ドイツ再統一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1990年のドイツ再統一

ドイツ再統一(ドイツさいとういつ、ドイツ語: Deutsche Wiedervereinigung英語: German reunification)は、1990年10月3日ドイツ連邦共和国Bundesrepublik Deutschland、「西ドイツ」)にドイツ民主共和国Deutsche Demokratische Republik、「東ドイツ」)が編入された出来事である。東西ドイツ統一とも呼ばれる。

呼称[編集]

看板「ここは、ドイツとヨーロッパが、1989年12月10日10時15分まで分断されていた所です。」
共産主義式国章が切り取られ、穴が開いている東ドイツの国旗


一般的な日本語文献・報道においては、直近のこの東西ドイツ統一のことを単に「ドイツ統一」と呼ぶことも多いが、ドイツ史の歴史的文脈における歴史用語・政治用語としては、ドイツ統一とは現代のドイツという主権国家の枠組みそのものの出発点としてより重要視されるドイツ帝国の成立(1871年1月18日)に至る運動を指しており、1990年の出来事については用語上「ドイツ再統一」として明確に区別されている。

「ドイツ再統一」という表現の法的な問題点[編集]

西ドイツは建国以来「憲法(Verfassung)」を持たず、「基本法Grundgesetz)」をもって憲法に代えていた。その理由は、「やがて東ドイツを含めて統一する暁に初めて憲法を持つことにする」との意志を持っていたからで、このことは基本法146条に明記されていた。

しかし、実際に東ドイツが1989年ベルリンの壁崩壊に始まる自壊現象を起こしてしまうと(→東欧革命)、西ドイツはこの基本法上の規定を無視して、新たな州の「加盟」を認める基本法第23条の手続き[1]を利用して、東ドイツにある5つの州[2]および都市州ベルリンが西ドイツ(「連邦」共和国)に新たに「加盟」するという形式で国家統一を成し遂げた。そのため厳密に言えば、法的にはドイツは「再統一」したのではなく、西ドイツが東ドイツを自国に「編入」した、あるいは東ドイツ地域の各州がドイツ連邦共和国に「加盟」したとしか言えず、この点をマスメディアは「東ドイツは西ドイツに買い取られた」ものと報道している。

また、このことは再統一に至る過程において、憲法ないし基本法そのものをめぐる議論の機会が欠如していたことを意味しており、憲法をめぐる国民的議論を経た上で新国家を樹立すべきだったとの批判も存在する[3]

ベルリンの壁崩壊から再統一までの経過[編集]

ドイツの歴史
Coat of arms featuring a large black eagle with wings spread and beak open. The eagle is black, with red talons and beak, and is over a gold background.
この記事はシリーズの一部です。
ゲルマン
ゲルマン人
民族移動時代
フランク王国
東フランク王国
神聖ローマ帝国
東方植民
ドイツの形成
チュートン騎士団
プロシア公領
ブランデンブルク=プロイセン
プロイセン王国
ドイツ統一
ライン同盟
ドイツ連邦関税同盟
1848年革命
北ドイツ連邦
ドイツ国
ドイツ帝国
ヴァイマル共和政
ザールダンツィヒズデーテン
ナチス・ドイツ
フレンスブルク政府
連合国軍政期
バイゾーン
ソ連占領地域
旧東部領土
ドイツ人追放
冷戦
西ドイツ
東ドイツ
西ベルリン
ザール
ドイツ再統一
再統一後のドイツ
関連項目
オーストリアの歴史

ドイツ ポータル
· ·
1989年
1990年

再統一後の問題点[編集]

ドイツは第二次世界大戦後から40年にわたって分断され、旧東西両国が資本主義共産主義という違った経済体制を敷いていたため、旧西ドイツと旧東ドイツでは大きな経済格差があった。旧東ドイツは東側社会主義国の中では一番経済が発展していた「社会主義国の優等生」ではあったが、それでも世界屈指の経済大国である旧西ドイツとの差は非常に大きかったと言われる。再統一後のドイツは深刻な不況に襲われ、その影響は長く続いた。

コール首相は、整理解雇請負会社「ドイツ信託公社」に依頼し、旧東ドイツ国営企業の民営化や大規模な整理解雇を行った。

旧西ドイツでは経済混乱に足をすくわれ、再統一の際に1:1での通貨交換をしてしまったため、5000億マルク(当時の日本円にして約3兆5000億円)が吹き飛び、赤字転落してしまった。また、旧東ドイツでは、民営化された国営企業の相次ぐ倒産により失業者数が増加した。そのあおりで極右政党が移民排斥を主張すると、失業者と競合する国民の共感を得る傾向にあり、東西ドイツ時代には封じられていたネオナチ思想も、格差の残る旧東ドイツを中心に息を吹きかえした。再統一後も旧東ドイツへの援助コスト増大などによって、旧西ドイツの経済は圧迫を強いられた。2006年ごろには景気回復の兆しを見せたが、世界金融危機 (2007年-)により、再び不況に陥った(欧州全体が世界金融危機の影響を受けており、ドイツだけが特別ではない)。2010年に欧州連合が経済危機に陥ったギリシャへの金融支援を検討した際、最も強く反対したのは20年近くの不景気にあえぎ続けていたドイツであった。

2007年10月、ドイツの世論調査会社の調査によると、「東西に分断されていた頃の方が良かった」と答えた人は全体の19%に上るなど、必ずしも全てのドイツ人がドイツ再統一を歓迎していない実態が明らかとなった[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この条文は本来、第二次世界大戦後にドイツから分離されたザール地方の復帰を想定して盛り込まれたものであった。実際にザールはこの条文の規定に基づき、1957年1月1日ドイツ連邦共和国への「加盟」を果たし、ザールラント州となっている。なお、同規定はドイツ再統一が実現した後に廃止された。
  2. ^ ただし、東ドイツでは州が廃止され14の「県 (Bezirk)」に改組されていたため、再統一に際してを復活させた上で、各州議会において西ドイツへの加盟を決議するという手続きをとった。
  3. ^ 代表的な論者としては、例えばユルゲン・ハーバーマスがいる。
  4. ^ VALENTINA PETROVA (2007年10月2日). “ドイツ人の5人に1人が「ベルリンの壁があった方がよかった」”. AFPBB News. http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2292054/2201495 2013年6月22日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
分断時代のドイツ
連合軍軍政期
ドイツ民主共和国
西ドイツ
1945年-1990年
ドイツの歴史
ドイツ再統一
1990年-現在
次代:
-