山本正人 (ラグビー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山本 正人
生年月日 (1978-05-29) 1978年5月29日(44歳)
出身地 日本の旗 愛知県名古屋市
愛称 ミャー
ラグビーユニオンでの経歴
ポジション プロップ
アマチュア経歴
チーム 出場 (得点)
栄徳高校 ()
シニア経歴
チーム 出場 (得点)
1997年-2010年 トヨタ自動車 ()
代表
チーム 出場 (得点)
 日本 26
更新日:  2015年8月

山本 正人(やまもと まさひと、1978年5月29日 - )は、日本の元ラグビー選手トヨタ自動車ヴェルブリッツに所属した。

プロフィール[編集]

来歴[編集]

幼少時代は相撲に打ち込み、わんぱく相撲で愛知県王者になり、全国大会に出場した経歴もある。小4からは野球に転向。

栄徳高校1年でラグビーを始め、国体にも出場。卒業後、トヨタ自動車に入社。2000年にはニュージーランドに留学し、左右両方をこなせるプロップとしてチームの主力となっている。

2002年には日本代表スコッド入りし、5月19日ロシア戦で初キャップを得る。

2003年にはW杯代表に選ばれたが、長谷川慎の控えとしてフィジー戦と米国戦の2試合に出場したのみであった。

トヨタでは活躍を続け、2004年トップリーグ昇格、2005年日本選手権準優勝に貢献。

一方でジャパンでもキャップを重ね、2007年W杯の最終メンバーに選ばれた。

2010年に現役を引退した。[1]

エピソード[編集]

  • 琴光喜とはお互いの父親がトヨタ相撲部のチームメイトであり、本人同士もわんぱく相撲時代の稽古仲間でもあった。琴光喜が所属する佐渡ヶ嶽部屋にチームで出稽古に行った際、他のメンバーは若手の力士が相手だったのに対して山本は琴光喜とぶつかった。

脚注[編集]

関連項目[編集]