小野晃征

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小野 晃征 Rugby union pictogram.svg
基本情報
生年月日 (1987-04-17) 1987年4月17日(31歳)
出身地 日本の旗 愛知県名古屋市
身長 1.71 m (5 ft 7 12 in)
体重 83 kg (13 st 1 lb)
学校 クライストチャーチ高校
愛称 コス
選手情報
ポジション スタンドオフ
アマチュア
チーム
クライストチャーチ高校
クラブ
チーム 出場 得点
2007-2012
2012-
福岡サニックス
サントリー
国代表
チーム 出場 得点
2007-  日本 34
更新日 2018年5月4日
■テンプレート

小野 晃征(おの こうせい、1987年4月17日 - )は、2018年現在トップリーグサントリーサンゴリアス所属のラグビー選手

プロフィール[編集]

  • 愛知県名古屋市出身。
  • ポジションスタンドオフ(SO)
  • 身長 171cm、体重 83kg
  • 日本代表キャップは34。(2016年6月現在)
  • ニックネームはコス。
  • 3歳でニュージーランドへ移住したため日本語より英語を得意としている。2007年の来日時には「99%ニュージーランド人(1%日本人)」と公言していたが、2014年には「51%ニュージーランド人(49%日本人)」へ日本人率が上昇した。クライストチャーチのプレス紙(日刊紙)2015年9月23日付インタビューでは、ラグビー選手引退後はニュージーランドへ戻ることを公言している。
  • 妹のゆきもラグビー選手[1](現・ながとブルーエンジェルス)。

来歴[編集]

1歳のときに家族でニュージーランドクライストチャーチに移住。バーンサイドクラブ→クライストチャーチボーイズハイスクール→ニューブライトンに所属。ニュージーランドU-19代表候補にも選ばれた。

2007年、19歳で日本代表スコッド入りし、同年に福岡サニックスブルースに入団[2]。同年10月28日に行われたジャパンラグビートップリーグ第1節のコカ・コーラウエストレッドスパークス戦に先発出場で公式戦初出場を果たした[3]

また同年には2007ワールドカップ最終メンバーにも選ばれ[4]、初戦のオーストラリア戦でジャパン初得点となるPGを決めた。

2012年サントリーサンゴリアスに移籍[5]

2014年、ニュージーランド人女性と結婚した。

2015年、2大会ぶりに2015ワールドカップ最終メンバーに選ばれる[6]。また同年11月にはトップリーグのリーグ戦通算100試合出場を達成した[7]

2017年日本ラグビーフットボール選手会の副代表理事に就任した[8]

受賞歴[編集]

  • 2011-12 ベストフィフティーン
  • 2012-13 ベストフィフティーン
  • 2016-17 ベストフィフティーン 得点王

出典[編集]

  1. ^ 兄は晃征。小野ゆき(ながとブルーエンジェルス)、日本での生活を楽しむ。 . ラグビー共和国 (2018年5月3日). 2018年5月4日閲覧。
  2. ^ 福岡サニックスブルース、新入団内定選手(追加)のお知らせ . ジャパンラグビートップリーグ公式サイト(2007年3月14日). 2017年12月19日閲覧。
  3. ^ リーグ戦 第1節 試合結果 福岡サニックスブルース VS コカ・コーラウエストレッドスパークス . ジャパンラグビートップリーグ公式サイト. 2017年12月19日閲覧。
  4. ^ 100倍になった。祭りの中。小野晃征、自身2度目の大舞台へ。 . ラグビー共和国 (2015年9月16日). 2017年12月19日閲覧。
  5. ^ サントリーサンゴリアス新加入選手のお知らせ . サントリーサンゴリアス公式サイト(2012年4月11日). 2017年12月19日閲覧。
  6. ^ 日本代表「ラグビーワールドカップ2015」最終登録メンバー . 日本ラグビーフットボール協会(2015年8月31日). 2017年12月19日閲覧。
  7. ^ 畠山健介選手(サントリー)・小野晃征選手(サントリー)、「リーグ戦100試合出場」達成 . ジャパンラグビートップリーグ公式サイト(2015年12月26日). 2017年12月17日閲覧。
  8. ^ 代表理事交代就任ついてのお知らせ . 日本ラグビーフットボール選手会(2017年7月10日). 2018年6月18日閲覧。

外部リンク[編集]