サッカーベルギー代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サッカーベルギー代表
国または地域 ベルギーの旗 ベルギー
協会 ベルギーサッカー協会
愛称 赤い悪魔(蘭語:Rode Duivels
/仏語:Diables Rouges
監督 スペインの旗 ロベルト・マルティネス
最多出場選手 ヤン・フェルトンゲン(97試合)
最多得点選手 ロメル・ルカク(42得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1904年5月1日フランス
3-3
最大差勝利試合 2001年2月28日サンマリノ
10-1
最大差敗戦試合 1909年4月8日イングランド(アマチュア)
2-11
FIFAワールドカップ
出場回数 12回(初出場は1930
最高成績 3位 (2018)
UEFA欧州選手権
出場回数 4回
最高成績 準優勝 (1980)

サッカーベルギー代表オランダ語: Belgisch voetbalelftal, フランス語: Equipe de Belgique de football)は、ベルギーサッカー協会(KBVB/URBSFA)により編成されるベルギーサッカーのナショナルチーム。

歴史[編集]

ベルギー代表はFIFAワールドカップには第1回大会から3大会連続出場の実績を持つ古豪で、1980年代に入りヤン・クーレマンスジャン・マリー・プファフエリック・ゲレツらが台頭してから隆盛を迎えた。UEFA欧州選手権1980で地元イタリアを抑えて決勝に進出し、準優勝に輝いた。1982 FIFAワールドカップでは開幕戦でディエゴ・マラドーナを擁する前回優勝国のアルゼンチンを1-0で破る番狂わせを演じ、ワールドカップ出場6回目で初めてグループリーグを突破。エンツォ・シーフォジョルジュ・グルンらが加わった1986 FIFAワールドカップでは、欧州予選プレーオフでオランダと対戦し、アウェイの第二戦でオランダの出場権獲得が迫っていた中で挙げた85分のゴールによってアウェイゴールルールでの突破を果たした。本大会でもグループリーグ3位と苦しみながらも決勝トーナメントに進出し、ソ連スペインを立て続けに破って初のベスト4となる4位に躍進した。

その後もシーフォらを中核に1990年1994年1998年と3大会連続で本大会出場を果たし1990年と1994年大会ではベスト16に進出した。ちなみに参加24ヶ国6グループ制だった時代に1990,1994と2大会連続で第1シード権を得るなど強豪ぶりを発揮していた。

UEFA欧州選手権ではUEFA EURO 2000をオランダと共催したが、1勝2敗でグループリーグ敗退に終わり、FIFAワールドカップと欧州選手権で続いていた「開催国は必ず一次リーグを突破する」という伝統が初めて崩れた。2002 FIFAワールドカップではマルク・ヴィルモッツを擁しベスト16に進出したが、世代交代に失敗し、この大会を最後にワールドカップ、欧州選手権共に予選敗退が続き、2010年にはFIFAランク68位まで後退した。

その後はユース世代の育成改革が成功し、エデン・アザールケヴィン・デ・ブライネロメル・ルカク黄金世代の選手が次々と現れ始めた。2013年10月11日、ヨーロッパ予選グループAで首位通過を決め、3大会ぶりにFIFAワールドカップへ出場することになった。本大会ではグループリーグ3連勝で首位を通過、ラウンドオブ16では延長戦でアメリカに勝利し、1986年大会以来28年ぶりにベスト8へと進出した。準々決勝ではアルゼンチンの前に敗れた。

2015年11月5日付のFIFAランキングで史上8ヶ国目の1位となった。

UEFA EURO 2016で4大会ぶりに本大会へ出場し、ベスト8まで進出したが準々決勝でウェールズに敗れた。

2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では、グループHで9勝1分け(総得点43点)という圧倒的な強さを見せ、欧州一番乗りで本大会の出場権を獲得した。本大会ではグループGを3戦全勝で首位通過し、決勝トーナメント1回戦では日本に3-2と大逆転勝ちし、準々決勝では優勝候補のブラジルを2-1で退けた。準決勝はフランスを相手に0-1で敗れたが、3位決定戦ではイングランドに2-0で勝利し、1986年大会を上回る3位となった。

特徴[編集]

プファフ、ミシェル・プロドームティボ・クルトゥワを筆頭にヨーロッパではドイツ、イタリア、イングランド、スイスと並んで優秀なゴールキーパーを輩出する国として知られている。

FIFAワールドカップの成績[編集]

開催国 / 年 成績
ウルグアイの旗 1930 グループリーグ敗退 2 0 0 2 0 4
イタリア王国の旗 1934 1回戦敗退 1 0 0 1 2 5
フランスの旗 1938 1回戦敗退 1 0 0 1 1 3
ブラジルの旗 1950 出場辞退
スイスの旗 1954 グループリーグ敗退 2 0 1 1 5 8
スウェーデンの旗 1958 予選敗退
チリの旗 1962
イングランドの旗 1966
メキシコの旗 1970 グループリーグ敗退 3 1 0 2 4 5
西ドイツの旗 1974 予選敗退
アルゼンチンの旗 1978
スペインの旗 1982 ベスト16 5 2 1 2 3 5
メキシコの旗 1986 4位 7 2 2 3 12 15
イタリアの旗 1990 ベスト16 4 2 0 2 6 4
アメリカ合衆国の旗 1994 ベスト16 4 2 0 2 4 4
フランスの旗 1998 グループリーグ敗退 3 0 3 0 3 3
日本の旗大韓民国の旗 2002 ベスト16 4 1 2 1 6 7
ドイツの旗 2006 予選敗退
南アフリカ共和国の旗 2010
ブラジルの旗 2014 ベスト8 5 4 0 1 6 3
ロシアの旗 2018 3位 7 6 0 1 16 6
合計 出場13回 48 20 9 18 68 72

UEFA欧州選手権の成績[編集]

開催国 / 年 成績
フランスの旗 1960 予選敗退
スペインの旗 1964
イタリアの旗 1968
ベルギーの旗 1972 3位 2 1 0 1 3 3
ユーゴスラビアの旗 1976 予選敗退
イタリアの旗 1980 準優勝 4 1 2 1 4 4
フランスの旗 1984 グループリーグ敗退 3 1 0 2 4 8
西ドイツの旗 1988 予選敗退
スウェーデンの旗 1992
イングランドの旗 1996
ベルギーの旗オランダの旗 2000 グループリーグ敗退 3 1 0 2 2 5
ポルトガルの旗 2004 予選敗退
オーストリアの旗スイスの旗 2008
ポーランドの旗ウクライナの旗 2012
フランスの旗 2016 ベスト8 5 3 0 2 9 5
合計 出場5回 17 7 2 8 22

2018 FIFAワールドカップメンバー[編集]

キャップ[編集]

2014年7月7日現在

  水色は現役代表選手
名前 キャップ数 期間
1 ヤン・クーレマンス 96 1976-1991
2 ティミー・シモンス 93 2001-2013
3 エリック・ゲレツ 86 1975-1991
ヴァン・デル・エルスト 1984-1998
5 エンツォ・シーフォ 84 1984-1998
ダニエル・ファン・ブイテン 2001-2014
7 ポール・ヴァン・ヒムスト 81 1960-1974
8 バルト・ホール 78 1999-2008
9 ジョルジュ・グルン 77 1984-1995
10 ロレンツォ・スターレンス 70 1989-2000
マルク・ヴィルモッツ 1990-2002

得点[編集]

2018年3月27日現在

  水色は現役代表選手
名前 得点数 期間
1 ロメル・ルカク 42 2008-
2 ジョゼフ・メルマン 27 1945-1956
3 ロベルト・デ・フェーン 26 1906-1913
レイモン・ブレーヌ 1925-1939
4 ヴェスレイ・ソンク 24 2001-2010
8 ヤン・クーレマンス 23 1976-1991
マルク・デグリース 1984-1996
10 アンリ・コパン 21 1949-1959

監督[編集]

選手[編集]

太字は現役選手

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]