レアンドロ・トロサール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レアンドロ・トロサール Football pictogram.svg
Leandro Trossard 2022.jpg
ブライトンでのトロサール(2022年)
名前
ラテン文字 Leandro Trossard
基本情報
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
生年月日 (1994-12-04) 1994年12月4日(28歳)
出身地 マースメヘレン
身長 172cm
体重 65kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 アーセナルFC
ポジション FW (LWG)
背番号 19
利き足 右足
ユース
2002-2004 ベルギーの旗 ランクラールセVV
2004-2005 ベルギーの旗 レアル・ネールーテルン
2005-2008 ベルギーの旗 PEマースメヘレン
2008-2010 ベルギーの旗 ボホルターVV
2010-2012 ベルギーの旗 ヘンク
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2019 ベルギーの旗 ヘンク 83 (27)
2013 ベルギーの旗 ロンメル・ユナイテッド (loan) 12 (7)
2013-2014 ベルギーの旗 ウェステルロー (loan) 17 (3)
2014-2015 ベルギーの旗 ロンメル・ユナイテッド (loan) 30 (16)
2015-2016 ベルギーの旗 ルーヴェン (loan) 30 (8)
2019-2023 イングランドの旗 ブライトン 116 (25)
2023- イングランドの旗 アーセナル 0 (0)
代表歴2
2010  ベルギー U-16 5 (0)
2010-2011  ベルギー U-17 11 (0)
2011-2012  ベルギー U-18 3 (0)
2012-2013  ベルギー U-19 8 (0)
2016  ベルギー U-21 1 (0)
2020- ベルギーの旗 ベルギー 24 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。2023年1月20日現在。
2. 2023年1月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

レアンドロ・トロサール(Leandro Trossard, 1994年12月4日 - )は、ベルギーマースメヘレン出身のサッカー選手プレミアリーグアーセナルFC所属。ポジションはFW(ウィング)。ベルギー代表

クラブ経歴[編集]

ベルギー時代[編集]

2010年にKRCヘンクの下部組織へ入団。2012年にトップチームへ昇格した。4度のローン移籍を繰り返しながら徐々に頭角を現し、2016-17シーズンから主力に定着[1]。2018-19シーズンには初の2桁得点を挙げ、イングランドドイツなど国外の多くのクラブからの関心が盛んに伝えられた[2]。同シーズン後半、アレハンドロ・ポスエロ移籍後は主将を務め、ヘンクの8年ぶりのリーグ優勝に貢献した[3][4]

ブライトン[編集]

2019年6月26日、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCと4年契約を締結したことが発表された[5]。2019年8月17日、プレミアリーグウェストハム戦で先発出場しプレミアリーグデビューを果たすとPA外から強烈なミドルシュートを決めてデビュー戦でプレミアリーグ初ゴールも記録した[6]

2022年10月1日、プレミアリーグのアウェイ・リヴァプールFC戦においてハットトリックを達成した。リヴァプールのホームスタジアムであるアンフィールドでハットトリック達成は史上3人目となる快挙であった[7]。2023年1月13日、ロベルト・デ・ゼルビ監督が会見で練習を無断で切り上げたためリヴァプールFC戦でメンバー外にすると話しトロサールに不快感を露わにした。これに対して、彼の代理人は2022 FIFAワールドカップ前に本人は延長に前向きであったが契約延長が不成立となったこと、ワールドカップ後に他選手と口論になったがその後コーチは一切話し合いをせずチーム内での彼を取り巻く雰囲気が悪いこと、それまで先発起用が続いていたのにエヴァートンFC戦で突然ベンチスタートとなり不出場に終わったが何の説明もないこと、練習切り上げはふくらはぎに問題を抱えたためメディカルと相談の上で行ったこと、その後個別練習を命じられチームから除外されたことなどブライトン側に問題があると指摘し移籍が解決策であると反論した[8]

アーセナル[編集]

2023年1月20日、アーセナルFCへの加入が発表された。背番号は19番を着用[9]。同年1月22日、プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦で途中出場しアーセナルデビューを果たした[10]

代表経歴[編集]

2010年からベルギーの世代別代表に招集され始め、ユースのメジャー大会出場は経験できなかったが、世代別代表通算28試合に出場した。

2018年9月、ロベルト・マルティネス監督によりベルギー代表に初招集されたが、負傷によって招集を辞退した[11]。それから約2年後の2020年9月5日、UEFAネーションズリーグデンマーク代表戦にて、80分にドリース・メルテンスとの途中交代でベルギー代表での初キャップを経験した[12]。代表初ゴールは2021年3月30日の2022 FIFAワールドカップ・予選ベラルーシ代表戦で記録し、試合には8-0で大勝した[13]

2021年5月、UEFA EURO 2020に臨むベルギー代表の登録メンバーに選出された[14]。しかし、本大会ではグループステージ2勝を経てすでに突破が決定したため、消化試合となった第3節のフィンランド代表戦にのみ出場した[15]

プレースタイル[編集]

高い得点力を有するウィンガー。左右のウィングのほか、10番のポジションでもプレー出来る[16]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

代表[編集]

国際Aマッチ 24試合 5得点(2020年 - )


ベルギー代表国際Aマッチ
出場得点
2020 3 0
2021 11 2
2022 10 3
通算 24 5

得点[編集]

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 2021年3月30日 ベルギーの旗 ルーヴェンデン・ドリーフ英語版 ベラルーシの旗 ベラルーシ 3-0 8-0 2022 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
2 7-0
3 2022年3月29日 ベルギーの旗 ブリュッセルコンスタン・ヴァンデン・ストックスタディオン ブルキナファソの旗 ブルキナファソ 2-0 3-0 親善試合
4 2022年6月8日 ベルギーの旗 ルーヴェンボードゥアン国王競技場 ポーランドの旗 ポーランド 3-1 6-1 UEFAネーションズリーグ2022-23・リーグA
5 4-1

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ヘンク
ウェステルロー

脚注[編集]

  1. ^ BVB wohl mit Interesse an Leandro Trossard von KRC Genk. Goal.com. 2018/11/26.
  2. ^ Leandro Trossard's Agent Angling for Bundesliga Move Although Arsenal Deal Could Still Happen. 90min. 4 May 2019.
  3. ^ Trossard uit frustratie: “Het gedoe met Pozuelo heeft ons punten gekost”. VoetbalPrimeur.be. 27 March 2019.
  4. ^ KRC Genk is voor vierde keer landskampioen. Voetbal24.be. 16 May 2019.
  5. ^ [1]. Brighton & Hove Albion. 26 June 2019.
  6. ^ “Brighton 1-1 West Ham: Leandro Trossard shines as Seagulls are held”. (2019年8月17日). https://www.bbc.com/sport/football/49302579 2023年1月21日閲覧。 
  7. ^ ““要塞”でのハットは史上3人目の偉業!…ブライトンMFトロサール「特別な気分だね」”. (2022年10月2日). https://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20221002/1694040.html 2023年1月21日閲覧。 
  8. ^ “移籍噂のトロサール、チーム練習から無断で立ち去る…監督はリヴァプール戦のメンバー外も明言”. (2023年1月14日). https://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20230114/1729819.html?cx_tag=rankingall 2023年1月21日閲覧。 
  9. ^ “Leandro Trossard joins on long-term contract”. (2023年1月20日). https://www.arsenal.com/news/leandro-trossard-joins-long-term-contract 2023年1月21日閲覧。 
  10. ^ “「典型的なアーセナルの選手」であることをわずか10分強で証明 トロサールから漂う補強大成功の予感”. (2023年1月23日). https://news.yahoo.co.jp/articles/a303b6f35b0c1ac1e827cc2f6361a09a1ea1a3f0 2023年1月24日閲覧。 
  11. ^ “Trossard wordt niet geopereerd, "maar is wel enkele weken out"” (オランダ語). Sporza. (2018年10月5日). https://api.sporza.be/permalink/web/articles/1538753441892 2022年10月31日閲覧。 
  12. ^ Denmark v Belgium game report”. UEFA. 2020年9月5日閲覧。
  13. ^ Belgium 8-0 Belarus: Leandro Trossard scores twice in crushing win”. BBC Sport. BBC Sport. 2021年3月30日閲覧。
  14. ^ Selection of the Red Devils for EURO 2020 has been announced”. Royal Belgian FA. BBC Sport. 2021年5月19日閲覧。
  15. ^ “Finland 0-2 Belgium: Romelu Lukaku strike secures top spot in Group B - BBC Sport”. BBC Sport. (2021年6月21日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/51198415 2022年10月31日閲覧。 
  16. ^ Roberto Martinez is a big fan of £25m Everton transfer target. tbrfootball. 6 May 2019.

外部リンク[編集]