ラグビーフランス代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラグビーフランス代表
ユニオン フランスラグビー連盟
愛称 レ・ブル
キャンズ・ドゥ・フランス
エンブレム le coq gaulois
コーチ ファビアン・ガルティエ
主将 アントワン・デュポン
最多キャップ ファビアン・プロース (118)
最多得点選手 フレデリック・ミシャラク (436)
最多トライ選手 セルジュ・ブランコ (38)
ファーストカラー
セカンドカラー
初国際試合
 フランス 8–38 ニュージーランド 
(1906年1月1日)
最大差勝利試合
 フランス 99-7 ブラジル 
(1974年6月7日)
最大差敗戦試合
 ニュージーランド 61–10 フランス 
(2007年6月9日)
ラグビーワールドカップ
出場回数 10 (1987年初出場)
最高成績 準優勝 (1987, 1999, 2011)
テンプレートを表示

ラグビーフランス代表 (フランス語: Équipe de France de rugby à XV) は、フランスラグビー連盟によるラグビーユニオンのナショナルチームである。愛称はレ・ブル (Les Bleus)及びキャンズ・ドゥ・フランス(XV de France)である。

概要[編集]

最初のテストマッチ1906年1月1日ニュージーランド戦であった(8-38)。

1910年よりシックス・ネイションズ(当時はファイブ・ネイションズ)に加入。1932年、フランス国内のラグビー人気の過熱によりクラブ同士の選手の金銭による引き抜きが相次ぎ、プロ化の問題から一度除外されるが、第二次世界大戦後1947年に復帰し現在に至る。締め出された当時にIRBに対抗するために国際アマチュア・ラグビー連盟(現在のラグビーヨーロッパ)を設立した。

フレア溢れるランニングとパスプレーを得意として、次々とフォローが湧き出しパスがつながるところから「シャンパンラグビー」と称される。南アフリカニュージーランドオーストラリアの南半球3強全てから10勝以上を挙げているのは(当事者を除くと)フランスのみである。ホームスタジアムはパリ北郊のサン=ドニにあるスタッド・ド・フランス、練習場はパリ南郊のフランス国立ラグビーセンター英語版である。

W杯では1987年1999年2011年 の準優勝が最高。自国開催の2007年大会で初優勝を狙ったものの、準決勝でイングランドに惜敗。3位決定戦でもアルゼンチンに敗れ、4位に終わっている。

2010年のシックス・ネイションズではグランドスラムを達成し、フランスのシックス・ネイションズ(当時はファイブ・ネイションズ)加盟100周年に花を添えた。2020年のシックス・ネイションズではスコットランド以外の4カ国に勝利を挙げるも、得失点差でイングランド (共に勝ち点18)を上回れず準優勝となった[1]

成績[編集]

シックス・ネイションズ[編集]

 
イングランド

フランス

アイルランド

イタリア

スコットランド

ウェールズ
試合数 125 92 127 22 127 127
単独優勝 (同時優勝)
ホーム・ネイションズ 5 (4) N/A 4 (3) N/A 9 (2) 7 (3)
ファイブ・ネイションズ 17 (6) 12 (8) 6 (5) N/A 5 (6) 15 (8)
シックス・ネイションズ 7 6 4 0 0 6
合計 29 (10) 18 (8) 14 (8) 0 (0) 14 (8) 28 (11)
グランドスラム英語版
ホーム・ネイションズ 0 N/A 0 N/A 0 2
ファイブ・ネイションズ 11 6 1 N/A 3 6
シックス・ネイションズ 2 4 2 0 0 4
合計 13 10 3 0 3 12
トリプルクラウン英語版
ホーム・ネイションズ 5 N/A 2 N/A 7 6
ファイブ・ネイションズ 16 N/A 4 N/A 3 11
シックス・ネイションズ 5 N/A 6 N/A 0 5
合計 26 N/A 12 N/A 10 22
ウッデン・スプーン
ホーム・ネイションズ 7 N/A 10 N/A 5 2
ファイブ・ネイションズ 10 9 15 N/A 15 6
シックス・ネイションズ 0 1 0 17 4 1
合計 17 10 25 17 24 9

ラグビーワールドカップ[編集]

選手[編集]

現在の代表[編集]

フランス代表スコッド[2]

※所属、 キャップ数(Cap)は2022年6月21日現在

ワールドラグビー男子ランキング[編集]

ワールドラグビーが発表するデータにもとづく。

上位30チーム(2022年7月4日時点)[3]
順位 変動* チーム ポイント
1 増減なし  南アフリカ共和国 090.61
2 増加1  ニュージーランド 089.72
3 減少1  フランス 089.24
4 増減なし  アイルランド 087.25
5 増加1  オーストラリア 084.68
6 減少1  イングランド 083.74
7 増加1  アルゼンチン 081.40
8 減少1  スコットランド 080.98
9 増減なし  ウェールズ 079.28
10 増減なし  日本 077.90
11 増減なし  フィジー 076.62
12 増加2  イタリア 074.02
13 減少1  ジョージア 073.78
14 減少 1  サモア 073.59
15 増減なし  スペイン 068.26
16 増減なし  トンガ 067.72
17 増加1  アメリカ合衆国 066.54
18 増加1  ウルグアイ 066.40
19 減少2  ルーマニア 066.95
20 増減なし  ポルトガル 065.08
21 増減なし  カナダ 062.01
22 増減なし  香港 061.23
23 増減なし  チリ 059.88
24 増減なし  ナミビア 059.72
25 増減なし  ロシア 058.06
26 増減なし  ベルギー 055.97
27 増減なし  ジンバブエ 054.96
28 増減なし  オランダ 053.69
29 増減なし  ブラジル 053.31
30 増減なし  韓国 053.11
*前週からの変動
フランスのランキングの推移

生のグラフデータを参照/編集してください.

出典: ワールドラグビー[3] - 推移グラフの最終更新: 2022年7月4日


歴代代表選手[編集]

出典[編集]

  1. ^ GUINNESS SIX NATIONS TABLE - GUINESS SIX NATIONS
  2. ^ La liste des 42 pour la Tournée au Japon . ffr(2022年6月20日). 2022年6月21日閲覧。
  3. ^ a b Men's World Rankings”. ワールドラグビー. 2022年7月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]