  25. ^ 藤井強化委、負傷したマフィとトゥポウの現状説明(『日刊スポーツ』2019年9月29日付記事)
  26. ^ ラグビーW杯日本代表メンバー、京都ゆかり5人に市スポーツ栄誉賞(『京都新聞2019年10月23日付記事)
  27. ^ 「敵にいる日本代表」は凄かった。マフィの突破にサンウルブズも脱帽 (livedoor news 2018年3月5日付記事)
  28. ^ a b Number特別増刊 桜の凱歌。 エディージャパンW杯戦記. 
  29. ^ 日本ラグビーの歴史を変えた桜の戦士たち
  30. ^ 「アスリート波瀾万丈 崖っぷちからの大逆転SP2」 テレビ東京 2015年12月28日放送

外部リンク[編集]