宮本勝文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮本 勝文 Rugby union pictogram.svg
基本情報
生年月日 (1966-03-19) 1966年3月19日(52歳)
出身地 日本の旗 大阪府
大学 同志社大学
選手情報
ポジション フランカー
アマチュア
チーム
大阪工大高校
同志社大学
クラブ
チーム 出場 得点
1988-1994 三洋電機
国代表
チーム 出場 得点
 日本 10
更新日 2015年9月
コーチ歴
■テンプレート

宮本 勝文(みやもと かつふみ、1966年3月19日 - )は日本の元ラグビー選手。2010年2月より同志社大学ラグビー部監督に就任した。

プロフィール[編集]

経歴[編集]

大阪工業大学高校同志社大学を経て、1988年に三洋電機(現パナソニック ワイルドナイツ)に入社。学生の頃からパワフルな突破力を武器に、日本代表として第1・2回ラグビーワールドカップに出場する。

その一方で、国内での所属チーム(大学時代を含む)の戦績は最高でも準優勝に終わり現役時代は『悲運の闘将』と称される。特に1991年1月全国社会人大会決勝対神戸製鋼(現神戸製鋼コベルコスティーラーズ)戦では後半ロスタイムに相手ウイングウィリアムスに同点となるトライを決められ、途中交代した宮本の無念の表情は当時の監督・宮地克実とともに全国のラグビーファンに強烈な印象を残した。その後も宮地・宮本は神戸製鋼に挑み続けるがことごとく敗退。

1994年1月の全国社会人大会を最後に、持病であった膝の痛みもあり27歳の若さで現役引退する。

引退後は香港に赴任し社業に専念。ラグビーの現場から距離を置いていたが、2004年10月に前監督・柴田浩一の解任に伴い監督に就任し10年ぶりにラグビー界に復帰する。

翌2005年シーズン、チームは開幕から8連勝したが途中で失速しトップリーグ優勝を東芝府中に奪われる。

2007年シーズンはリーグ戦を全勝するもマイクロソフトカップ決勝で敗退、その後日本選手権決勝でサントリーに雪辱し、チームに初の日本選手権優勝をもたらした。

2008年4月1日付けで三洋電機海外営業本部地域営業統括部長に就任し、再び社業に専念している。

2011年に社業の傍ら、同志社大学ラグビー部の監督に就任。就任1年で関西リーグ2位となり、大学選手権では帝京と死闘を演じた。 2012年シーズンをもって同志社大学監督を退任。13年4月に三洋電機執行役員に就任し、再び社業に専念している。

エピソード[編集]

  • 2004年9月18日トップリーグ開幕戦 三洋対リコー、宮本は花園ラグビー場のJスポーツ中継席に座っていた。ラグビー部OBとして彼が解説をつとめたこの試合に三洋は惜敗、その後も連敗を止めることができず監督の柴田は解任され、数日前に解説席に座っていた宮本が新監督に就任することになる。解説をつとめていた開幕戦に勝利していれば、彼が監督に就任することはなかった。
  • 現役時代は神戸製鋼と6回対戦し全敗であったが、監督としては逆に4戦全勝。監督就任後の初勝利も神戸製鋼戦という相性の良さであった。
  • 2007年シーズンマイクロソフトカップ決勝戦後の記者会見でのサントリー監督・清宮克幸の発言「今日の勝敗を分けたのは、今シーズンたまたま調子が良かったチームと、そうでないチームとの差」に反発。日本選手権準決勝でトヨタ自動車に勝利し、サントリーとの再戦が決まると「サントリーには絶対に負けたくない」と語気を強めた。

参考文献[編集]