ジャンバティスト・ラフォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャンバティスト・ラフォン(Jean-Baptiste Lafond, 1961年12月29日 - )は、ラグビーの元フランス代表選手。ジロンド県ベグル出身。

略歴[編集]

1983年のホーム(フランス)での対オーストラリア戦で代表デビュー。フランス代表37キャップで101得点。

ポジションは本職はウイング (WTB) で、第2回ラグビーワールドカップ(W杯)のトライ王に輝いた。歴史に残る名フルバック (FB) セルジュ・ブランコの引退後は、代表のFBを務めた。

圧倒的なスピードは持っていなかったが、先を読む位置取り、冷静な状況判断に優れていた。

穏やかな性格で、当時はラフプレーも多かったフランス代表で異質の存在だった。血の気の多かったFLエリック・シャンが相手選手やレフェリーに対して文句を言いに行くのを、ジャージーを引っ張って止める場面も複数回あった。

パリ生まれ、パリ育ちで、ワインの仲買人を生業としていた。

外部リンク[編集]