スタッド・ド・フランス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタッド・ドゥ・フランス
Stade de France
スタッド・ド・フランスの位置
パリ都市圏内の位置
施設情報
所在地 Zac du Cornillon Nord 93200 Saint-Denis, France
位置 北緯48度55分28.1秒
東経2度21分36.3秒
座標: 北緯48度55分28.1秒 東経2度21分36.3秒
起工 1995年5月2日
開場 1998年1月28日
所有者 Consortium Stade de France
運用者 Consortium Stade de France
グラウンド
ピッチサイズ 105m × 70m
建設費 2.85億ユーロ
設計者 Michel Macary
Aymeric Zubléna
Michel Regembal
Claude Constantini
使用チーム、大会
サッカーフランス代表
ラグビーフランス代表
スタッド・フランセ
1998 FIFAワールドカップ
1999 ラグビーワールドカップ
2003年世界陸上選手権
2007 ラグビーワールドカップ
収容能力
81,338人

スタッド・ドゥ・フランスフランス語: Stade de Franceフランス語発音: [stad də frɑ̃ːns] スタード ド フラーンス)は、フランスパリイル=ド=フランス地域圏セーヌ=サン=ドニ県サン=ドニにある多目的スタジアムである。

概要[編集]

収容人員は可動座席込みで8万人。その名が示す通り、サッカーフランス代表およびラグビーフランス代表のホームスタジアムであり、現在は代表戦の大半を当スタジアムで開催している。

1998年FIFAワールドカップ・フランス大会の主会場として建設された。ワールドカップ本大会では決勝を含む9試合を開催。決勝ではフランスがブラジルを3-0で下し、初優勝を果たした。

欧州サッカー連盟(UEFA)の定めるスタジアム基準でも最高の「カテゴリー4」にランクされており、2000年2006年にはUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦を開催した。

フランス国内サッカーでは、クープ・ドゥ・フランス及びクープ・ドゥ・ラ・リーグの決勝を毎年開催している。

2007年にはラグビーワールドカップ決勝戦の会場となった。現在のところ、サッカーとラグビー双方のワールドカップ決勝戦の会場となったのは当スタジアムのみである。

球技のみならず陸上競技も開催可能であり、2003年世界陸上競技選手権大会の主会場、IAAFダイヤモンドリーグの1戦ミーティングアレヴァの会場となっている。

コンサートを行ったアーティスト[編集]

外部リンク[編集]

開催イベントとテナント
先代:
カンプ・ノウ
バルセロナ
UEFAチャンピオンズリーグ
決勝戦会場

2000
次代:
サン・シーロ
ミラノ
先代:
コモンウェルス・スタジアム
エドモントン
世界陸上競技選手権大会
会場

2003年
次代:
ヘルシンキ・オリンピックスタジアム
ヘルシンキ
先代:
アタテュルク・オリンピヤット・スタディ
イスタンブル
UEFAチャンピオンズリーグ
決勝戦会場

2006
次代:
アテネ・オリンピックスタジアム
アテネ
先代:
テルストラ・スタジアム
シドニー
ラグビーワールドカップ
決勝戦会場

2007
次代:
イーデン・パーク
オークランド