西ベルリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西ベルリン
West-Berlin
連合軍軍政期 (ドイツ) 1948年 - 1991年 ベルリン
西ベルリンの国旗 西ベルリンの国章
(市旗) (市章)
西ベルリンの位置
首都 なし
西ベルリン市長
1948年12月7日 - 1953年9月29日 エルンスト・ロイタードイツ語版(初代)
1989年3月16日 - 1991年1月24日ヴァルター・モンパー(最後)
面積
479.9km²
人口
1987年2,013,000[1]
変遷
ベルリン封鎖 1948年6月
東ベルリン市の発足1948年11月30日[1]
ベルリンの壁建設1961年8月13日
ベルリンの壁崩壊1989年11月9日
東西ドイツの統一1990年10月3日
東西ベルリン市の廃止・統合1991年1月24日
通貨ドイツマルク
現在ベルリンの旗 ベルリン
ベルリンの占領区分

西ベルリン(にしベルリン、ドイツ語: West-Berlin, 英語: West Berlin, フランス語: Berlin-Ouest)は、第二次世界大戦終戦後1949年から1990年まで、アメリカイギリスフランス占領したベルリン西部の地域。周囲をドイツ民主共和国(以下:東ドイツ)の領土(ソ連が占領し、後に東ドイツの首都となった東ベルリンも含む)に囲まれていた。

このことから、西側自由主義陣営からは「赤い海」(共産主義諸国)に浮かぶ自由の島と評された。

概要[編集]

西ベルリンでは、外交と通貨行政をドイツ連邦共和国(以下:西ドイツ)政府が代行するという協定を結んでいたため、西ドイツの通貨(ドイツマルク)が用いられ、西ドイツ国籍の人が多く居住し、担当する市長や市議会議員も西ドイツの政党に所属していたことから、実質的には西ドイツの飛び地であった。とは言え、米英仏の旧連合国による占領地域であり、あくまでも公式には西ドイツ領ではなく、西ドイツと西ベルリンでは以下のような違いがあった。

  • 西ベルリンからは西ドイツの連邦議会の議員を人口に応じて選出しており、議会での発言権および委員会の投票権を有していたが、首相任命権・予算審議権など連邦に関する議案の投票権は与えられていなかった。
  • 西ベルリン住民の身分証明書及び旅券は西ドイツのものとデザインは類似していたが、西ドイツの国名や国章が無い点で異なっていただけでなく、発行はベルリン市であり、国籍は西ベルリン市民と表記されていた。
  • 西ベルリンはアメリカ・イギリス・フランスが共同で統治する地域であるとベルリン協定で決められていたため、西ドイツで施行されていた徴兵制が適用されず、人口減少に伴い補助金が出ることもあって、徴兵を嫌った西ドイツの若者の中には西ベルリンへ移住する者もいた。
  • 西ベルリンを出入りする航空機の乗り入れは、占領国イギリスのダンエアー(後にブリティッシュ・エアウェイズに吸収)、アメリカのパンアメリカン航空とフランスのエールフランスに限られ、西ドイツのルフトハンザドイツ航空は乗り入れていなかった。
  • 西ベルリンにソ連の統治は及んでいなかったものの、協定によりシュパンダウ刑務所の警備を4か月に1度担当しており、またソ連軍英雄記念碑(大戦中ベルリンに一番乗りを果たした赤軍T-34戦車)の警備駐屯権を有していた。この協定は再統一決定後の1990年9月12日に終了した。

略史[編集]

1963年のケネディの演説

行政区[編集]

西ベルリンの行政区

西ベルリンは、以下の行政区によって構成されていた。戦前の都心に当たる部分は東ベルリンに取られていたため、西ベルリンは戦前の新興繁華街や郊外を基盤に開発された。

歴代市長[編集]

西ベルリンの商業地区[編集]

カイザーヴィルヘルム記念教会とヨーロッパセンター、1985年
  • クアフュルステンダム通り

動物園駅から伸びるクーアフュルステンダム通り、通称“クーダム”が西ベルリンにおける商業の中心地となっている。動物園駅から、かつて旧西ドイツ随一の近代的ショッピングセンターとして名を馳せ、現在は建物の老朽化と非欧州的な入居テナント(インドなど南アジア雑貨店、他、東アジア雑貨店)や安物アクセサリー店などが目立つヨーロッパセンターメルセデス・ベンツのスリーポインテッドスターを屋上に掲げている)と、第二次世界大戦中に爆撃され半壊した尖塔を持つカイザー・ヴィルヘルム記念教会が正面に見える[2]

西ドイツとの交通[編集]

東西ドイツ間の協定により、西ドイツ国内との交通路として下記の使用が合意された。なお上記のように、ベルリン封鎖の際には空路以外の全てがソ連と東ドイツによって閉鎖された。

  • 道路:高速道路4本
  • 鉄道路線:4本
  • 海路:エルベ川の専用運航帯と運河1本
  • 空路:幅30キロの航空路3本。なお上記のように、西ドイツの航空会社の西ベルリンへの乗り入れは禁止された。

東西ベルリン間の交通[編集]

東西ベルリンの国境チェックポイント・チャーリー1985年
  • チェックポイント・チャーリー
    • 外国人旅行者、外交官、西側軍関係者が西ベルリンと東ベルリンを往来する唯一のルートであった[3]
    • この検問所は、フリードリヒ通りとツィマー通りの交差点にあり、そこはアメリカ統治地区とソ連統治地区の境界上であった。
    • 西ベルリンから東ベルリンへ行くには西ドイツを出国し、東ドイツに入国する必要があった。ビザは24時間ビザが国境で取得できたが、強制両替と引き換えだった。この24時間ビザは25西ドイツマルクを東ドイツマルク(公式レートは1:1)へ交換する条件付であったが、両替さえすればビザが取得できた[4]
    • 「チェックポイント・チャーリー」という名称は西側連合国による呼称で、NATOフォネティックコードの「C」に当てられる "Charlie" から取られたものであり、「C検問所」という意味が一般呼称化したものであり、特定の人名・固有名詞に由来するものではない[5]
    • 東西ドイツ統合に伴い、1990年6月22日にチェックポイント・チャーリーは廃止された。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ドイツ語では不定冠詞をつけない “Ich bin Berliner” が通常の表現であるが、不定冠詞の ein を付け加えることで「私だってベルリン市民の一人なのです」という強調表現になっており、「私はベルリーナーである」という意味ではない。

出典[編集]

  1. ^ a b Berlin”. Worldstatemen.org. 2022年9月4日閲覧。
  2. ^ ベルリン・レポート(6)世界の街角からMM
  3. ^ Former border crossing at Friedrichstrasse (Checkpoint Charlie) Border crossings, belrin.de
  4. ^ 東ベルリン・東ドイツ共産主義時代を旅して-1985年夏
  5. ^ ベルリン・レポート(2)世界の街角からMM

外部リンク[編集]