ラグビーワールドカップ1987

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラグビーワールドカップ1987
概要
開催国  ニュージーランド
オーストラリアの旗 オーストラリア
期間 1987年5月22日 – 6月20日
出場国数 16か国
最終結果
優勝国 Gold medal blank.svg  ニュージーランド
準優勝国 Silver medal blank.svg  フランス
統計
試合数 32
観客動員数 604,500人 (1試合平均18,891人)
最多得点選手 ニュージーランドの旗 グラント・フォックス (126得点)
最多トライ選手 ニュージーランドの旗 クレイグ・グリーン (6トライ)
ニュージーランドの旗 ジョン・カーワン (6トライ)
1991

ラグビーワールドカップ1987は、1987年5月22日から6月20日まで、ニュージーランドオーストラリアの共催により開催された第1回ラグビーワールドカップ。この大会は両国の協会による招待大会として開催された。

タイトルスポンサーは国際電信電話株式会社(タイトルスポンサーは第1回のみ)[1]

招待国[編集]

まずIRBオリジナル国であるイングランド、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、フランスの5ヶ国に枠を与えた。ただし、南アフリカ共和国は、アパルトヘイトのため招待されなかった。

残る9ヶ国は、アルゼンチン、フィジー、イタリア、カナダ、ルーマニア、トンガ、日本、ジンバブエ、米国となった。一方で強豪とされていた西サモアなどが選出されず物議を醸した。また、当初招待国に入っていたソビエト連邦は、南アフリカがIRBから除名されないことに抗議し拒否した[2]

プールステージ[編集]

プール1[編集]

Team P W D L PF PA Pts
 オーストラリア 3 3 0 0 108 41 6
 イングランド 3 2 0 1 100 32 4
 アメリカ合衆国 3 1 0 2 39 99 2
 日本 3 0 0 3 48 123 0

プール2[編集]

Team P W D L PF PA Pts
 ウェールズ 3 3 0 0 82 31 6
 アイルランド 3 2 0 1 84 41 4
 カナダ 3 1 0 2 65 90 2
 トンガ 3 0 0 3 29 98 0

プール3[編集]

Team P W D L PF PA Pts
 ニュージーランド 3 3 0 0 190 34 6
 フィジー 3 1 0 2 56 101 2
 イタリア 3 1 0 2 40 110 2
 アルゼンチン 3 1 0 2 49 90 2

フィジーは最多トライにより予選通過 (フィジー 6, イタリア 5, アルゼンチン 4)

プール4[編集]

Team P W D L PF PA Pts
 フランス 3 2 1 0 145 44 5
 スコットランド 3 2 1 0 135 69 5
 ルーマニア 3 1 0 2 61 130 2
 ジンバブエ 3 0 0 3 53 151 0

決勝トーナメント[編集]

 
準々決勝準決勝決勝
 
          
 
6月6日 - クライストチャーチ
 
 
ニュージーランドの旗 ニュージーランド30
 
6月14日 - ブリスベン
 
スコットランドの旗 スコットランド3
 
ニュージーランドの旗 ニュージーランド49
 
6月8日 - ブリスベン
 
ウェールズの旗 ウェールズ6
 
ウェールズの旗 ウェールズ16
 
6月20日 - オークランド
 
イングランドの旗 イングランド3
 
ニュージーランドの旗 ニュージーランド29
 
6月7日 - オークランド
 
フランスの旗 フランス9
 
フランスの旗 フランス31
 
6月13日 - シドニー
 
フィジーの旗 フィジー16
 
フランスの旗 フランス30
 
6月7日 - シドニー
 
オーストラリアの旗 オーストラリア24 3位決定戦
 
オーストラリアの旗 オーストラリア33
 
6月18日 - ロトルア
 
アイルランドの旗 アイルランド15
 
ウェールズの旗 ウェールズ22
 
 
オーストラリアの旗 オーストラリア21
 

決勝[編集]

6月20日
15:00 NZT (UTC+12)
ニュージーランド  29-9  フランス イーデン・パーク, オークランド
レフリー: ケリー・フィッツジェラルド (オーストラリア協会)
Tries: Jones
Kirk
Kirwan
Con: Fox
Pen: Fox (4)
Drop: Fox
Report Try: Berbizier
Con: Camberabero
Pen: Camberabero
 1987 ワールドカップ優勝国 

ニュージーランド
初優勝

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 小林深緑郎. “ラグビーワールドカップを巡る旅。 1987年NZ・オーストラリア共催大会。”. ラグビー共和国. 2016年1月21日閲覧。
  2. ^ Alexander Fedorets. “Russians target 2011 World Cup” (英語). The M&G Online. 2016年1月21日閲覧。

外部リンク[編集]