ラグビースコットランド代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラグビースコットランド代表
ユニオン スコットランドラグビー協会
エンブレム アザミ
グラウンド マレーフィールド・スタジアム
コーチ グレガー・タウンセンド
主将 スチュアート・ホッグ
最多キャップ ロス・フォード (111)
最多得点選手 クリス・パターソン (809)
最多トライ選手 イアン・スミス &
トニー・スタンガー (24)
ファーストカラー
セカンドカラー
初国際試合
 スコットランド 1 – 0 イングランド 
(1871年3月27日)
最大差勝利試合
 スコットランド 100 – 8 日本 
(2004年11月13日)
最大差敗戦試合
 スコットランド 10 – 68 南アフリカ共和国 
(1997年12月6日)
ラグビーワールドカップ
出場回数 10 (1987年初出場)
最高成績 4位 (1991年)
テンプレートを表示

ラグビースコットランド代表 (英語: Scotland national rugby union team) は、スコットランドラグビー協会によるラグビーユニオンナショナルチームである。エンブレムは、スコットランド国花であるアザミ

概要[編集]

スコットランドは、ワールドラグビー史上初のテストマッチ(国際試合)勝利国である。1871年3月27日、イングランドを相手に、スコットランドのレイバーンプレイス競技場で初めてテストマッチが行われた。スコットランドが2トライ1ゴール、イングランドが1トライで、1対0でスコットランドが勝利した(当時はトライ0点、ゴール1点だった[1])。

ホームスタジアムは、1897年からエディンバラインバーリース競技場だったが、1925年に同じくエディンバラに新設したマレーフィールド・スタジアムに移った。

ヨーロッパの6カ国が参加する国際ラグビー大会シックス・ネイションズの創設国の1つ。イングランドアイルランドウェールズとの4か国合同チームであるブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズにも参加している。

ワールドカップでの成績は、主将ギャヴィン・ヘイスティングスやジョン・ジェフリーなどを擁して臨んだ1991年の4位が最高である。

ワールドカップ2019では、台風19号あけのプール最終戦まで もつれた[2][3]ベスト8進出を賭けて日本と対決したが、21-28でプール3位となり敗退した[4][5]。スコットランドの地元紙ザ・スコッツマンの記者アラン・マッシーは、「この試合はどんな勝利よりも記憶に残る試合だ」とし、「スコットランドの負けを嘆くよりも日本を称えよう」と述べた[6]。この大会で着用されたジャージは、襟(えり)から肩にかけて、長崎で作られた「長崎タータン」のチェック柄の生地が使われていた[7][8]

2021年11月20日、ワールドカップ2019から2年1か月ぶりに日本代表とホームスタジアムで対戦し[9]、日本を1トライに抑え込み29-20で勝利した[10]

成績[編集]

シックス・ネイションズ[編集]

 
イングランド

フランス

アイルランド

イタリア

スコットランド

ウェールズ
試合数 125 92 127 22 127 127
単独優勝 (同時優勝)
ホーム・ネイションズ 5 (4) N/A 4 (3) N/A 9 (2) 7 (3)
ファイブ・ネイションズ 17 (6) 12 (8) 6 (5) N/A 5 (6) 15 (8)
シックス・ネイションズ 7 6 4 0 0 6
合計 29 (10) 18 (8) 14 (8) 0 (0) 14 (8) 28 (11)
グランドスラム英語版
ホーム・ネイションズ 0 N/A 0 N/A 0 2
ファイブ・ネイションズ 11 6 1 N/A 3 6
シックス・ネイションズ 2 4 2 0 0 4
合計 13 10 3 0 3 12
トリプルクラウン英語版
ホーム・ネイションズ 5 N/A 2 N/A 7 6
ファイブ・ネイションズ 16 N/A 4 N/A 3 11
シックス・ネイションズ 5 N/A 6 N/A 0 5
合計 26 N/A 12 N/A 10 22
ウッデン・スプーン
ホーム・ネイションズ 7 N/A 10 N/A 5 2
ファイブ・ネイションズ 10 9 15 N/A 15 6
シックス・ネイションズ 0 1 0 17 4 1
合計 17 10 25 17 24 9

ラグビーワールドカップ[編集]

選手[編集]

現在の代表[編集]

スコットランド代表スコッド[11]

※所属、 キャップ数(Cap)は2022年6月9日現在

ワールドラグビー男子ランキング[編集]

ワールドラグビーが発表するデータにもとづく。

上位30チーム(2022年6月20日時点)[12]
順位 変動* チーム ポイント
1 増減なし  南アフリカ共和国 090.61
2 増減なし  フランス 088.88
3 増減なし  ニュージーランド 088.75
4 増減なし  アイルランド 088.22
5 増減なし  イングランド 084.50
6 増減なし  オーストラリア 083.92
7 増減なし  スコットランド 081.80
8 増減なし  アルゼンチン 080.58
9 増減なし  ウェールズ 079.28
10 増減なし  日本 078.26
11 増減なし  フィジー 076.62
12 増減なし  ジョージア 073.78
13 増減なし  サモア 073.59
14 増減なし  イタリア 072.33
15 増減なし  スペイン 068.26
16 増減なし  トンガ 067.72
17 増減なし  ルーマニア 066.95
18 増減なし  アメリカ合衆国 066.54
19 増減なし  ウルグアイ 066.40
20 増減なし  ポルトガル 065.72
21 増減なし  カナダ 061.80
22 増減なし  香港 061.23
23 増減なし  チリ 059.88
24 増減なし  ナミビア 059.72
25 増減なし  ロシア 058.06
26 増減なし  オランダ 056.31
27 増減なし  ベルギー 056.18
28 増減なし  ブラジル 053.31
29 増減なし  韓国 053.11
30 増減なし  ポーランド 052.91
*前週からの変動
スコットランドのランキングの推移

生のグラフデータを参照/編集してください.

出典: ワールドラグビー[12] - 推移グラフの最終更新: 2022年6月20日


脚注[編集]

  1. ^ i018fe (2019年11月29日). “ラグビーはなぜ「ゴール」でなく「トライ」というのか |” (日本語). rugbyspreads.com. 2021年11月13日閲覧。
  2. ^ ルール無視のスコットランド、度重なる批判に国際統括団体が声明文「失望している」” (日本語). THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト. 2021年11月12日閲覧。
  3. ^ スコットランド協会に罰金処分、台風めぐる不適切発言で” (日本語). www.afpbb.com. 2021年11月12日閲覧。
  4. ^ 日本が歴史的なラグビーW杯8強、スコットランドを撃破” (日本語). www.afpbb.com. 2021年11月12日閲覧。
  5. ^ JRFU. “ラグビーワールドカップ2019 プールA第4戦 |大会・試合情報|日本ラグビーフットボール協会|RUGBY:FOR ALL「ノーサイドの精神」を、日本へ、世界へ。” (日本語). www.rugby-japan.jp. 2021年11月13日閲覧。
  6. ^ 「日本は別世界の戦いをした」ラグビーW杯8強、日本称える英メディア スコットランド戦” (日本語). NewSphere. 2021年11月13日閲覧。
  7. ^ ラグビー日本代表との激闘の裏にあった スコットランド代表と長崎県の絆|一筆太郎@SiNCE2020|note” (日本語). note(ノート). 2021年11月12日閲覧。
  8. ^ 【ラグビーW杯】ジャージに注目 スコットランドと長崎、タータンチェックがつなぐ縁(石戸諭) - 個人” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年11月12日閲覧。
  9. ^ Scotland v Japan” (英語). Scottish Rugby Union. 2021年11月13日閲覧。
  10. ^ なぜラグビー日本代表はW杯日本大会では勝利したスコットランドに20-29で惜敗したのか?(Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年11月21日閲覧。
  11. ^ GRANT GILCHRIST TO CAPTAIN SCOTLAND ON SUMMER TOUR OF CHILE AND ARGENTINA . Scottishrugby(2022年6月8日). 2022年6月9日閲覧。
  12. ^ a b Men's World Rankings”. ワールドラグビー. 2022年6月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]