スタジアム・オーストラリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 南緯33度50分50秒 東経151度3分48秒 / 南緯33.84722度 東経151.06333度 / -33.84722; 151.06333

スタジアム・オーストラリア
"ANZスタジアム"
Australia stadium aka ANZ stadium.jpg
施設情報
所在地 Sydney Olympic Park, Sydney
起工 1996年9月
開場 1999年3月6日
所有者 Stadium Australia Group
運用者 Stadium Australia Group
グラウンド 天然芝
大型映像装置 パナソニック製アストロビジョン
建設費 6億9000万豪ドル[1]
設計者 Bligh Lobb Sports Architects(現POPULOUS
旧称
テルストラ・スタジアム
使用チーム、大会
シドニーオリンピック
ナショナルラグビーリーグ
シドニー・スワンズAFL
収容能力
83,500(可動席込み)
81,500(可動席無し)

ANZスタジアムANZ Stadium, 以前の名称をStadium Australia or Telstra Stadium)はオーストラリアシドニー西部近郊のホームブッシュ・ベイ (:en:Homebush Bay) 地区にあるシドニー・オリンピック公園にある競技場。ナショナルラグビーリーグ(NRL)のBulldogs(:en:Bulldogs)とSouth Sydney Rabbitohs(en:South Sydney Rabbitohs)の本拠地。ラグビーリーグのほか、ラグビーユニオンオージーフットボールサッカーで使用される。 オリンピックの後改修され、現在は陸上トラックのない球技場(ただしゴール裏から客席の距離は現在も離れている)。クリケットやオージーフットボールの際は可動式スタンドを収容してグラウンドを使用する。

歴史[編集]

シドニーオリンピック開催のために1999年3月6日スタジアム・オーストラリアとして開場。こけら落としはナショナルラグビーリーグ。当時の収容人員は11万人だったが、2001年に83,500人に縮小された。スタジアム名も、2002年にオーストラリアの電話会社テルストラによる命名権取得でテルストラ・スタジアムに改称された。公共放送などで命名権による呼称を回避する場合は「ホームブッシュ・スタジアム」 (Homebush Stadium) と呼ばれる。

2003年、ラグビーワールドカップの決勝戦の会場となり、イングランド代表が延長の末開催国オーストラリア代表を下し、北半球の国として初優勝を飾った。

2005年11月のサッカーワールドカップドイツ大会大陸間プレーオフでは、オーストラリア代表がワールドカップ出場を決め、歓喜に包まれた。

2008年1月より7年間、ANZスタジアムへ競技場名を変更した[2]

2012年2月にはトゥエンティ20クリケットの国際試合(VSインド)が行われた[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
サンフォード・スタジアム
アセンズ
オリンピックサッカー競技
決勝戦会場

2000
次代:
アテネ・オリンピックスタジアム
アテネ
先代:
ミレニアム・スタジアム
カーディフ
ラグビーワールドカップ
決勝戦会場

2003
次代:
スタッド・ド・フランス
サン=ドニ