ラグビー南アフリカ共和国代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラグビー南アフリカ共和国代表
ユニオン 南アフリカラグビー協会
愛称 スプリングボクス
エンブレム スプリングボック,プロテア
コーチ 南アフリカ共和国の旗 ジャック・ニーナバー
主将 南アフリカ共和国の旗 シヤ・コリシ
最多キャップ ヴィクター・マットフィールド (127)
最多得点選手 パーシー・モンゴメリ (893)
最多トライ選手 ブライアン・ハバナ (67)
ファーストカラー
セカンドカラー
初国際試合
Flag of the Cape Colony (1876–1910).svg ケープ植民地 0 - 4 ブリテン諸島 イギリスの旗
(1891年7月30日)
最大差勝利試合
 南アフリカ共和国 134 - 3 ウルグアイ 
(2005年6月11日)
最大差敗戦試合
 ニュージーランド 57 - 0 南アフリカ共和国 
(2017年9月16日)
ラグビーワールドカップ
出場回数 8 (1995年初出場)
最高成績 優勝(199520072019)
テンプレートを表示

ラグビー南アフリカ共和国代表(ラグビーみなみアフリカきょうわこくだいひょう)は、南アフリカ共和国におけるラグビーユニオンナショナルチーム。愛称は「スプリングボクス」(Springboks)である。

概要[編集]

初のテストマッチは1891年7月30日ブリティッシュ・ライオンズ戦。ユニフォームの胸にある、南アフリカに生息するガゼル属の仲間スプリングボックのマークから、スプリングボクスと呼ばれるようになった。もともと伝統的にラグビー強豪国であったが、アパルトヘイトにより国際社会から制裁を受け、国際舞台から遠ざかっていた。そのためラグビーワールドカップ第1回第2回は不参加であった。また、スプリングボクスはアパルトヘイトの象徴として見られ、富裕層の白人には人気があったが、貧困層とされるほとんどの黒人に不人気であり、ラグビーよりもサッカーの方が人気があったという。

その後、アパルトヘイトが終わり、国際舞台に復帰することになる。1995年にW杯を自国で開催し初出場、そして初優勝を果たす(初出場初優勝は初回を除き史上唯一)。また、2007年大会で2度目の優勝を、2019年大会で史上最多タイとなる3度目の優勝を果たした。一次リーグではニュージーランド代表に敗れたが、一次リーグで黒星を喫したチームの優勝は史上初である。

ニュージーランド代表(オールブラックス)、オーストラリア代表(ワラビーズ)と開催しているトライネイションズでは1998年、2004年と2009年に優勝。2012年からアルゼンチン代表(ロス・プーマス)が加わりザ・ラグビーチャンピオンシップと改称している。

2015年に入りザ・ラグビーチャンピオンシップでアルゼンチンに史上初めて敗れるなど3戦3敗の最下位に終わった。ラグビーワールドカップ2015でも9月19日のプールBの開幕戦でW杯で過去僅か1勝の日本代表(ブレイブブロッサムズ)に32-34で敗れた(詳細はラグビーワールドカップ2015日本対南アフリカを参照)。なお、AFPはW杯史上最も衝撃的な結果、イギリスのPAスポーツはスポーツ史上最大の番狂わせと報じた[1][2]。2015年W杯は決勝トーナメントの準決勝でオールブラックスに敗れ3位に終わった。

2019年秋に開催されたラグビーワールドカップ2019では一次リーグ初戦のニュージーランドには敗れるもその後は負けることなく、決勝ではイングランドを32-12で破って3大会ぶり3度目の優勝を果たし、オールブラックスの優勝回数に並ぶこととなった。これを受け、世界ランキングは3位から1位へと浮上した。世界ランク1位となるのは2009年11月16日以来10年ぶりのことである。

成績[編集]

上位20チーム(2022年11月21日時点)[3]
順位 変動* チーム ポイント
1 増減なし  アイルランド 090.63
2 増減なし  フランス 090.01
3 増減なし  ニュージーランド 088.98
4 増減なし  南アフリカ共和国 088.01
5 増減なし  イングランド 084.62
6 増加3  スコットランド 081.55
7 減少1  アルゼンチン 080.72
8 増減なし  オーストラリア 080.64
9 減少2  ウェールズ 079.26
10 増減なし  日本 077.39
11 増加1  サモア 076.03
12 減少1  イタリア 075.95
13 増加1  ジョージア 075.19
14 減少1  フィジー 074.84
15 増減なし  トンガ 071.21
16 増加1  スペイン 067.17
17 減少1  ウルグアイ 066.24
18 増減なし  ポルトガル 065.97
19 増減なし  アメリカ合衆国 065.92
20 増減なし  ルーマニア 064.79
21 増加2  ナミビア 061.60
22 増減なし  チリ 060.89
23 減少2  カナダ 060.46
24 増減なし  香港 059.66
25 増減なし  ロシア 058.06
26 増減なし  ベルギー 055.97
27 増減なし  ブラジル 055.23
28 増減なし  スイス 053.80
29 増減なし  オランダ 053.12
30 増減なし  ポーランド 053.03
*前週からの変動
南アフリカ共和国のランキングの推移

生のグラフデータを参照/編集してください.

出典: ワールドラグビー[3]
推移グラフの最終更新: 2022年11月21日

ラグビーワールドカップ[編集]

トライネーションズとザ・ラグビーチャンピオンシップ[編集]

トライネーションズ (1996–2011; 2020)
国/地域 試合 ポイント ボーナス
ポイント
テーブル
ポイント
優勝
回数
P 得点 失点
 ニュージーランド 76 52 0 24 2054 1449 +605 35 243 11
 オーストラリア 76 30 3 43 1591 1817 −226 34 160 3
 南アフリカ共和国 72 28 1 43 1480 1831 −351 24 138 3
 アルゼンチン 4 1 2 1 56 84 –28 0 8 0
出典:  lassen.co.nz – Tri-Nations, Australia, New Zealand, South Africa

ボーナスポイントはT – 4*W − 2*Dとして算出。T=テーブルポイント、W=勝利数、D=引き分け数

ザ・ラグビーチャンピオンシップ (2012-)
国/地域 試合 ポイント ボーナス
ポイント
テーブル
ポイント
優勝
回数
P 得点 失点
 ニュージーランド 46 41 2 5 1641 855 +786 31 199 7
 南アフリカ共和国 46 22 4 22 1200 1102 +98 22 118 1
 オーストラリア 46 23 3 22 1112 1251 −139 11 109 1
 アルゼンチン 42 5 1 42 826 1571 −745 11 33 0
更新: 2021年10月2日
出典:  lassen.co.nz – TRC, Argentina, Australia, New Zealand, South Africa
ボーナスポイントはT – 4*W − 2*Dとして算出。T=テーブルポイント、W=勝利数、D=引き分け数
トライネーションズとザ・ラグビーチャンピオンシップを含めた全期間 (1996–)
国/地域 試合 ポイント ボーナス
ポイント
テーブル
ポイント
優勝
回数
P 得点 失点
 ニュージーランド 124 93 2 29 3695 2304 +1391 66 432 18
 オーストラリア 124 53 6 65 2703 3068 −365 45 267 4
 南アフリカ共和国 120 50 5 65 2680 2933 −253 46 244 4
 アルゼンチン 52 6 3 43 882 1655 −773 11 41 0
更新:2021年10月2日
ボーナスポイントはT – 4*W − 2*Dとして算出。T=テーブルポイント、W=勝利数、D=引き分け数

選手[編集]

現在の代表[編集]

スプリングボクススコッド[4]

※所属、 キャップ数(Cap)は2022年10月30日現在

歴代代表選手[編集]

キャプテン[編集]

人種別の割り当て比率について[編集]

2014年4月、南アフリカのスポーツ省はスプリングボクスを含む南アフリカのスポーツの代表チームについて黒人選手の割り当てを従来までの50%から60%に引き上げることを決定し、これに従わない競技団体は強化費用の提供停止や国際大会への出場を禁止すると発表した。なお、南アフリカ共和国のラグビー協会は詳しい説明を求めると報じられている[5]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]