ベルリン・オリンピアシュタディオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベルリン・オリンピアシュタディオン
Olympiastadion Berlin
Olympicstadium2.jpg
施設情報
所在地 Olympischer Platz 3, 14053 Berlin
位置 北緯52度30分53.2秒
東経13度14分22.2秒
座標: 北緯52度30分53.2秒 東経13度14分22.2秒
起工 1934-36年
開場 1936年
修繕 1974年
拡張 2004年W杯のため)
所有者 Olympiastadion Berlin GmbH
運用者 WALTER BAU-AG/DYWIDAG
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 x 68 m
建設費 4200万マルク (1936年)
2億4200万(2004年)
設計者 ヴェルナー・マルヒ1936年
フリードリッヒ・ヴィルヘルム・クラーエ1974年
旧称
Deutsches Stadion
使用チーム、大会
ベルリンオリンピック 1936年
ヘルタ・ベルリンブンデスリーガ)1963年-現在
ベルリン・サンダーNFLヨーロッパ)2004年-2007年
ワールドカップ西ドイツ大会 1974年
ワールドカップドイツ大会 2006年
世界陸上ドイツ大会 2009年
女子ワールドカップドイツ大会 2011年
収容能力
76,243人
アクセス
ベルリン地下鉄オリンピアシュタディオン駅下車徒歩8分

ベルリン・オリンピアシュタディオンOlympiastadion Berlin)は、ドイツベルリンにある陸上競技場ヘルタ・ベルリンのホームグラウンドとして使用されている。

歴史[編集]

スタジアムを含むコンプレックスの地図、1936年

1936年ベルリンオリンピックのメインスタジアムとして開場。ベルリンオリンピックでは陸上競技やサッカー競技が開催された。また、オリンピアシュタディオンは小規模ながら、スポーツコンプレックスの体裁をとっており、スタジアム横にプールが併設されている。オリンピックではこのプールで水泳競技が開催された。なお、当スタジアムのメインスタンドから向かって左側のサイドスタンドは、中央部分が欠ききれているが、これはオリンピックでの聖火台の跡である。

1974年には、ワールドカップ西ドイツ大会の会場となった。ただし、ベルリンの取り扱いについては、西ドイツ東ドイツで意見の相違が在った為、東ドイツは一時期ベルリンでの開催に反対した。なお、西ベルリン1990年ドイツ再統一までは、法律上はアメリカ合衆国イギリスフランスにより管理されていた(実質上は西ドイツの飛び地)為、西ベルリンで開催された3試合はワールドカップで唯一開催国以外で開催された試合になっている。

2006年ワールドカップドイツ大会の会場として、再びワールドカップの舞台として使用された。この時に、FIFAの定めるスタジアムのスペックにあわせる為に、大規模な改修工事を行っている。スタンドの上に設置されている屋根もこの時に設置された。決勝戦を含めた6試合がオリンピアシュタディオンで開催されている。ワールドカップの決勝戦が首都のスタジアムで行われるのは、1990年イタリア大会以来となった。

2009年には、世界陸上選手権ベルリン大会の会場として使用された。ウサイン・ボルトが男子100mで9秒58、200mで19秒19、アニタ・ヴォダルチクが女子ハンマー投で77m96と、3種目で世界記録が生まれた。

2011年には、FIFA女子ワールドカップドイツ大会の開幕戦の会場となった。ただし、同大会で当会場が利用されたのはこの1試合のみであった。

2015年には、UEFAチャンピオンズリーグの決勝戦の試合会場に選定された[1]

建築[編集]

リノベーション[編集]

The Olympic Stadium in 2010

1998年にベルリン市によって開催されたコンペティションで、設計会社GMPが最優秀となり、設計を担当した。1636年のオリンピックの複合施設の中核として計画されたスタジアムのリノベーションであり、歴史保存の条件と、サッカースタジアムを含む現在の複合機能施設の条件を同時に満たし、それらを調和させる必要があった。Werner Marchによって1936年に作られたマスタープランは歴史的環境保全の下に保存され、加えられた要素は、オリジナルストラクチャーの長所を強調するように計画された。スタジアムの優美な外観を視覚的に阻害することがないように、座席はすべて地下方向に増設された[2]

よりサッカー観戦に適した環境を意図し、フィールドの標高は2.65メートル引き下げられた。おおよそ9万立方メートルの土砂が運びだされた。引き下げられた分、客席がフィールドに侵入する方向に新造された。付け加えられた屋根は、総面積37,000平方メートルをカバーし、3500トンの鉄骨重量が直径25センチの20本の柱によって支持されている。屋根構造は長さが68メートルで、日中の日差しを取り込めるように透明パネルが取り付けられている。西側の屋根は一部分架けられておらず、一般的なスタジアムの包囲的造形を打ち破る形態をもつ。観客がベルタワーを見られるように開かれており、都市軸を阻害しない。

天然石ブロックの保存は特に重視された。ファサードと柱には、Muschelkalk (化石が入った石灰岩)とGauingerトラバーチンが用いられており、細心の注意を払って保存された[2]。オリジナルの外観を補修するために、解体の前にすべての石の保存状況を記録された。陸上トラックの赤色は批判を浴び、地元サッカーチームのイメージカラーに合わせた青に変更された。リノベーションには7万立米のコンクリートと2万立米のプレキャストコンクリート部品が使われた。1.2万立米の旧コンクリート製部分が解体除去され、3万立米の天然石によって改装された。

最新の照明と音響技術を用いている。113席のVIP席とレストラン、2つの地下駐車場が作られた(630台)。リノベーションの総工費は2.42億ユーロである[要出典]

収容力[編集]

ドイツで最大の収容力を持つスタジアムで常時74,475席を収容できる[2]。上段は31列、傾斜角23度、36,455席(うち常時36,032席、プレス290席、スカイボックス133席)下段は42列、傾斜角25.4度、38,020席(うち常時32,310席、ボックス560席、ラウンジ563席、拡張743席)、業務用4,413席、車いす174席[2]。これより大きいドイツのスタジアムはドルトムントのヴェストファーレンシュタディオンとミュンヘンのアリアンツ・アレーナがあるが、これらには立見席がある。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
長居スタジアム
日本の旗 日本大阪
世界陸上競技選手権大会
会場

2009年
次代:
大邱スタジアム
韓国の旗 韓国大邱
先代:
エスタディオ・ダ・ルス
リスボン
UEFAチャンピオンズリーグ
決勝戦会場

2015
次代:
スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ
ミラノ