リーチマイケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リーチ マイケル Rugby union pictogram.svg
Michael Leitch 2018d.jpg
秩父宮ラグビー場
(2018年9月15日撮影)
基本情報
生年月日 (1988-10-07) 1988年10月7日(30歳)
出身地  ニュージーランド クライストチャーチ
身長 1.90 m (6 ft 3 in)
体重 105 kg (16 st 7 lb)
学校 札幌山の手高校
大学 東海大学
愛称 Reach
選手情報
ポジション ナンバーエイト、フランカー
アマチュア
チーム
2004-2007
2007-2011
札幌山の手高校
東海大学
クラブ
チーム 出場 得点
2011- 日本の旗東芝
スーパーラグビー
チーム 出場 得点
2013,2015-2017
2018-
ニュージーランドの旗チーフス
日本の旗サンウルブズ
34
8
(35)
(5)
更新日 2018年7月13日
国代表
チーム 出場 得点
2008-  日本 59 (85)
更新日 2018年11月25日
国セブンズ代表
チーム 出場 得点
 日本
■テンプレート

リーチ マイケルMichael Leitch1988年10月7日 - )は、ニュージーランドクライストチャーチ出身のラグビー選手。翌2013年には日本帰化し、現在は日本国籍を保有している。

プロフィール[編集]

来歴[編集]

15歳の時にクライストチャーチのセント・ビーズ・カレッジから留学生として来日し、札幌山の手高校に入学[1]。同校卒業後は、東海大学体育学部へ進学し東海大学体育会ラグビーフットボール部に所属。2008年に開催されたラグビージュニア世界選手権に日本代表として出場した。同年11月16日アメリカ戦で日本代表として初キャップを獲得した。東海大学3年時に第46回全国大学ラグビーフットボール選手権大会[2]で準優勝。大学4年の大学選手権でもベスト4をそれぞれ経験。

東海大学卒業後、チームメイトの三上正貴と共に東芝ブレイブルーパスに加入。同年開催のワールドカップの代表に選出され、予選プール全4試合、フランカーとして出場した。

2013年、スーパーラグビーの強豪チーフスに期限付き移籍すると発表したが[3]、同年2月に腕を骨折していることが判明[4]したため、後にチーフスとの契約を解除された。加えて、同年6月1日に行われたフィジー戦で足首を脱臼骨折[5]した。同年7月25日に法務省から日本国籍の取得認可が下りた[6]ことから、今後は「日本人プレーヤー」として活動することが可能になった。それに伴い登録表記をそれまでの「マイケル・リーチ」から現在の「リーチ マイケル」に変更した。

2014年4月、エディー・ジョーンズヘッドコーチから日本代表キャプテンに指名された。アンドリュー・マコーミックに続き二人目のNZ出身キャプテンに就任した。

2015年、チーフスに再加入した[7]。また同年開催のワールドカップの代表に選出された[8]。ラグビーの傍ら7月1日にはニュージーランドスタイルのカフェ「Cafe+64」をオープンしている[9][10]

その他[編集]

「Cafe+64」の名前は、出身国ニュージーランドの、国際電話の国番号に由来する。

テレビ出演[編集]

受賞歴[編集]

  • 2011-12新人賞 ベストフィフティーン
  • 2012-13ベストフィフティーン
  • 2014-15ベストフィフティーン
  • 2015-16ベストフィフティーン
  • 2017-18ベストフィフティーン

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]