ラグビーフランス代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラグビーフランス代表
ユニオン フランスラグビー連盟
愛称 レ・ブル
エンブレム le coq gaulois
コーチ フィリップ・サンタンドレ
主将 ティエリ・デュソトワール
最多キャップ Fabien Pelous (118)
最多得点選手 フレデリック・ミシャラク (422)
最多トライ選手 セルジュ・ブランコ (38)
チームカラー
チェンジカラー
初国際試合
 フランス 8–38 ニュージーランド 
(1906年1月1日)
最大差勝利試合
 フランス 99-7 ブラジル 
(1974年6月7日)
最大差敗戦試合
 ニュージーランド 61–10 フランス 
(2007年6月9日)
ラグビーワールドカップ
出場回数 8 (1987年初出場)
最高成績 準優勝, 1987, 1999, 2011
テンプレートを表示

ラグビーフランス代表 (フランス語: Équipe de France de rugby à XV) は、フランスラグビー連盟によるラグビーユニオンのナショナルチームである。愛称はレ・ブル (Les Bleus) である。

概要[編集]

最初のテストマッチ1906年1月1日ニュージーランド戦であった(8-38)。

1910年よりシックス・ネイションズ(当時はファイブ・ネイションズ)に加入。1932年、フランス国内のラグビー人気の過熱によりクラブ同士の選手の金銭による引き抜きが相次ぎ、プロ化の問題から一度除外されるが、第二次世界大戦後1947年に復帰し現在に至る。締め出された当時にIRBに対抗するために国際アマチュア・ラグビー連盟(現在のラグビーヨーロッパ)を設立した。

フレア溢れるランニングとパスプレーを得意として、次々とフォローが湧き出しパスがつながるところから「シャンパンラグビー」と称される。南アフリカニュージーランドオーストラリアの南半球3強全てから10勝以上を挙げているのは(当事者を除くと)フランスのみである。ホームスタジアムはパリ北郊のサン=ドニにあるスタッド・ド・フランス

W杯では1987年1999年2011年 の準優勝が最高。自国開催の2007年大会で初優勝を狙ったものの、準決勝でイングランドに惜敗。3位決定戦でもアルゼンチンに敗れ、4位に終わっている。

2010年のシックス・ネイションズではグランドスラムを達成し、フランスのシックス・ネイションズ(当時はファイブ・ネイションズ)加盟100周年に花を添えた。

ワールドカップの成績[編集]

歴代代表選手[編集]

外部リンク[編集]