ストックホルム・スタディオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ストックホルム・スタディオン
Stockholms stadion
ストックホルム・オリンピアスタディオン
ストックホルム・オリンピアスタディオン
施設情報
所在地 Lidingövägen 114 33 STOCKHOLM, Sweden
起工 1910年
開場 1912年
所有者 ストックホルム・コミューン
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 x 68 m
建設費 1,250,000 SEK
設計者 トゥールベン・グルート
(Torben Grut)
使用チーム、大会
ストックホルムオリンピック(1912),
ユールゴーデンIF (1936- ), AIK (1912-1936)
収容能力
14,417
アクセス
ストックホルム地下鉄スタディオン駅 徒歩

ストックホルム・スタディオン(Stockholms stadion)またはストックホルム・オリンピアスタディオン(Stockholms Olympiastadion)は、スウェーデンストックホルムにある陸上競技場1912年ストックホルムオリンピックの開催のために建設された。設計者はトールベン・グルート。以来、多くのスポーツ大会、特にサッカーとスウェーデン陸上競技選手権大会を開催。また、ローリング・ストーンズロビー・ウィリアムズアイアン・メイデンらの多くのアーティストがコンサートを行った。ストックホルム地下鉄スタディオン駅が最寄駅。

歴史[編集]

ストックホルム・スタディオンは1910年から1912年にかけて建設され、1912年のストックホルムオリンピックのメイン会場として使用された。設計はトゥールベン・グルート(Torben Grut 1871-1945)。当時国内では鬼才として知られ、国王の別邸、エーランド(Öland)のボリホルム(Borgholm)にあるソリーデン(Solliden)のデザインを手がけた人物である。建築様式はナショナル・ロマンティシズム様式で、建設費用は約125万クローナであった。

当初木造建築にすることが検討されていたが、トゥールベン・グルートは半永久的な建築物にするよう主張し、それが認められた。スタディオンの建設地については、ストックホルム運動公園(Idrottsparken)が選ばれた。トゥールベン・グルートは、スタディオン、エステルマルム運動場(Östermalms idrottsplats)、GIH(スウェーデンスポーツ健康科学大学)の施設それぞれを体育複合施設として考えていた。[1]

  • サッカーのピッチは 105×68メートル
  • トラックは1周400メートルで、第8コースまで

ストックホルム・スタディオンは1958年ヨーロッパ陸上競技選手権大会の会場とされた。1967年にスタディオンを使用会場とする陸上競技会・DNガランが創設され、以来年に1度開催されている[2]。DNガランは1998年以降IAAFゴールデンリーグの、2010年からはIAAFダイヤモンドリーグの1戦として行われている。

2008年から2009年にかけて、ホームスタジアムとして使用するユールゴーデンIFの用途に合わせて、トラックを取り除き、ピッチとスタンドを改修する計画が持ち上がった。これについてユールゴーデンストックホルム市に対する諮問が行われたが、サッカースタジアムへの再建案については、可能性を見出せなかった。これによりストックホルム市は、現在の状態を維持して行くことで結論を出した。

サッカー[編集]

次のクラブチームがサッカーのホームスタジアムとして使用している。

写真[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ http://www.stockholm.se/stadion Stockholms Stad, Stadions historia (スウェーデン語)
  2. ^ How it all began In the Beginning there was DN Galan..... DiamondLeagueStockholm.com 2011年8月2日閲覧

外部リンク[編集]