カンプ・ノウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カンプ・ノウ
Camp Nou

Camp Nou aerial (cropped).jpg

カンプ・ノウの位置(バルセロナ内)
カンプ・ノウ
施設情報
所在地 スペインの旗スペインバルセロナ
位置 北緯41度22分51.20秒 東経2度7分22.19秒 / 北緯41.3808889度 東経2.1228306度 / 41.3808889; 2.1228306座標: 北緯41度22分51.20秒 東経2度7分22.19秒 / 北緯41.3808889度 東経2.1228306度 / 41.3808889; 2.1228306
起工 1954年3月28日
開場 1957年9月24日
修繕 1995年、2008年、2025年予定
拡張 1982年、2022年9月予定
所有者 FCバルセロナ
運用者 FCバルセロナ
グラウンド グラスマスター
ピッチサイズ 105 x 68 m
建設費 288,000,000ドル
設計者 フランセスク・ミリャンス=ミロ
ロレンソ・ガルシア・バルボン
ジョゼップ・ソテラス・マウリ
旧称
Estadi del Futbol Club Barcelona
使用チーム、大会
FCバルセロナ (ラ・リーガ) (1957–現在)
収容人員
99,786人

カンプ・ノウCamp Nouカタルーニャ語発音: [ˌkamˈnɔw])は、スペインバルセロナサッカー専用スタジアムFCバルセロナのホームスタジアムとして使用されている。

名称[編集]

正式名称は2001年までEstadi del Futbol Club Barcelonaだったが、一般的には早い時期から「新しいスタジアム」を意味するカンプ・ノウと呼ばれていた[1]。これはそれまで使用していたカンプ・ダ・ラス・コルツCamp de Les Corts)に代わる新しいものであったことから付けられたものである。2000-2001シーズン、クラブはカンプ・ノウを正式名称にするか「ソシオ」に郵便により諮問した結果、クラブに届いた29,102通の68.25%に当たる19,861通が賛成したため、カンプ・ノウ(エスタディオ・カンプ・ノウ Estadio Camp Nou)が正式名称となった。

歴史[編集]

1960年代から1970年代にバルセロナの人口は急増し、住宅需要が高まっていた。それに先駆け、FCバルセロナ永代所有財産解放令(メンディサバル法)の適用を受け、旧ホームスタジアムであったカンプ・ダ・ラス・コルツの土地を売却し、ホームスタジアムを郊外に移転する目的で、新しいスタジアムであるカンプ・ノウを建設した。これはスポーツ施設に対する同法適用の第一号である。

本拠地の郊外移転でFCバルセロナは莫大な不動産利益を獲得することになり、これがクラブチームの経営の経済基盤となった。またラディスラオ・クバラシャーンドル・コチシュラモン・ビジャベルデエバリストらによる、1950年代におけるクラブの黄金期にあって、その人気の後押しも新スタジアム建設の後押しとなり、クラブはカンプ・ノウを中心に周辺にサッカーを中心とした娯楽施設を整備していく[2]

1954年3月28日に6万人のファンの見守る中、当時のバルセロナ市長によって最初の礎石が置かれ、バルセロナ大司教によって祝福された。建設期間は3年に及び、予算は当初の3.36倍にも膨れ上がった。1957年9月24日の落成式ではゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルの『ハレルヤ』が演奏された。こけら落しの試合はFCバルセロナとレギア・ワルシャワとの親善試合であり、4対2でFCバルセロナが勝利した。

収容人数は当初93,053人であったが、スペインで開催された1982 FIFAワールドカップ時には120,000人まで増やした。その後、1990年代にFIFAの規則により立見席が禁止されたことにより、1990年代終わりには99,000人が定員となった。クラブのウェブサイトによると現在は99,354人であり、ヨーロッパ最大のスタジアムである。

UEFAが選定するスタジアムのレベルも最高クラスであり、過去には1999年にUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦がここで行われた(カンプ・ノウの奇跡)。

スタンドの景観はもとより、ピッチの水捌けまで計算されている。ピッチは肉眼では分からない位アンジュレーションが付いていて、ほんのわずかだけ真ん中が高く、外に行くにつれてだんだん低くなる設計がされており、水が流れ出るようになっている。

スタンドについては、1階以外はどの角度から見ても全体を見渡せるようになっている。

2014年1月、クラブはスタジアムの全面改築を発表、建て替え・移設はせず、10万人規模の屋根付きスタジアムに改築すると発表[3]。2022年6月に建設を開始し、2025年に完成予定で[4][5]、総工費は6億ユーロとされている。2015年6月から国際設計コンペティションを行い、審査の結果、2016年3月8日、日本の日建設計と地元カタルーニャのジョアン・パスクアル=ラモン・アウシオ建築事務所のチームが手掛けることが決まった。

2022年3月15日、クラブはスウェーデンの音楽ストリーミングサービス企業・スポティファイ・テクノロジー(Spotify)と2億8000万ユーロ(約360億円/3億1千万ドル)相当のメインスポンサー契約を締結し、スポティファイはユニフォームの胸スポンサーを最大4シーズン務めると同時に、スタジアムの命名権を12シーズン分取得した。同年4月3日にはFCバルセロナ臨時代議員総会で承認され、同年7月にSpotifyカンプノウ(Spotify Camp Nou)と改名された[6]。なおUEFA・FIFA管轄大会では、クリーンスタジアム規定により命名権が行使できないため、従来どおりカンプ・ノウを使用している。

サッカー以外[編集]

サッカー以外にも、コンサートとしてはフリオ・イグレシアスU2マイケル・ジャクソンブルース・スプリングスティーンアムネスティ・インターナショナル主催のチャリティーコンサート、三大テノールらが行った。

またヨハネ・パウロ2世のミサが1982年11月17日に行われた。ラグビーではトップ14決勝会場として2016年に開催。これはラグビーワールドカップ2015の開催によりシーズンの開幕が遅れたことに加えUEFA EURO 2016開催によりスタッド・ド・フランスが使用不可のためであり、フランス国外でトップ14決勝が開催されるのは初のことである。

脚注[編集]

  1. ^ 太下義之 (2010年10月8日). “二人のシャビと一つのスペイン”. 三菱UFJリサーチ&コンサルティング. 2018年8月13日閲覧。
  2. ^ 岡部明子『バルセロナ 地中海都市の歴史と文化』中央公論新書、2010年、中央公論新社
  3. ^ Barcelona announce Nou Camp redevelopment plan”. BBC Sport (20 Janauary 2014). 2014年1月20日閲覧。
  4. ^ The New Camp! Barcelona reveal £495m plan to develop 105,000 capacity stadium with roof”. Daily Mail (20 Janauary 2014). 2014年1月20日閲覧。
  5. ^ A new stadium built on the same structure”. FC Barcelona Official Site (20 Janauary 2014). 2014年1月20日閲覧。
  6. ^ 本拠地の名称は“Spotifyカンプ・ノウ”に!バルセロナと『Spotify』がパートナー契約締結”. GOAL.com (2022年3月16日). 2022年4月9日閲覧。

外部リンク[編集]