ラグビーサモア代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラグビーサモア代表
ユニオン サモアラグビー協会
愛称 マヌ・サモア
エンブレム 南十字星
コーチ スティーブン・ベサム
主将 オフィサ・トレビラヌス
最多キャップ ブライアン・リマ (64)
最多得点選手 Earl Va'a (172)
最多トライ選手 ブライアン・リマ (29)
チームカラー
チェンジカラー
初国際試合
 西サモア 0 – 6 フィジー 
(1924年8月18日)
最大差勝利試合
 サモア 115 – 7 パプアニューギニア 
(2009年7月11日)
最大差敗戦試合
 ニュージーランド 101 – 14 サモア 
(2008年9月3日)
ラグビーワールドカップ
出場回数 7 (1991年初出場)
最高成績 ベスト8, 1991, 1995
テンプレートを表示

ラグビーサモア代表は、サモアラグビー協会によるラグビーのナショナルチームである。愛称は「マヌ・サモア」 (Manu Samoa) である。

概要[編集]

フィジートンガとともにパシフィック・トライネイションズを形成していた。

ワールドカップ1991年大会以来連続で出場しており、ベスト8が最高。

パシフィック・トライネイションズ1982年の第1回と最後の大会となった2005年など9回優勝している。

2006年からパシフィック・ネーションズカップに参加している。

ウォークライはシバタウ。

ワールドカップの成績[編集]

外部リンク[編集]