ラグビーワールドカップ1991

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラグビーワールドカップ1991
概要
開催国  イングランド
フランスの旗 フランス
ウェールズの旗 ウェールズ
スコットランドの旗 スコットランド
期間 1991年10月3日 – 11月2日
出場国数 16ヶ国 (予選出場33ヶ国)
最終結果
優勝国 Gold medal blank.svg  オーストラリア
準優勝国 Silver medal blank.svg  イングランド
統計
試合数 32
観客動員数 1,007,760人 (1試合平均31,493人)
最多得点選手 ラルフ・キース (68得点) (アイルランド)
最多トライ選手 フランスの旗 ジャンバティスト・ラフォン (6得点)
オーストラリアの旗 デイヴィッド・キャンピージ (6得点)
1987
1995

ラグビーワールドカップ1991は、1991年10月3日から11月2日まで、イングランドを中心に、フランスウェールズスコットランドアイルランドにまたがって開催された第2回ラグビーワールドカップ

この大会から国際ラグビー評議会主催となり、大陸予選も行われている。

日本がこの大会でジンバブエ相手に挙げた勝利がW杯での初勝利となっている。

プールステージ[編集]

プールA[編集]

Team 勝点
 ニュージーランド 3 0 0 95 39 9
 イングランド 2 0 1 85 33 7
 イタリア 1 0 2 57 76 5
 アメリカ合衆国 0 0 3 24 113 3

プールB[編集]

Team 勝点
 スコットランド 3 0 0 122 36 9
 アイルランド 2 0 1 102 51 7
 日本 1 0 2 77 87 5
 ジンバブエ 0 0 3 31 158 3

プールC[編集]

Team 勝点
 オーストラリア 3 0 0 79 25 9
 サモア 2 0 1 54 34 7
 ウェールズ 1 0 2 32 61 5
 アルゼンチン 0 0 3 38 83 3

プールD[編集]

Team 勝点
 フランス 3 0 0 82 25 9
 カナダ 2 0 1 45 33 7
 ルーマニア 1 0 2 31 64 5
 フィジー 0 0 3 27 63 3

決勝トーナメント[編集]

 
準々決勝準決勝決勝
 
          
 
10月19日 - エディンバラ
 
 
 スコットランド28
 
10月26日 - エディンバラ
 
 サモア6
 
 イングランド9
 
10月19日 - パリ
 
 スコットランド6
 
 イングランド19
 
11月2日 - ロンドン,トゥイッケナム
 
 フランス10
 
 オーストラリア12
 
10月20日 - ダブリン
 
 イングランド6
 
 オーストラリア19
 
10月27日 - ダブリン
 
 アイルランド18
 
 オーストラリア16
 
10月20日 - ヴィルヌーヴ・ダスク
 
 ニュージーランド6 3位決定戦
 
 ニュージーランド29
 
10月30日 - カーディフ
 
 カナダ13
 
 ニュージーランド13
 
 
 スコットランド6
 

決勝[編集]

11月2日
14:30 GMT (UTC+00)
オーストラリア  12–6  イングランド トゥイッケナム・スタジアム, ロンドン
審判: デレク・ベヴァン (ウェールズ協会)
Tries: Daly
Con: Lynagh
Pen: Lynagh (2)
Report Pen: Webb (2)
 1991 ワールドカップ優勝国 

オーストラリア
初優勝

外部リンク[編集]