ラグビーフィジー代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラグビーフィジー代表
ユニオン フィジーラグビー協会
愛称 フライング・フィジアンズ
エンブレム ヤシ
コーチ ジョン・マッキー[1]
主将 アカプシ・ケラ
最多キャップ ニッキー・リトル (71)
最多得点選手 ニッキー・リトル (670)
最多トライ選手 サニヴァラティ・ラウラウ (20)
チームカラー
チェンジカラー
初国際試合
 トンガ 9–6 フィジー 
(1924年8月15日)
最大差勝利試合
 ニウエ 0–124 フィジー 
(1983年9月11日)
最大差敗戦試合
 ニュージーランド 91–3 フィジー 
(2005年6月10日)
ラグビーワールドカップ
出場回数 9 (1987年初出場)
最高成績 ベスト8 (1987, 2007)
テンプレートを表示

ラグビーフィジー代表は、フィジーラグビー協会によるラグビーナショナルチームである。愛称は「フライング・フィジアンズ」である。

概要[編集]

トンガサモアとともにパシフィック・トライネイションズを形成していた。

W杯では第1回でベスト8に進出し、セブンスでは世界を制し、変幻自在のパスワークとランニングからフィジアン・マジックとも呼ばれた。

2007年より元ワールドイリ・タブアが監督に就任。2007年大会では格上のウェールズ代表に勝利してベスト8に進出した。

2006年からパシフィック・ネーションズカップに参加している。2016リオ五輪ではフィジー史上初の金メダルを獲得した。

試合前のウォークライはジンビ (Cibi)。

ワールドカップの成績[編集]

主な選手[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]