ルジニキ・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルジニキ・スタジアム
Стадион Лужники

Luzhniki Stadium1.jpg

UEFA Nuvola apps mozilla.pngNuvola apps mozilla.pngNuvola apps mozilla.pngNuvola apps mozilla.pngNuvola apps mozilla.png
施設情報
所在地 ロシアモスクワ
位置 北緯55度42分57秒 東経37度33分14秒 / 北緯55.71583度 東経37.55389度 / 55.71583; 37.55389座標: 北緯55度42分57秒 東経37度33分14秒 / 北緯55.71583度 東経37.55389度 / 55.71583; 37.55389
開場 1956年7月31日
修繕 2017年
所有者 トルペド・モスクワ
グラウンド SISGrass(シスグラス)
ピッチサイズ 105 x 68
使用チーム、大会
スパルタク・モスクワ
トルペド・モスクワ
1973年夏季ユニバーシアード
1980年モスクワオリンピック
UEFAカップ1998-99 決勝
UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝
ラグビーワールドカップセブンズ2013
2013年世界陸上競技選手権大会
収容能力
81,000人 (サッカー)[1]
84,745人[2]
陸上トラックが撤去されたスタジアム内部

ルジニキ・スタジアム (:Стадион Лужники:Luzhniki Stadium) は、ロシアの首都モスクワにあるスタジアム。ロシア語読みではスタディオーン・ルジニキー。正式名称はルジニキ・オリンピック・コンプレックス・グランド・スポーツ・アリーナ(露:Большая спортивная арена Олимпийский комплекс «Лужники»)、旧称はレーニン・スタジアムといった。

概要[編集]

ロシア国内最大の球技専用競技場で収容人数は78,360人にのぼり、オリンピック開催時には最大で103,000人を収容可能[3]。施設はルジニキ・オリンピック・コンプレックスの一部である。

1957年アイスホッケー世界選手権決勝では当時のアイスホッケー史上最多の55,000人を動員したが、この記録は2001年10月のNCAAアイスホッケーミシガンVSミシガン州立ミシガン・スタジアム)に破られた。

1980年モスクワオリンピックではメイン会場として使用された。五輪では開閉会式、陸上競技、サッカー決勝、馬術(大賞典障害飛越)が行われた[4]

1982年10月22日UEFAカップスパルタク・モスクワHFCハールレム試合中、将棋倒しに巻き込まれ66人が死亡する大惨事(ルジニキの惨事)となった[5]

1989年12月31日には新日本プロレスの大会(大車輪キックinロシア)が開催された。

現在はサッカーの試合で使用される事が多く、ロシア代表の試合や欧州カップ戦などの国際試合の他、ロシアサッカー・プレミアリーグに所属するスパルタク・モスクワとCSKAモスクワのホームスタジアムとしても使用されている。

芝は人工芝が採用されており、2006年9月27日に当スタジアムで行われたUEFAチャンピオンズリーグのスパルタク・モスクワ対スポルティングCP戦は、大会史上初の人工芝での開催ゲームとなった。ただ、2008年に行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦の開催時には、全面天然芝に張り替えられた。後述する2018年サッカーワールドカップではイギリス・SIS社製のハイブリッド人工芝(SISGrass/シスグラス)が使用される。

その他にコンサート会場としても使用されている。1971年5月27日にはソ連代表の名GKレフ・ヤシンの引退試合が行われ、10万人のファンが集まった。

2013年は6月に行われたラグビーワールドカップセブンズ8月に行われた世界陸上モスクワ大会のメイン会場として使用された。

また、開催が決定した2018年ワールドカップ・ロシア大会では決勝戦の会場に設定されている[6]。そのため2014年から4年間にわたって大規模な改修工事を行い、陸上トラックが撤去され球技専用となった。

2018 FIFAワールドカップ[編集]

日時 時間 チーム#1 結果 チーム#2 ラウンド 観衆
6月14日 18:00  ロシア A2 Group A
6月17日 F1 F2 Group F
6月20日 B1 B3 Group B
6月26日 C4 C1 Group C
7月1日 Winner Group B Runner-up Group A ラウンド16
7月11日 Winner Match 59 Winner Match 60 準決勝
7月15日 Winner Match 61 Winner Match 62 決勝戦
スタジアム内部
改築前のスタジアム内部

交通[編集]

外部リンク[編集]

脚註[編集]

先代:
アテネ・オリンピックスタジアム
(アテネ)
UEFAチャンピオンズリーグ
決勝戦会場

2008
次代:
スタディオ・オリンピコ
(ローマ)
先代:
ザ・セブンズ
(ドバイ)
ラグビーワールドカップセブンズ
決勝戦会場

2013
次代:
未定
先代:
大邱スタジアム
(大韓民国の旗 韓国大邱)
世界陸上競技選手権大会
会場

2013年
次代:
国家体育場
(中華人民共和国の旗 中国北京)