ドネツィク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Donets'k (Донецьк)
Donetsk (Доне́цк)


紋章
ウクライナでのドネツィクの位置
ドネツィク中心部の地図
座標: 北緯48度00分10秒 東経37度48分19秒 / 北緯48.00278度 東経37.80528度 / 48.00278; 37.80528
ウクライナの旗 ウクライナ
オーブラスチ ドネツィク州
ラヨン Flag of Donetsk.svg ドネツィク自治体
創設 1869[1]
都市の権利 1917
ラヨン
行政
 - 市長 Oleksandr Lukianchenko
面積
 - 総面積 358km2 (138.2mi2)
標高 169m (554ft)
人口 (1 July 2011)
 - 総人口 975,959人
 - 人口密度 2,726.1人/km² (7,060.7人/mi²)
 都市圏 2,009,700[2]
等時帯 EET (UTC+2)
 - 夏時間 EEST (UTC+3)
郵便番号 83000 — 83497
市外局番 +380 622, 623
ナンバープレート АН
^Donetsk was founded in 1869 as Yuzovka.
^The population of the metropolitan area is from 2004.

ドネツィク (ウクライナ語: Донецьк ウクライナ語発音: [doˈnɛt͡sʲk], ラテン文字表記 Donets’k; ロシア語: Доне́цк, Donetsk;ドネツク IPA: [dɐˈnʲet͡sk])はカルミウス川ウクライナ語版ロシア語版英語版河畔のウクライナの工業都市である。

1924年まではユゾフカ Yuzovka、1924年から1961年はスターリノStalinoなどの名称だったドネツィクはドネツィク州の行政的な中心で、歴史的にドンバスでは大きな経済や文化など非公式ながら主都である。 ドネツィクは隣接した他の大きな都市であるマキイフカや他の周辺部の都市と一緒に地域の大きな都市化したスプロールやコナベーションを形成している。ドネツィクはウクライナの主要な経済や工業、科学の中心で、企業や熟練した労働力が集中している。

ドネツィクはウェールズの実業家ジョン・ヒューズ英語版により1869年に創設され、製鉄所やいくつかの炭鉱がこの地域に建設された。街の名称は創建に関わったジョン・ヒューズの役割を認め、ユゾフカYuzovka (Юзовка) と名付けられた。("Yuz"はロシア語やウクライナ語でヒューズに近似。)ソ連時代、ドネツィクでは製鉄業が拡大した。1924年に街の名称はスタリノStalino (Сталино) の改称され、1932年にはドネツィク地域の中心となった。1961年に街の名称はドネツィクに改称され、今日でもウクライナの炭鉱と重要な製鉄業の中心として残っている。

ドネツィクの人口は2010年現在で982,000人 [1]で都市圏の人口は2011年現在で200万人を超える。2001年ウクライナ国勢調査によればドネツィクはウクライナでは5番目に大きな都市であった[2]

街には「100万の薔薇の街」と言う愛称が付いている[3]

歴史[編集]

ユゾフカ時代に英系の学校として使われていた建物
1887年当時のノヴィ・ソヴェトの通りに面した市場

ドネツィクは1869年に創設され、ウェールズの実業家ジョン・ヒューズ英語版は製鉄所といくつかの炭鉱をロシア帝国の南のアレクサンドルフカAleksandrovkaウクライナ語: Олександрівка)に建設した。街は当初、ユゾフカ(Yuzovka; ロシア語: Юзовка; ウクライナ語: Юзівка[4] と言う名が与えられていた[5]。初期には多くの移民をウェールズから受け入れており、特にマーサー・ティドビルからであった[6]

20世紀初め、ユゾフカの人口は約5万人で人口の大部分は近隣のロシア領からで、1917年には都市の地位に達した[7]。主要な地区であるハイゲルゾフカ"Hughezovka" は英国コロニーと名付けられ、イギリスの起源は街並や建築物に反映されている。

ドネツク=クリヴォーイ・ローク・ソビエト共和国の国旗として使われていた旗。ドネツィクの親ロシア派分離主義者のシンボルとなっている。[8]

ロシア内戦が1918年2月12日に勃発するとユゾフカはドネツク=クリヴォーイ・ローク・ソビエト共和国の一部となった。共和国は1918年3月20日に第2全ウクライナ議会でソビエト・ウクライナの独立が発表されると解体された。これは国際的にもソ連にも認知を得ることが出来ず、ブレスト=リトフスク条約に応じて廃止された。 1924年にソ連の支配下になると街の名称はスターリンに改称された。当時の街の人口は 63,708人で翌年には80,085人となった。1929-31年には街の名称はスタリノStalinoであった[9]。55.3 kmのシステムが敷設される1931年まで水道設備(飲み水用)は街にはなかった。

1933年7月にはウクライナ・ソビエト社会主義共和国ドネツィク州の行政の中心都市となった[7]。1933年に最初の 12 km (7 mi) の下水道施設が導入され、翌年には市内では最初のガス開発が行われた。

独ソ戦でナチスからドンバスを懸命に兵士が解放した。ドンバスの解放者のモニュメント。

第二次世界大戦の初め頃のスタリノの人口は507,000人で戦後は175,000人であった。第二次世界大戦中のナチス・ドイツバルバロッサ作戦で街は完全に破壊され、大部分は戦後に再建された。ナチスは1941年10月16日から1943年9月5日まで街を占領していた。イタリアもスタリノの占領に参加していた。

ナチス・ドイツが占領していた当時のドネツィクの領域は主にユダヤ人ゲットー (enが構成され、3,000人のユダヤ人が死亡し強制収容所では92,000人の人たちが殺された[10]。戦時中は連帯責任制度が適用されていた。 1945年には多くの17-35歳の若い男性や女性の強制労働者がドナウ・シュヴァーベン人英語版ユーゴスラビアハンガリールーマニアバチュカバナト)のコミュニティから賠償強制労働として抑留され、極度の困難な中、スタリーノの再建や鉱山労働で働かされた。その多くは病気や栄養失調で死亡している[11]

ソ連時代のドネツィク(1979年)

ニキータ・フルシチョフの第二の非スターリン化の波で、元の指導者であったヨシフ・スターリンと距離を置くため1961年11月に街の名称はドン川の支流であるドネツ川にちなみ現在のドネツィクに改称された[7]。 1965年にはウクライナ国立学士院の組織の一部であるドネツィク科学アカデミーが設立された。

企業を支配するギャング戦争の中心であった1990年代の困難な時代を経験した後、ドネツィクは主に大企業の影響を受けて近年では急速に近代化した。

2004年ウクライナ大統領選挙で、ドネツィクでは大部分がウクライナ中央選挙委員会英語版が勝者として発表していたヴィクトル・ヤヌコーヴィチ候補に投票していたが、この投票結果は後に裁判により無効とされた。これにより再び選挙が行われ、ヤヌコーヴィッチは決選投票で落選する。

2014年の出来事[編集]

ドネツィクのユーロマイダンに対して行政庁舎前に立つ人々(2014年1月)
戦闘により荒廃したドネツィク空港(2014年12月)

ユーロマイダン後とクリミアの将来に関するクリミア議会英語版2014年クリミア住民投票の発表の影響を受け、ドネツィク州の州議会は州の将来を決定する為に住民投票を行うことを可決した[12]。2014年3月3日には多くの人々がドネツィク州の行政庁舎に押し入りロシアの国旗がはためき、「ロシア!」や「ベルクトは英雄!」と叫んだ。警察は反撃しなかった[13] 。週の後半にドネツィクの当局は地域の地位に関する住民投票を非難し[14] 、警察はドネツィク州庁舎を取り戻した[15][16] 。ドネツィクは2014年ウクライナ親ロシア派武力衝突英語版の中心の1つとなった。

2014年4月7日、親ロシア派の活動家がドネツィクの行政庁舎を制圧し、ドネツク人民共和国を宣言し[17]、ロシアの介入を要請した[18]

2014年5月11日に2014年ドネツィク・ルハンスク地位住民投票英語版がドネツィクで行われ、投票者は政治的な独立を選択した。それはドネツィク地域で投票した90%以上の人たちがキエフからの政治的な独立を支持したと自称ドネツィク人民共和国選挙委員会の長であるロマン・リアキン Roman Lyaginが述べた。ウクライナはこの住民投票を認めず、アメリカや欧州連合も住民投票は違法と述べた[19]

6月のポロシェンコ政権の成立以後、奪還を目指す政府軍と親ロシア派との間で激しい戦闘が勃発。政府軍は一時ドネツィク空港を制圧し市街に迫るもその後押し返され、2015年2月の停戦時点ではドネツィクは親ロシア派の勢力圏にある。[20]

地理[編集]

地勢[編集]

カリミウス近くのボタ山

ドネツィクはウクライナのステップの景色にあり、周辺には森林や丘陵地(ボタ山)、河川や湖が広がる。北郊は主に農業に利用されている。カルミウス川英語版は街とアゾフ海を結んでいる。アゾフ海は南に 95 km (59 mi)離れた場所にあり、ドネツィク市民にとってはポピュラーな行楽地である。街の周辺には広大な農業地帯が広がる。 都市は南北 に28 km (17 mi)、東西に55 km (34 mi) に広がる。

近隣にはナイズネカルミウスNyzhnekalmiusとドネツティク湖(206ha)の貯水池があり、市内にはカルミス川を含めてアスモリフカ川Asmolivka 、チェルパシュキナ川Cherepashkyna(23km)、スコモロシュカ川Skomoroshka、バクフムトカ川 Bakhmutkaの5つの河川が流れている。また市内には125のボタ山がある[10]

気候[編集]

ドネツィクの気候は穏やかな大陸性気候[21] で、ケッペンの気候区分では湿潤大陸性気候(Dfb)に含まれる。平均気温は1月が-4.1℃、7月が21.6℃である。年間の降水日は162日で、年間降水量は556mmである[21]

ドネツィク 1981–2010の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 12.2
(54)
16.0
(60.8)
21.3
(70.3)
31.0
(87.8)
34.6
(94.3)
38.0
(100.4)
37.8
(100)
39.1
(102.4)
33.9
(93)
32.7
(90.9)
20.5
(68.9)
15.0
(59)
39.1
(102.4)
平均最高気温 °C (°F) −1.3
(29.7)
−0.9
(30.4)
5.3
(41.5)
14.5
(58.1)
20.9
(69.6)
24.8
(76.6)
27.3
(81.1)
26.8
(80.2)
20.7
(69.3)
13.1
(55.6)
4.7
(40.5)
−0.3
(31.5)
13.0
(55.4)
日平均気温 °C (°F) −4.1
(24.6)
−4.1
(24.6)
1.3
(34.3)
9.4
(48.9)
15.4
(59.7)
19.3
(66.7)
21.6
(70.9)
20.8
(69.4)
15.1
(59.2)
8.5
(47.3)
1.6
(34.9)
−2.9
(26.8)
8.5
(47.3)
平均最低気温 °C (°F) −6.7
(19.9)
−7.0
(19.4)
−2.1
(28.2)
4.6
(40.3)
10.0
(50)
13.8
(56.8)
15.9
(60.6)
15.0
(59)
10.0
(50)
4.5
(40.1)
−1.1
(30)
−5.4
(22.3)
4.3
(39.7)
最低気温記録 °C (°F) −32.2
(−26)
−31.1
(−24)
−21.0
(−5.8)
−10.6
(12.9)
−2.4
(27.7)
2.1
(35.8)
6.0
(42.8)
2.2
(36)
−6.0
(21.2)
−10.0
(14)
−22.2
(−8)
−28.5
(−19.3)
−32.2
(−26)
降水量 mm (inch) 37
(1.46)
32
(1.26)
34
(1.34)
38
(1.5)
46
(1.81)
65
(2.56)
51
(2.01)
37
(1.46)
36
(1.42)
37
(1.46)
38
(1.5)
41
(1.61)
492
(19.37)
平均降雨日数 11 8 10 13 13 14 11 8 11 11 13 11 134
平均降雪日数 17 17 10 2 0 0 0 0 0 2 8 16 72
 % 湿度 87 84 77 66 62 66 64 60 67 76 86 88 73
出典: Pogoda.ru.net[22]

行政[編集]

ドネツィク市の行政区:
  Bydionivskyi Raion
  Voroshylovskyi Raion
  Kalininskyi Raion
  Kyivskyi Raion
  Kirovskyi Raion
  Kuibyshevskyi Raion
  Leninskyi Raion
  Petrovskyi Raion
  Proletarskyi Raion

ドネツィクはドネツィク州の州都であり、ドネツィク市自治体の中心である。ドネツィクは州の下位の都市で市自体にあるドネツィク市自治体より直接的に州の影響を受ける。ドネツィク市域は9の行政区(ラヨン)に分けられている。それに加えて、それぞれのラヨンにはドネツィク市議会の下位の「地区議会」がある。

# ラヨン ウクライナ語 面積 人口
1 Budionivskyi Raion Будьонівський район 25 km² 100,300
2 Voroshylovskyi Raion Ворошилівський район 10 km² 97,300
3 Kalininskyi Raion Калінінський район 19 km² 109,700
4 Kyivskyi Raion Київський район 33 km² 143,700
5 Kirovskyi Raion Кіровський район 68 km² 171,700
6 Kuibyshevskyi Raion Куйбишевський район 51 km² 120,800
7 Leninskyi Raion Ленінський район 37 km² 107,800
8 Petrovskyi Raion Петровський район 57 km² 88,600
9 Proletarskyi Raion Пролетарський район 58 km² 102,800

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口   ±%  
1897[23] 28,100 —    
1926[24] 106,000 +277.2%
1939[25] 466,300 +339.9%
1959[26] 699,200 +49.9%
1970[27] 879,000 +25.7%
1979[28] 1,020,800 +16.1%
1989[29] 1,109,100 +8.7%
1998[30] 1,065,400 −3.9%
2006[31] 993,500 −6.7%

ドネツィクの2010年現在の人口は982,000人を超え[1]、都市圏の人口は2014年時点で1,566,000人である。ウクライナでは5番目に大きな都市である[2]。2001年の国勢調査によればドネツィク地域には130を超える民族グループが居住している[32]。ドネツィク州の人口の56.9%(2,744,100人)はウクライナ人、38.2%(1,844,400人)はロシア人が占めている[32]。地域の言語は人口の74.9%はロシア語を母語とし、ウクライナ語は24.1%を占める[33]。58.7%のウクライナ人の人々はロシア語を母語としていると考えられる[33]。ドネツィク地域の450万人のうち550人はロシアの市民である[34]

ドネツィク市自治体の現在の民族構成は以下の通り[35]

  1. ロシア人: 493,392 人, 48.15%
  2. ウクライナ人: 478,041 人, 46.65%
  3. ベラルーシ人: 11,769 人, 1.15%
  4. ギリシャ人: 10,180 人, 0.99%
  5. ユダヤ人s: 5,087 人, 0.50%
  6. タタール人: 4,987 人, 0.49%
  7. アルメニア人: 4,050 人, 0.40%
  8. アゼルバイジャン人: 2,098 人, 0.20%
  9. グルジア人: 2,073 人, 0.20%
  10. その他: 13,001人, 1.27%
合計: 1,024,678 人, 100.00%

1991年には3分の1はロシア人、同じく3分の1はウクライナ人と明言し、残りの多数は自身をスラヴ人と明言していた[36]

経済[編集]

ドネツィクの街並み(2010年)
ザスヤヅコ鉱山。2007年に大規模な事故を起こしている

ドネツィク周辺はかなり都会化した人口が集中するコナベーションである。労働力は大きく重工業に関わっておりとくに石炭鉱業英語版は著しい。ドネツィクはドンバスとウクライナの重工業や炭鉱の重要な中心である。直接的に炭鉱が都市にあり、最近では鉱山事故が増えて来ており、2007年に発生した2007年ザスヤヅコ鉱山事故英語版では100人の労働者が死亡している[37]

ドネツィクの経済は200の産業組織で構成され、合計の製品生産額は年間500億フリヴニャを超え20,000を超える中小企業がある[38]。市内の石炭鉱業は17の炭鉱と2つの選鉱所があり、冶金産業は5つの冶金工場が市内にはある。エンジニアリング関連は67企業、食品関連は32企業ある[38]

ソ連崩壊によってドネツィクや他の近隣のドンバスの都市では多数の工場が閉鎖されたり、多くの人々が仕事を失った[39]。しかしながら、厳しいウクライナの経済英語版状況に関わらず、ドネツィクは発展した都市である[38] 約412,000m2の生活空間、 7.9 km (4.9 mi)のガス網、15.1 km (9.4 mi)の水道網が1998-2001年に整備された[38]

市内にはまたドネツィク経済特区 (enがあり[40]、2007年現在9つの都市と姉妹都市の関係がある[41]。 1962-1996年にはドイツのマグデブルクとドネツィクは経済協力を結んでいた[42][43]

航空会社のドンバスアエロは本社をドネツィク国際空港の敷地に置いている[44]。 2012年にフォーブスではウクライナでビジネスを行うために最高の都市と認められた。また、ヒューマン・キャピタル購買力、インフラ、経済安定英語版、快適性の指標で高い位置にあった[45]

ドネツィクにはショッピングセンターのドネツィクシティ英語版がある。

スポーツ[編集]

ドネツィクは大きなスポーツの中心でインフラも発達しており、デビスカップやUEFAチャンピオンリーグなど国際的な大会も繰り返し開催されている。サッカーやホッケー、バスケットボール、ボクシング、テニス、陸上競技など様々なスポーツで国をリードし、代表する都市である。

ドネツィクで最もポピュラーなスポーツはサッカーで、3つのメジャーなプロサッカークラブチームがある。FCシャフタール・ドネツクドンバス・アリーナを、FCメタルルフ・ドネツィクメタルフスタジアム英語版を、FCオリンピク・ドネツィクRSCオリンピスキー英語版をそれぞれホームスタジアムとしている。この3つのクラブチームはウクライナのプロリーグの最上位ウクライナ・プレミア・ディビジョンに参加しており、FCシャフタール・ドネツクはウクライナチャンピオンシップ、ウクライナカップでは複数回優勝しており、2008-2009年のシーズンにはUEFAヨーロッパリーグで優勝している。ドネツィクにはまた女子サッカーWFCドンチャンカ英語版があり、ウクライナ女子サッカーリーグ英語版では歴史的に最も成功したクラブチームの1つである。

ドンバスアリーナのシャクタール・ドネツィクのファン

ドネツィクにはサッカースタジアムのドンバス・アリーナがあり、このスタジアムは2009年にオープンした。東ヨーロッパでは初めてUEFAの基準で"Elite"カテゴリーで設計、建築されたスタジアムである。UEFA EURO 2012の共同招致でポーランドとウクライナは招致に成功し、ドネツィクのドンバスアリーナはUEFA Euro 2012グループD英語版の3試合と準々決勝、準決勝の会場として選ばれている[46]RSCオリンピスキー英語版は予備のスタジアムとして選ばれた[47]

ドネツィクは近くの都市マリウポリと共に2009 UEFAヨーロピアンアンダー19チャンピオンシップ英語版の共催都市であった。ドネツィクでの開催ではRSCオリンピスキーとメタルフスタジアムが使われた。

ドネツィクにはアイスホッケーのクラブチームであるHCドンバス英語版が2011年以来、ドラズバアリーナ英語版でプレーをし、2011年にはウクライナホッケー選手権英語版で優勝し、ウクライナでは唯一エリートレベルのクラブチームである。ロシアアイスホッケーメジャーリーグ英語版に1シーズン参加した後、クラブはKHLの規定にアリーナを改良して2012年のシーズンからリーグに参加している。2013年にはドネツィクでIIHFコンチネンタルカップ2013英語版アイスホッケースーパーファイナルが開催されHCドンバスは優勝している。

ドネツィクにはまたバスケットボールクラブのBCドネツィク英語版があり、ウクライナバスケットボールスーパーリーグ英語版でプレーしており、2012年には優勝しチャンピオンタイトルを得ている。クラブはドルフバアリーナ英語版をホームとしている。 市内には他にも今は無き注目されたクラブチームもあった。MFCシャフタールドネツィク英語版ウクライナフットサル選手権英語版では5回優勝していたが、2011年1月にシーズンの途中で財政的な問題により解散した。ソ連のバーレーボールのトップチームの一つであったVCシャフタールドネツィク英語版は1992年にソビエトバレーボーツチャンピオンシップで優勝した最後のクラブチームで、独立したウクライナのリーグでは1992年と1993年に最初の2回優勝し、1993年のウクライナカップでも優勝した。しかしながら、金融的な問題によって1997年に降格しその後のシーズンで解散した。

セルゲイ・ブブカの像

ドネツィクでは1978、1979、1980年にソ連テニス選手権が開催され、2005年にはデビスカップのいくつかの試合が開催されている。2002-2008年にATPチャレンジャーツアーの一部であるアレクサンダー・コリャスキンメモリアル英語版が開催され女子のITFウーメンズサーキット英語版に分類されるヴィコールトカップ英語版が2012年から始まっている。

ドネツィクは常に陸上競技の中心で、様々な催しが開催されている。1978年と1980年にはソビエト陸上選手権が開催され、1984年には単独開催都市であった。また、1977年欧州陸上ジュニア選手権英語版が開催された。これらの陸上競技の大会はRSCオリンピスキー(当時はRSCロコモティフ)で開催された。別の陸上競技ではドネツィクは棒高跳で世界的にも有名なアスリートであるセルゲイ・ブブカを輩出している。

プロスポーツクラブチーム[編集]

既存のプロスポーツクラブと現在は解散したかつてタイトルを獲得したクラブ。

クラブ リーグ スポーツ スタジアム 設立年 優勝回数
FCシャフタール・ドネツク ウクライナ・プレミア・ディビジョン サッカー ドンバス・アリーナ 1936 9
FCメタルルフ・ドネツィク ウクライナ・プレミア・ディビジョン サッカー メタルフスタジアム 1996 0
FCオリンピク・ドネツィク ウクライナ・プレミア・ディビジョン サッカー オリンピックスポーツコンプレックス英語版 2001 0
WFCドンチャンカ ウクライナ女子サッカーリーグ英語版 女子サッカー TsPOR Donchanka Stadium 1992 5
MFCシャクタール・ドネツィク (解散) ウクライナ・フットサル選手権 フットサル Pavilion 1998 5
シャクタール・アカデミア ウクライナハンドボールスーパーリーグ英語版 ハンドボール SC Tekstilshik 1983 3
HCドンバス KHL アイスホッケー ドラズバアリーナ 2005 ウクライナ: 3 (2 HC Donbass-2)
BCドネツィク ウクライナバスケットボールスーパーリーグ英語版 バスケットボール ドラズバアリーナ 2006 1
VCシャクタール・ドネツィク (解散) ウクライナ男子バレーボールスーパーリーグ英語版 バレーボール ドラズバアリーナ 1983 ソ連時代: 1 ウクライナ: 2
Skify-DonNTU ウクライナ・アメリカンフットボール選手権 アメリカンフットボール DonNTU 1990 13

文化[編集]

名所[編集]

アルトマ通り[編集]

アルトマ通りに面したドネツィクシェフチェンコ映画館

ドネツィクの主要な区域で、この広い通りは市内を巡るあらゆる観光客の起点である。新旧様々な建築物や小さな公園、洒落たホテル、レストランなどが立地している。史跡は通りや、レーニン広場、オペラ・バレー劇場、炭坑夫のモニュメント、ドネツィク演劇場が含まれる。

アルテムの像[編集]

壮大な6mのアルトマ通りにある像はフョードル・セルゲーエフ英語版でソビエトでも最も著名な政治家の一人であった。1921年にドンボスでセルゲーエフが亡くなるとスターリンは彼の息子を選出した。

ドネツィクオペラ・バレー劇場[編集]

ドネツィクオペラ・バレー劇場(2002年)

ドネツィクオペラ・バレー劇場英語版は1936年に建てられ、優美な外観と世界クラスの公演は擁する劇場である。ドネツィクには1946年からドネツィクバレエカンパニー英語版がある。

ドンバスパレス[編集]

ドンバスパレス英語版はドネツィク中心部にある五つ星ホテルで、ウクライナでは唯一ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドに加盟している。建物は1938年にシュヴァロヴァShuvalovaとリハニコフ Rechanikovの計画により1938年に建てられた。ナチスの占領期間にはドネツィクゲシュタポ本部が旧ホテルに置かれ、戦時中に建物の一部は破壊された。2004年の再建後にホテルはオープンしている。

プーシキン大通り[編集]

プーシキン大通り

美しい緑の遊歩道が2kmにわたり続いている。噴水やオープンカフェ、タラス・シェフチェンコなど多くの興味を惹く彫像等が点在する。通りには鉄から鍛冶で作り出された植物の彫像もあり、もともとは1896年に地元の鍛冶屋であったアレクセイ・メエルトサロヴAleksei Mertsalovが1本のレールから作り出し展示されたもので技術力の高さを示している。

ジョン・ヒューズのモニュメント[編集]

2001年からドネツィク国立工科大学の前に街の設立の功労者であるジョン・ヒューズの像がある。彼はドネツィクに産業の歴史を与え、ユゾフカの製鉄所に関わった。

フォージド・フィギアパーク[編集]

フォージド・フィギアパークに飾られている彫刻。薔薇はドネツィクのシンボルである

フォージド・フィギアパークは2001年に開園し、1種につき1インチのオブジェである。国際鍛冶工芸祭が毎年、パークで開かれている。

建築物[編集]

グレート・ブリテンVelikobritaniya。1883年に建築されたドネツィクでは最も古い建物の1つ。

ドネツィクはユゾフカYuzovkaと呼ばれていた時代、街は北と南の2つの部分に分かれていた。市の南側は工場や鉄道駅、電報局、病院、学校があった[48]。工場からそう遠くない場所は「イギリス人街」で、技術者や管理者が住んでいた。 ジョン・ヒュースの家や様々な外国人労働者の建物群が建築された後、市の南部分は主に英国式に構築された。これらの建物は長方形や三角形の形をしたファサードや緑色の屋根、大きな窓でこれらは建物やバルコニーの大きな部分を占めていた[48]。街のこの部分は通りは広く舗装がされていた。ドネツィクの建物の形成に対して大きな影響を与えたのはノヴォロシアの会社の「公式建築家」Moldingauyerであった[48]。当時のユゾコフ南部の建築物はジョン・ヒュースの家(1891年の物を一部保存)、ボルフールBolfur (1889)、ボッセで構成されていた。

ユゾフカの北側であったノヴィ・ソヴェトNovyi Svetには商人や職人、官僚が住んでいた[48]。そこには市場や警察本部、イエス変容大聖堂などが位置していた。ノヴィ・ソヴェトの中央の通りと近隣の通り際には主に1階か2階の民家や市場、レストラン、ホテル、オフィス、銀行があった。ユゾフカの北側部分で有名な保存されている建物にはホテルグレートブリテンがある。

最初のスタリノ時代での総合的な計画は1932年にオデッサで建築家P. Golovchenkoにより作られ、1937年に計画の一部に手が加えられた。この計画は市の建設局の歴史では初めてのことであった[48]。ドネツィク市内の大部分の建築物は20世紀後半以降のもので、設計はドネツィク市の建築家パヴェル・ヴィグジェルゴーズPavel Vigdergauzで1978年にソビエト連邦国家賞を受賞した[48]

宗教[編集]

再建されたイエス変容大聖堂

ドネツィクの住民はそれぞれ多くの異なった宗教に属しており、正教会[49]東方典礼カトリック教会プロテスタントカトリック教会イスラム教のモスク、ユダヤ教シナゴーグなど様々である。最も多くの信徒がいる宗教にはウクライナ正教会(モスクワ総主教庁系、キエフ総主教庁系)である。

2014年にドネツィク臨時政府議長Denis Pushilinの署名のビラがユダヤ人の過越で配布された。ビラにはドネツィクのユダヤ人の市民は彼ら自身や自分の財産、家族を親ロシア派の当局に登録するように伝えていた。ビラではその要求に従わなければ市民権の取り消しや財産の没収につながると主張していた。ビラのホロコーストの影を見たドネツィクのユダヤ人には混乱と恐怖を引き起こした[50] 。しかしながら、ビラはロシア・トゥデイの報道によれば偽物であると判断された[51]

メディア[編集]

以下の5つのテレビ局がドネツィクにはある。

ドネツィクには360mの高さのテレビ塔があり、市内では最も高い建築物の1つで1992年に完成した。

著名人[編集]

ドネツィクの市民は一般にダニチャニ Donechyani (ウクライナ語: Донеччани)と呼ばれる。以下の人々は著名なドネツィク出身か市内で育った人々である。

博物館[編集]

ドネツィクに約140の博物館や美術館があり、2つの地域の大きな博物館であるドネツィク地域歴史博物館、ドネツィク地域美術館が含まれる。ドネツィク地域歴史博物館はドネツィクの姿を明らかにし地域全体をカバーしている。1924年に開館し、12万の収蔵品には先史時代に遡る考古学的な発見からジョン・ヒューズの街の創設や炭鉱、第一次世界大戦、ソビエト時代などがある。

FCsシャクタール博物館は2010年に開館しウクライナでは初めてヨーロピアン・ミュージアム・オブ・ザ・イヤー賞英語版を受賞した[56]

交通[編集]

公共交通[編集]

トラム LM-2008
トロリーバスと大聖堂

ドネツィク市内の主な交通はトラム(路面電車)やトロリーバス、路線バス、私営のミニバスであるマルシュルートカである。市内の公共交通は自治体が統合して運営する企業Dongorpastransにより運行されている。市内には12のトラム路線(-130km)、17のトロリーバスの路線(-188km)、115の路線バス系統がある[57]。 トラムとトロリーバスは市内に2つの駅がそれぞれある[57] 。他の市内の交通手段にはタクシーがあり、ドネツィクには32台が走っている。ドネツィクには市内と郊外にバスターミナルがあり、 Yuzhnyは主に南方向の路線を扱い、Tsentrマリンカ英語版ヴヘルダル英語版の他、都市間路線、Krytyi rynokは主に北や東方向の路線を扱い、 Putilovskyは北や北西方向の路線を扱っている。

1992年にドネツィクメトロ英語版の建設が始ったが、近年になって資金不足のため放棄された。路線や駅は完成していない[58]

鉄道[編集]

ドネツィク中央駅

ドネツィクの中央駅は年間700万人の旅客を扱い[57]、街の北側に位置する。中央駅の近くには博物館があり、この地域の鉄道の歴史について扱っている。他の駅には RutchenkovoがキィフスキィKyivskyi地区にあり、MandrykinoはペトロフスキィPetrovskyi地区、MushketovoはブヂオニヴスキイィBudionivskyi地区にある。 一部の旅客列車はドネツィク駅を避け、市内のYasynuvata駅で扱っている。また市内には子供鉄道もある。ドネツィクはUEFA EURO 2012の開催都市であったのでUEFAの必要条件に応じるため、新しい鉄道ターミナル施設が計画されていた[59]。 ドネツィク州は重要なウクライナの交通のハブである。ドネツィクを基盤とする、ドネツィク鉄道はウクライナでは最大規模の鉄道部門の1つである。地域の農業や工業などの事業やドネツィクやルハンスク、部分的にドニプロペトロフスクザポリーニャハルキウ州の人々に供されている。

道路[編集]

ロシアのロストフ・ナ・ドヌへ続く欧州自動車道路Tabliczka E50.svgが途中、ドネツィク市内を通っている。これに加えて、国際道路のM 04が市内を通る。ウクライナの国道N 15, N 20, N 21号線も市内を通っている。ドネツィクをバイパスする4期目の環状道路の工事は2014年に完成する[60]

航空[編集]

ドネツィクにはドネツィク国際空港がある[61] 。1940年代の終わりに工事が終わり、1950年代に供用が始った。全ての空港施設は1973年に完成している。ドンバスアエロはドネツィク国際空港をベースとして運航している。 2014年7月現在では親ロシア派とウクライナ軍の戦闘により空港は機能停止状態にある[62]

教育[編集]

物理学の日のドネツィク国立大学英語版(2006年)

ドネツィクにはいくつかの大学があり、5の国立大学と11の研究機関、3のアカデミー、技術学校テフニクム英語版、5の私立大学、6のカレッジが含まれる。最も有力で著名な教育機関はドネツィク国立技術大学英語版で1921年に創設された[63]ドネツィク国立大学英語版は1937年に創設された。国立技術大学とマグデブルクの大学は密接な関係を持っている。1970年以来、100人を超える東ドイツからの学生が2つのドネツィクの国立大学のどちらかで高等教育を修了している。ドネツィクにはまた1930年に創設されたドネツィク国立医科大学英語版があり、ソ連では最大規模の医科大学の1つであった。ドネツィクには科学研究機関やイスラム大学、1960年に創設されたコンセルヴァトワールのプロコフィエフドネツィク国立ミュージックアカデミーがある。

姉妹都市[編集]

ドネツィクは以下の都市と姉妹都市の関係にある。

脚注[編集]

  1. ^ a b http://donetskstat.gov.ua/statinform/chisl_ruh1.php
  2. ^ a b Results / General results of the census / Number of cities”. 2001 Ukrainian Census. 2006年8月28日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ The City of a Million Roses”. AdorableLand. 2013年3月26日閲覧。
  4. ^ Yuz is a Russian or Ukrainian approximation of Hughes
  5. ^ Yuz is a Russian or Ukrainian approximation of Hughes
  6. ^ http://www.telegraph.co.uk/sport/football/competitions/euro-2012/9323465/Euro-2012-Donetsks-roots-have-more-in-common-with-Merthyr-Tydfil-than-Moscow.html
  7. ^ a b c From the history of the city” (Russian). Head of Donetsk City. 2007年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年5月7日閲覧。
  8. ^ “Ukraine crisis: What do the flags mean?”. BBC News. (2014年3月6日). http://www.bbc.com/news/blogs-magazine-monitor-26465465 2014年3月6日閲覧。 
  9. ^ http://alldonetsk.info/en/history-city-donetsk The history of the city of Donetsk
  10. ^ a b Was there a ghetto in Donetsk?” (Russian). Newspaper "Gorod". 2007年5月7日閲覧。
  11. ^ Das politische Bewusstsein (PDF)”. 2013年3月26日閲覧。
  12. ^ Донецкий облсовет проголосовал за референдум”. Gazeta.ua. 2014年3月3日閲覧。
  13. ^ В Донецке несколько сотен радикалов с криками "Россия" штурмуют ОГА”. Gazeta.ua. 2014年3月3日閲覧。
  14. ^ http://novosti.dn.ua/details/219796/
  15. ^ Ukrainian flag again flies over Donetsk regional HQ, Reuters (Mar 6, 2014)
  16. ^ Ukrainian Officials in East Act to Blunt Pro-Russian Forces, The New York Times (MARCH 7, 2014)
  17. ^ Russian Roulette: The Invasion of Ukraine (Dispatch Twenty Three). VICE News.. (2014年4月11日). https://www.youtube.com/watch?v=FpdCvuf-ZOk 
  18. ^ Radyuhin, Vladimir (2014年4月7日). “Donetsk proclaims independence from Ukraine”. The Hindu. 2014年4月7日閲覧。
  19. ^ Ukraine crisis: Eastern rebels claim 'self-rule' poll victory” (2014年5月12日). 2014年5月12日閲覧。
  20. ^ Ukraine crisis in maps” (英語). BBC (2015年2月18日). 2015年5月17日閲覧。
  21. ^ a b Weather in Donetsk” (Russian). rospogoda.ru. 2007年5月5日閲覧。
  22. ^ Pogoda.ru.net” (Russian). Weather and Climate (2011年5月). 2012年10月4日閲覧。
  23. ^ Statistics from the first All-Russian Empire Census, conducted on 1897年28 Januaryユリウス暦 15 15 January)
  24. ^ Statistics from the First All Union Census of the Soviet Union, conducted on 17 December 1926.
  25. ^ Statistics are from the All Union Census of the Soviet Union, conducted on 17 January 1939.
  26. ^ Statistics are from the All Union Census of the Soviet Union, conducted on 15 January 1959.
  27. ^ Statistics are from the All Union Census of the Soviet Union, conducted on 15 January 1970.
  28. ^ Statistics are from the All Union Census of the Soviet Union, conducted on 17 January 1979.
  29. ^ Statistics are from the All Union Census of the Soviet Union, conducted on 12 January 1989.
  30. ^ Statistics are from the State Statistics Committee of Ukraine, conducted on 1 January 1998.
  31. ^ Statistics are from the State Statistics Committee of Ukraine, conducted on 1 January 2006.
  32. ^ a b 2001 Ukrainian Census, Численность и состав населения Донецкой области по итогам Всеукраинской переписи населения 2001 года [The size and composition of the population on the basis of the Donetsk region in the 2001 Census].
  33. ^ a b 2001 Ukrainian Census, Численность и состав населения Донецкой области по итогам Всеукраинской переписи населения 2001 года, Языковой состав населения Донецкой области, по данным Всеукраинской переписи населения [The size and composition of the population on the basis of the Donetsk region in the 2001 Census, Linguistic composition of the population of the Donetsk region, according to the Census]
  34. ^ Financial Times, Donetsk governor battles to restore order, by John Reed, 26/27 April 2014, p5.
  35. ^ Ukrainian Census (Donetsk Oblast)” (Ukrainian). Head of the Donetsk Oblast Statistics. 2007年5月5日閲覧。
  36. ^ Eternal Russia:Yeltsin, Gorbachev, and the Mirage of Democracy by Jonathan Steele, Harvard University Press, 1988, ISBN 978-0-674-26837-1 (p. 218)
  37. ^ “Another victim of Ukraine mine blast dies in hospital”. RIA Novosti. (2007年11月30日). http://en.rian.ru/world/20071130/90191552.html 2007年12月1日閲覧。 
  38. ^ a b c d Template:Lukyanchenko.dn.ua
  39. ^ Subtelny, Orest (2000). Ukraine: A History. University of Toronto Press. p. 613. ISBN 0-8020-8390-0. 
  40. ^ Special Economic Zones and Special Regime of Investment Activities in Donetsk Oblast” (Ukrainian). Order of Verhovna Rada (1999年1月14日). ...
  41. ^ Sister cities of Donetsk” (Russian). Head of Donetsk City. 2007年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。...
  42. ^ Meine Reise nach Donetsk I: Die unbekannte ukrainische Metropole, seniorbook.de 05.11.2013.
  43. ^ The Daily Review, Volume 13, Michigan 1967.
  44. ^ "Contacts." Donbassaero. Retrieved on 27 April 2011. "Headquarter The headquarter of our company is located at international airport “Donetsk”. Address: DONBASSAERO, 1«V», Vzlyotnaya str., Donetsk, 83021, Ukraine".
  45. ^ Forbes admitted Donetsk best city for business in Ukraine | Ukraine News”. Yellowpage.in.ua (2012年6月1日). 2013年3月26日閲覧。
  46. ^ Stadiums / Donetsk”. UEFA Euro 2012. 2007年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年5月7日閲覧。
  47. ^ Stadiums / Introduction”. UEFA Euro 2012. 2007年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年5月7日閲覧。
  48. ^ a b c d e f Архитектура Донецка” (Russian). Russian Wikipedia. ...
  49. ^ Main Page” (Russian). Donbass Pravoslavnyi. 2007年5月12日閲覧。
  50. ^ Margalit, Michal. "Donetsk leaflet: Jews must register or face deportation." Ynetnews. 16 April 2014.
  51. ^ "Fake Flyer Fury: 'Letter to Jews' Kerry cited was forged." RussiaToday/RT 19 April 2014.
  52. ^ Main Page” (Russian). TRK Ukraina. ...
  53. ^ Main Page” (Russian). Kievska Rus. ...
  54. ^ Main Page” (Russian). Pervyi munitsipal'nyi kanal. ...
  55. ^ http://www.abc.net.au/news/2014-02-28/ukraine-minister-accuses-russia-of-armed-invasion/5291986
  56. ^ FC Shakhtar Museum nominated for an 'Oscar'”. Donbass-arena.com (2012年5月19日). 2013年3月26日閲覧。
  57. ^ a b c Transport” (Russian). Partner-Portal. 2007年5月11日閲覧。
  58. ^ У Донецьку припиняють зводити метро (ウクライナ語)
  59. ^ Construction of railway terminal in Donetsk for UEFA EURO 2012 worth UAH 414mln, Ukrinform (23 September 2009)
  60. ^ Building of fourth stage of Donetsk ring road to end in 2014, Interfax-Ukraine (11 January 2014)
  61. ^ Service Center, International Airport "Donetsk"” (Russian/English). VIP-Terminal. 2007年3月6日閲覧。
  62. ^ Notice for passengers International Airport Donetsk. 26 May 2014. Accessed 31 May 2014
  63. ^ About DonNTU” (Russian). Donetsk National Technical University (DonNTU). 2007年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年5月11日閲覧。

脚注関連文献[編集]

  • Kilesso, S. (1982). Donetsk. Architectural-historical summary. Kiev: Budivelnyk. p. 152. 
  • Partner-Portal — Everything about Donetsk” (Russian). Partner-Portal. Интернет-агентство «Партнер». 2006年8月28日閲覧。

外部リンク[編集]

総合

歴史

地図