ラグビーカナダ代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラグビーカナダ代表
ユニオン カナダラグビー協会
愛称 メイプルリーフス
エンブレム メープルリーフ
グラウンド BMOフィールド
コーチ キーラン・クロウリー
主将 タイラー・アードロン
最多キャップ アーロン・カーペンター (80)
最多得点選手 ジェームス・プリチャード (607)
最多トライ選手 DTH・ファン・デル・メルヴァ (38)
ファーストカラー
セカンドカラー
初国際試合
 日本 9 – 8 カナダ 
(1932年1月31日)
最大差勝利試合
 カナダ 71 – 3 バルバドス 
(2006年6月24日)
最大差敗戦試合
 イングランド 70 – 0 カナダ 
(2004年11月13日)
ラグビーワールドカップ
出場回数 9 (1987年初出場)
最高成績 ベスト8(1991)
テンプレートを表示

ラグビーカナダ代表英語: Canada national rugby union team)は、カナダラグビー協会によるラグビーユニオンのナショナルチームである。愛称は「メイプルリーフス」である。

概要[編集]

ワールドカップには北アメリカ (北米)では唯一第9回大会まで連続出場していた。

第1回の1987年大会に招待された16か国の内の1つであり、初戦のトンガ戦でW杯初勝利をあげたがアイルランドとウェールズに敗れた。

1991年大会はフィジーとルーマニアを破り、予選プールを突破してベスト8の成績を残した。

1995年大会1999年大会2003年大会は予選プールで各1勝をあげたが突破はできなかった。

2007年大会では日本と同じプールBに入り、日本とは引き分けた。2011年大会でも日本と同じプールAに入り、引き分けた。

2019年大会の出場権は、2018年11月に世界最終予選でドイツ、香港、ケニアに勝利して獲得した。本大会では初戦からイタリアニュージーランド南アフリカに3連敗し、プール戦での敗退が決定した。最終のナミビア戦は10月13日に釜石鵜住居復興スタジアム行われる予定であったが、令和元年東日本台風(台風19号・ハギビス)の影響により中止となり、引き分け扱いとなった。カナダ代表チームは釜石の町に残り泥除去清掃などのボランティア活動を行った[1]

ワールドカップ2023出場権をかけた南北アメリカ地区予選では、2021年に敗者復活戦でチリに敗れて予選敗退となり、ワールドカップに初回から連続出場していた記録は9回でストップした[2]

ワールドカップの成績[編集]

  • 1987年 - プール戦敗退(1勝2敗)
  • 1991年 - ベスト8(プール2勝1敗、準々決勝13-29ニュージーランド)
  • 1995年 - プール戦敗退(1勝2敗)
  • 1999年 - プール戦敗退(1勝2敗)
  • 2003年 - プール戦敗退(1勝3敗)
  • 2007年 - プール戦敗退(1分3敗)
  • 2011年 - プール戦敗退(1勝1分2敗)
  • 2015年 - プール戦敗退(4敗)
  • 2019年 - プール戦敗退(1分3敗)
  • 2023年 - 予選敗退、出場ならず

ワールドラグビー男子ランキング[編集]

ワールドラグビーが発表するデータにもとづく。

上位30チーム(2022年11月28日時点)[3]
順位 変動* チーム ポイント
1 増減なし  アイルランド 090.63
2 増減なし  フランス 090.01
3 増減なし  ニュージーランド 088.98
4 増減なし  南アフリカ共和国 088.97
5 増減なし  イングランド 083.66
6 増加2  オーストラリア 081.80
7 減少1  スコットランド 081.55
8 減少1  アルゼンチン 080.72
9 増減なし  ウェールズ 078.09
10 増減なし  日本 077.39
11 増減なし  サモア 076.03
12 増減なし  イタリア 075.95
13 増減なし  ジョージア 075.19
14 増減なし  フィジー 074.84
15 増減なし  トンガ 071.21
16 増減なし  スペイン 067.17
17 増減なし  ウルグアイ 066.24
18 増減なし  ポルトガル 065.97
19 増減なし  アメリカ合衆国 065.92
20 増減なし  ルーマニア 064.79
21 増減なし  ナミビア 061.60
22 増減なし  チリ 060.89
23 増減なし  カナダ 060.46
24 増減なし  香港 059.66
25 増減なし  ロシア 058.06
26 増減なし  ベルギー 055.97
27 増減なし  ブラジル 055.23
28 増減なし  スイス 053.80
29 増減なし  オランダ 053.12
30 増減なし  ポーランド 053.03
*前週からの変動
カナダのランキングの推移

生のグラフデータを参照/編集してください.

出典: ワールドラグビー[3]
推移グラフの最終更新: 2022年11月28日


日本との関係[編集]

カナダは、ラグビー日本代表が初めて海外試合をした国である。日本代表としては、テストマッチの初めの3試合はカナダとの対戦である。

1930年(昭和5年)、ラグビー日本代表が初めて結成され、カナダに遠征[4]。その際に行われた7試合のうち6戦目、9月24日に行われたカナダのブリティッシュコロンビア州(BC州)代表との対戦が、初めてのテストマッチとなった[5][6]。試合結果は、双方1トライずつで3対3の引き分け(当時のトライは3点)[5]

1932年1月から2月にかけてカナダ代表が来日し、日本国内の各チームと7試合を実施した[7]。日本代表とのテストマッチは2回、4試合目と7試合目に行われた。4試合目1月31日に8対9[8]、7試合目2月11日には5対38[9]と、どちらもカナダ代表が敗れた。

歴代代表選手[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 試合中止のラグビーカナダ代表、釜石に残りボランティア活動 「ありがとう」感謝の声相次ぐハフポスト2019年10月13日
  2. ^ ウルグアイがアメリカを下し2023W杯出場権獲得 カナダはチリに屈し史上初の予選敗退 . ラグビー共和国(2021年10月10日). 2021年10月10日閲覧。
  3. ^ a b Men's World Rankings”. ワールドラグビー. 2022年11月28日閲覧。
  4. ^ ラグビー日本代表、初遠征! カナダで「全勝」? - ことばマガジン:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年11月10日閲覧。
  5. ^ a b ADEAC(アデアック):デジタルアーカイブシステム”. trc-adeac.trc.co.jp. 2021年11月10日閲覧。
  6. ^ テストマッチNo1 カナダ遠征1930第6戦”. trc-adeac.trc.co.jp. 2021年11月10日閲覧。
  7. ^ テストマッチNo3 カナダ代表第1回来日第7戦”. trc-adeac.trc.co.jp. 2021年11月10日閲覧。
  8. ^ ADEAC(アデアック):デジタルアーカイブシステム”. trc-adeac.trc.co.jp. 2021年11月10日閲覧。
  9. ^ ADEAC(アデアック):デジタルアーカイブシステム”. trc-adeac.trc.co.jp. 2021年11月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]