箕内拓郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
箕内 拓郎 Rugby union pictogram.svg
基本情報
生年月日 (1975-12-11) 1975年12月11日(43歳)
出身地 日本の旗 福岡県北九州市
身長 1.87 m (6 ft 1 12 in)
体重 106 kg (16 st 10 lb)
愛称 ミウ
選手情報
ポジション ナンバーエイト、フランカー
アマチュア
チーム
八幡高校
関東学院大学
オックスフォード大学
クラブ
チーム 出場 得点
NEC
NTTドコモ
更新日 2015年7月
国代表
チーム 出場 得点
 日本 48
コーチ歴
2015年 NTTドコモ
更新日 2015年7月
■テンプレート

箕内 拓郎(みうち たくろう、1975年12月11日 - )は、日本の元ラグビー選手。

プロフィール[編集]

主な経歴[編集]

6歳でラグビーを始める。八幡高では1年時のFBSOを経て2年からNo8に転向した。

関東学院大学では2年時からレギュラーに定着。4年時に主将を務め、大学選手権で初優勝を果たす。

卒業後にオックスフォード大学へ留学。98年12月にケンブリッジ大学との定期戦「バーシティ・マッチ」に出場し、「ブルー」の称号を得た。(日本人では林敏之以来2人目)

1999年、NECに入社。2000年4月から3ヶ月間、イタリア・セリエA2のラグビーパエゼでプレーした。2002年度日本選手権優勝。トップリーグが開幕すると、第1回マイクロソフトカップ優勝に導きMVPを獲得。

2002年のロシア戦で日本代表キャップ獲得と同時に主将に就任。2003年ワールドカップを含め2005年まで務める。2006年12月3日に英国レスターで行われた南アフリカ代表海外遠征100周年記念試合に世界選抜の一員として選ばれ出場した。[1]

2006年以降、代表の主将を大畑大介に譲ったが、2007年ワールドカップ直前で大畑が故障により離脱したため、2大会連続で主将を務めた。

2010年春にトップリーグの下部(トップウエスト)に所属するNTTドコモレッドハリケーンズに移籍。[2]10年度の入替戦に勝利しチームのトップリーグ昇格に貢献した。

2014年のリーグ開幕前の練習試合で両目を痛めて水晶体亜脱臼を発症し、両目の水晶体を摘出して人工レンズを入れる手術を受け、ドクターストップを受けたことにより現役を引退。その後はNTTドコモのFWコーチを務めることが発表された[3]

2015年のラグビーワールドカップでは、J SPORTSの試合中継の解説者を務めている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]