ラグビーロシア代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラグビーロシア代表
ユニオン ロシアラグビー協会
愛称 ベアーズ
エンブレム ロシアンベアー英語版ロシア語版
グラウンド ソチ セントラル スタジアム英語版ロシア語版
コーチ ウェールズの旗リン・ジョーンズ英語版
主将 ヴァシリー・アルテミエフ英語版ロシア語版
最多キャップ ユーリ・クシュナレフ英語版ロシア語版 (106)
最多得点選手 ユーリ・クシュナレフ (758)
チームカラー
チェンジカラー
初国際試合
バーバリアンズ 23 – 27 ロシア 
(1992年6月6日)
 ベルギー 11 – 17 ロシア 
(1992年10月11日)
最大差勝利試合
 デンマーク 7 – 104 ロシア 
(2000年5月13日)
最大差敗戦試合
 ロシア 3 – 75 日本 
(2010年11月6日)
ラグビーワールドカップ
出場回数 2 (2011年初出場)
最高成績 プール戦 5位 (20112019
テンプレートを表示

ラグビーロシア代表: Сборная России по регби, : Russia national rugby union team)は、ロシアラグビー協会によるラグビーユニオンのナショナルチームである。

本項では1992年以前のソビエト連邦と1992年の連合チームも一緒に扱う。

歴史[編集]

1936年にソビエト連邦代表として初めてテストマッチを戦った。1991年のソ連崩壊後は独立国家共同体チームを経て、1992年6月6日にロシア代表としてバーバリアンズとの国際試合を戦った。

1987年の第1回ワールドカップには当初招待されていたが、南アフリカ共和国アパルトヘイトを理由に大会参加を認められていないにも関わらずIRB常任理事国に名を連ねていたため、参加を拒否した。

2000-2001、2001-2002欧州ネイションズカップで連続して3位に入ったが、2003年大会欧州予選は出場資格のない南アフリカ人を起用したため、IRBから失格処分を受けた[1]

2007年大会予選はイタリアポルトガルに敗れたが、本大会直前である2007年8月31日時点のIRBランキングを見ると、ワールドカップ未出場国では最上位の19位だった。

2010年10月東京で開催された日本戦で3対75の大敗を喫し、これはロシアの最大差敗戦試合として記録されている[2]

2011年大会でヨーロッパ予選2位となり悲願の本大会切符を獲得したものの、プール戦で全敗し、決勝トーナメントに進出できなかった。

2015年大会ヨーロッパ予選3位となり、敗者復活の大陸間プレーオフ決勝に進出した。ウルグアイ相手に1勝1敗だったものの、総得点で敗れ本大会を逃した。

2019年大会ヨーロッパ予選でも3位になるが、予選1位のルーマニア、予選2位のスペインに代表資格を持たない選手がメンバーに含まれる規定違反があったので繰り上げで本大会切符を獲得した[3]。本大会では、開催国・日本との開幕戦を戦い、その大会で最初のトライを奪って7-0とする善戦を見せた。前半は7-12と格上の日本相手に5点ビハインドで折り返す粘りを見せたが、その後の日本の波状攻撃を受け、10-30と敗れた。続くサモア戦では9-34、アイルランド戦とスコットランド戦ではそれぞれ35-0、61-0と完封負けを喫して全敗し、プール戦5位(最下位)で本大会を去った。

ワールドカップの成績[編集]

出典[編集]

  1. ^ 気骨あるグルジア人  竹中 清(スポーツライター) . ラグビー共和国. 2018年6月7日閲覧。
  2. ^ Russia - Team Guide - Rugby World Cup” (英語). ITV. 2013年9月21日閲覧。
  3. ^ ラグビーW杯、欧州代表ロシアで変わらず 開幕戦で日本と対戦 . 日本経済新聞(2018年6月7日). 2018年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]