ラグビーフィジー代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラグビーフィジー代表
ユニオン フィジーラグビー協会
愛称 フライング・フィジアンズ
エンブレム ヤシ
コーチ ヴァーン・コッター英語版
主将 セミ・ランドランドラ
最多キャップ ニッキー・リトル (71)
最多得点選手 ニッキー・リトル (670)
最多トライ選手 ヴェレニキ・ゴネヴァ (22)
ファーストカラー
セカンドカラー
初国際試合
 トンガ 9–6 フィジー 
(1924年8月15日)
最大差勝利試合
 ニウエ 0–124 フィジー 
(1983年9月11日)
最大差敗戦試合
 ニュージーランド 91–3 フィジー 
(2005年6月10日)
ラグビーワールドカップ
出場回数 9 (1987年初出場)
最高成績 ベスト8 (1987, 2007)
テンプレートを表示

ラグビーフィジー代表は、フィジーラグビー協会によるラグビーユニオンナショナルチームである。愛称は「フライング・フィジアンズ」である。

概要[編集]

トンガサモアとともにパシフィック・トライネイションズを形成していた。

W杯では第1回でベスト8に進出し、変幻自在のパスワークとランニングからフィジアン・マジックとも呼ばれた。

2007年より元ワールドイリ・タブアが監督に就任。2007年大会では格上のウェールズ代表に勝利してベスト8に進出した。

2006年からパシフィック・ネーションズカップに参加している。

2020年オータム・ネーションズカップに参加[1]

試合前のウォークライはジンビ (Cibi)。

ワールドカップの成績[編集]

選手[編集]

現在の代表[編集]

フィジー代表スコッド[2]

※所属、 キャップ数(Cap)は2022年6月9日現在

ワールドラグビー男子ランキング[編集]

ワールドラグビーが発表するデータにもとづく。

上位30チーム(2022年8月15日時点)[3]
順位 変動* チーム ポイント
1 増減なし  アイルランド 090.03
2 増減なし  フランス 089.41
3 増減なし  南アフリカ共和国 087.78
4 増加1  ニュージーランド 087.76
5 減少1  イングランド 086.25
6 増加1  スコットランド 081.93
7 減少1  オーストラリア 081.65
8 増減なし  ウェールズ 081.28
9 増減なし  アルゼンチン 080.97
10 増減なし  日本 077.74
11 増減なし  サモア 075.75
12 増減なし  フィジー 075.08
13 増減なし  ジョージア 074.51
14 増減なし  イタリア 073.29
15 増減なし  スペイン 069.27
16 増減なし  トンガ 067.79
17 増減なし  ルーマニア 066.33
18 増減なし  ウルグアイ 065.97
19 増減なし  アメリカ合衆国 065.17
20 増減なし  ポルトガル 065.08
21 増減なし  チリ 061.24
22 増減なし  香港 061.03
23 増減なし  カナダ 060.99
24 増減なし  ナミビア 060.56
25 増減なし  ロシア 058.06
26 増減なし  ベルギー 055.97
27 増減なし  オランダ 053.69
28 増減なし  ブラジル 053.31
29 増減なし  ポーランド 053.03
30 増減なし  ドイツ 052.79
*前週からの変動
フィジーのランキングの推移

生のグラフデータを参照/編集してください.

出典: ワールドラグビー[3] - 推移グラフの最終更新: 2022年8月15日


かつての主な代表選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アイルランド×ウエールズで開幕。日本も参加を検討したオータム・ネーションズカップ日程発表 . ラグビー共和国(2020年9月11日). 2020年10月31日閲覧。
  2. ^ Fiji Rugby Unionのツイート 2022年6月6日 . Twitter. 2022年6月9日閲覧。
  3. ^ a b Men's World Rankings”. ワールドラグビー. 2022年8月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]