トゥイッケナム・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トゥイッケナム・スタジアム
"The Cabbage Patch
Twickers
Headquarters"
Twickenham Stadium - May 2012.jpg
トゥイッケナム・スタジアムの位置(イングランド内)
トゥイッケナム・スタジアム
施設情報
所在地 トゥイッケナム
位置 北緯51度27分22秒
西経0度20分30秒
座標: 北緯51度27分22秒 西経0度20分30秒
起工 1907
開場 1909年10月2日
所有者 ラグビー・フットボール・ユニオン
グラウンド デッソ・グラスマスター
ピッチサイズ 125m x 70m
使用チーム、大会
ラグビーイングランド代表
ラグビーワールドカップ
収容能力
82,000

トゥイッケナム・スタジアム英語: Twickenham Stadium)は、イングランド, ロンドン郊外のトゥイッケナムにあるラグビー専用競技場である。ラグビー・フットボール・ユニオンが所有している。

歴史[ソースを編集]

ラグビーとサッカーの2つのフットボールはイングランドを発祥とするが、ウェンブリー・スタジアムが「サッカーの聖地」と称されるに対して、「ラグビーの聖地」と称されるのがこのトゥイッケナム・スタジアムである[1]

イングランド代表のホーム・スタジアムであり、1991年と2015年のラグビーワールドカップでは、開幕戦及び決勝戦の会場になった。また、プレミアシップアングロ・ウェルシュカップ(イングランド・ウェールズプロチームによる合同大会)、ワールドラグビーセブンズシリーズロンドン大会オックスフォード大学ケンブリッジ大学による「ヴァーシティマッチ」も開催される。

ラグビー以外での使用として、ローリング・ストーンズポリスロッド・スチュワートボン・ジョヴィR.E.M.U2アイアン・メイデンレディー・ガガなど、多くのコンサートも開催された。

ワールドラグビー博物館[ソースを編集]

本スタジアム内にはラグビーユニオンのさまざまな展示を行っているワールドラグビー博物館が併設されており、1871年に行われた初の国際試合でおけるイングランド代表の当時のユニフォームや2003年のラグビーワールドカップで優勝したウェブ・エリス・カップのレプリカなどが展示されている。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

外部リンク[ソースを編集]

先代:
イーデン・パーク
オークランド
ラグビーワールドカップ
決勝戦会場

1991
次代:
エリス・パーク・スタジアム
ヨハネスブルグ
先代:
イーデン・パーク
(オークランド)
ラグビーワールドカップ
決勝戦会場

2015
次代:
横浜国際総合競技場
横浜