スタジアム・オーストラリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタジアム・オーストラリア
"ANZスタジアム"
Australia stadium aka ANZ stadium.jpg
施設情報
所在地 Sydney Olympic Park, Sydney
位置 南緯33度50分50秒
東経151度3分48秒
座標: 南緯33度50分50秒 東経151度3分48秒
起工 1996年9月
開場 1999年3月6日
所有者 Stadium Australia Group
運用者 Stadium Australia Group
グラウンド 天然芝
大型映像装置 パナソニック製アストロビジョン
建設費 6億9000万豪ドル[1]
設計者 Bligh Lobb Sports Architects(現POPULOUS
旧称
テルストラ・スタジアム
使用チーム、大会
シドニーオリンピック
AFCアジアカップ2015
ナショナルラグビーリーグ
シドニー・スワンズAFL
収容能力
83,500(可動席込み)
81,500(可動席無し)

スタジアム・オーストラリア: Stadium Australia)はオーストラリアシドニー西部近郊のシドニー・オリンピック・パークにある競技場である。ANZ命名権を取得していることから、ANZスタジアムANZ Stadium)の呼称が一般に用いられている。他にも、「オリンピック・スタジアム」、以前の命名権からテルストラ・スタジアムTelstra Stadium)、スタジアムがホームブッシュにあることから「ホームブッシュ・スタジアム」などと呼ばれることもある。

2000年シドニーオリンピック開催のために6億9000万豪ドルをかけ建築され、大会期間中メイン会場として使用された。現在は陸上トラックのない球技場で、ラグビークリケットオーストラリアンフットボールサッカーなどのスポーツイベントで使用されている。

概要[編集]

シドニーオリンピック開催のために建築され、1999年3月6日スタジアム・オーストラリアとして開場。こけら落としとしてナショナルラグビーリーグの試合がダブルヘッダーで行われ、10万人以上の観客を集めた。

当時は110,000人[2]収容の陸上競技場であったが、オリンピック後の2001年からラグビーワールドカップの2003年までの数年にかけて、陸上トラックおよび一部座席の撤去、可動式スタンドの設置、両サイドの屋根の取り付けなどの改修が行われた。収容人数も83,500人へと縮小されている。

可動式スタンドの設置は、長方形のグラウンドで行うスポーツと、楕円形のグラウンドで行うスポーツの両方に対応するためで、クリケットオージーフットボールなどを行う場合は、可動スタンドを奥に収容して、グランドを楕円形に広げることによって競技ができるようになっている。

命名権[編集]

命名権は開場当初は使用されていなかったが、2002年に通信会社のテルストラが購入し、テルストラ・スタジアムの呼称が2007年まで使用された。その後、ANZ銀行が年間450万豪ドルの7年契約で購入し、2008年より現在のANZスタジアムの名が使われている。ANZとの契約は延長されることが決まり、少なくとも2017年いっぱいまでは現在の名が使われることになった。

歴史[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
サンフォード・スタジアム
アセンズ
オリンピックサッカー競技
決勝戦会場

2000
次代:
アテネ・オリンピックスタジアム
アテネ
先代:
ミレニアム・スタジアム
カーディフ
ラグビーワールドカップ
決勝戦会場

2003
次代:
スタッド・ド・フランス
サン=ドニ