コンテンツにスキップ

サッカーポーランド代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サッカーポーランド代表
国または地域 ポーランドの旗 ポーランド
協会 ポーランドサッカー協会
FIFAコード POL
愛称 Biało-czerwoni (白と赤)
Białe Orły (白鷲)
最多出場選手 ロベルト・レヴァンドフスキ(152試合)
最多得点選手 ロベルト・レヴァンドフスキ(83得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1921年12月18日ハンガリー
0-1
最大差勝利試合 2009年4月1日サンマリノ
10-0
最大差敗戦試合 1948年7月26日デンマーク
0-8
FIFAワールドカップ
出場回数 9回(初出場は1938
最高成績 3位 (1974, 1982)
UEFA欧州選手権
出場回数 4回
最高成績 ベスト8 (2016)

サッカーポーランド代表(サッカーポーランドだいひょう、Reprezentacja Polski w piłce nożnej)は、ポーランドサッカー協会(PZPN)によって構成される、ポーランドサッカーナショナルチームである。

歴史[編集]

1930年代 - 1980年代[編集]

ワールドカップ初出場は1938年大会だった。ポーランドは逼迫する国際情勢の中での参加で、この年はナチス・ドイツ及びソ連のポーランド侵攻の前年に相当する。この大会で1回戦でブラジルと対戦したが5-6で敗退している。

1974 FIFAワールドカップ3位決定戦でブラジルを下し歓喜する選手達

1974年大会では、初出場から6大会連続で本大会に出場しているイングランドと欧州予選の最終戦でウェンブリー・スタジアムで互いに突破をかけて対戦した。勝てば逆転で突破を果たすイングランドを相手にアウェイながら先制点を挙げ、最後には1-1の引分で7大会ぶりの出場権を獲得した。本大会でも決勝進出をかけた2次リーグ最終戦で地元の西ドイツに1-0で敗れるが、それ以外の試合はブラジル、アルゼンチンイタリアなどに全勝し、6勝1敗で3位入賞を果たした。

その後、1986年大会まで連続して出場した。1982年大会では、3位決定戦でフランスに3-2で勝利して再び3位入賞を果たしている。

2000年代 - 2010年代[編集]

16年ぶりの出場となった2002年大会では、ナイジェリアから帰化したエマヌエル・オリサデベを擁して欧州予選を突破したがアメリカに1勝したのみでグループリーグで敗退している。2006年大会にも連続出場したが、コスタリカに勝利したもののグループリーグで敗退した。

UEFA EURO(欧州選手権)には2008年大会で初めて出場したが、本戦では1勝も挙げられず終わった。開催国として臨んだUEFA EURO 2012では、グループAでロシアギリシャチェコと対戦した。しかし、2分1敗と1勝も挙げられずグループリーグ敗退となった。予選を突破し3大会連続出場となったUEFA EURO 2016では北アイルランド戦で本大会初勝利を記録すると、初めてグループリーグを突破した。ラウンド16でスイスをPK戦で下すも、準々決勝で今大会優勝のポルトガルにPK戦で敗れた。

2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ではロベルト・レヴァンドフスキが16得点と予選得点王に輝く活躍を見せ、E組1位となり3大会ぶり8回目のワールドカップ出場を決めた。

本大会ではグループHに入るが、初戦でセネガルに1-2、2戦目のコロンビアに0-3で敗れ、3戦目の日本戦を残したままポーランドのグループリーグ敗退が決まった。なお、日本戦は1-0で勝利した。なお、FIFAワールドカップでは2018年大会終了時点で、グループリーグ敗退となった3大会では2連敗してグループリーグ敗退が決まってから最終戦で勝利している。

2020年代[編集]

UEFA EURO 2020ではスペインスウェーデンという2つの強豪とプレーオフを勝ち抜いてきたスロバキアと同組になった。大会初戦のスロバキア戦ではGKのヴォイチェフ・シュチェスニーによるミスもあって1-2で敗戦し、続くスペイン戦とスウェーデン戦ではエースストライカーのロベルト・レヴァンドフスキが3得点と奮闘するもスペインに引き分けただけに終わり、グループを1分2敗という悲惨な結果で大会敗退が決まった。

2022 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ではグループI2位でプレーオフへ進出し、プレーオフではパスBに組み入れられた。2022年ロシアのウクライナ侵攻を受け、同組に入ったスウェーデン、チェコと共にポーランドが準決勝で対戦するロシアとの対戦拒否を表明し[1]、その後国際サッカー連盟(FIFA)はロシアを予選追放処分にしたと同時に、プレーオフ準決勝の不戦勝が決定[2][3]。プレーオフ決勝ではスウェーデンを2-0で下して2大会連続の出場を決めた[4]

本大会ではグループCに入り、初戦でメキシコと対戦。レヴァンドフスキのPKがギジェルモ・オチョアに阻止されたが、0-0で勝ち点1を獲得[5]。続くサウジアラビア戦ではレヴァンドフスキのW杯初ゴールを含む2-0で勝利した[6]。3戦目のアルゼンチン戦では0-2で敗れ、勝ち点4でメキシコと並ぶが得失点差で上回ったためグループ2位で36年ぶりの決勝トーナメント進出を果たした[7]。決勝トーナメント1回戦ではグループDを首位で通過したフランス代表と対戦。キリアン・エムバペオリヴィエ・ジルーにゴールを決められ、レヴァンドフスキのPKで1点を返すが1-3で敗れ、ベスト16でカタールの地を去った[8]。大会終了後にチェスワフ・ミフニェヴィチ監督は退任し、ミフニェヴィチの後任には8年間にわたってポルトガル代表の監督を務めていたフェルナンド・サントスが監督に就任した[9][10]

UEFA EURO 2024予選ではグループEに入り、アルバニアチェコモルドバフェロー諸島と同組になったが、第3節でモルドバ相手に前半に2点リードしながら後半に3点を奪われて2-3で逆転負けを喫し、第5節のアルバニア戦でも0-2で敗れた。この試合を最後にサントスは監督を解任された[11]

UEFA EURO 2024ではグループDに入り、初戦でオランダと対戦し、前半16分にアダム・ブクサのゴールで先制するが、同29分にコーディ・ガクポ、83分にボウト・ベグホルストのゴールで2点を奪われ1-2で逆転負けを喫した。2戦目のオーストリア戦では前半9分にゲアノット・トラウナーに先制ゴールを決められ、同30分にクシシュトフ・ピョンテクのゴールで一時は追いつくも66分・78分に立て続けに2失点を喫し1-3で敗戦。直後に行われたフランス対オランダ戦が0-0で終了したことでグループ4位が確定。2大会連続のグループステージ敗退が決定しただけでなく、今大会史上最速でグループステージ敗退を喫することとなった[12]。負ければEURO史上初の3連敗で終わる最終戦のフランス戦では、前半を0-0で折り返すも56分にキリアン・エムバペにPKから先制点を奪われ、79分にロベルト・レヴァンドフスキのPKで追いつくも、逆転できず引き分けとなった。それでも勝点1を最後の最後に獲得し3連敗を回避して大会を終えた。

成績[編集]

FIFAワールドカップ[編集]

開催国 / 年 成績
ウルグアイの旗 1930 不参加
イタリア王国の旗 1934 予選敗退
フランスの旗 1938 1回戦敗退 1 0 0 1 5 6
ブラジルの旗 1950 不参加
スイスの旗 1954 参加辞退
スウェーデンの旗 1958 予選敗退
チリの旗 1962
イングランドの旗 1966
メキシコの旗 1970
西ドイツの旗 1974 3位 7 6 0 1 16 15
アルゼンチンの旗 1978 2次リーグ敗退 6 3 1 2 6 6
スペインの旗 1982 3位 7 3 3 1 11 5
メキシコの旗 1986 ベスト16 4 1 1 2 1 7
イタリアの旗 1990 予選敗退
アメリカ合衆国の旗 1994
フランスの旗 1998
日本の旗大韓民国の旗 2002 グループリーグ敗退 3 1 0 2 3 7
ドイツの旗 2006 3 1 0 2 2 4
南アフリカ共和国の旗 2010 予選敗退
ブラジルの旗 2014
ロシアの旗 2018 グループリーグ敗退 3 1 0 2 2 5
カタールの旗 2022 ベスト16 4 1 1 2 3 5
合計 出場9回 38 17 6 15 49 50

UEFA欧州選手権[編集]

開催国 / 年 成績
フランスの旗 1960 予選敗退
スペインの旗 1964
イタリアの旗 1968
ベルギーの旗 1972
ユーゴスラビアの旗 1976
イタリアの旗 1980
フランスの旗 1984
西ドイツの旗 1988
スウェーデンの旗 1992
イングランドの旗 1996
ベルギーの旗オランダの旗 2000
ポルトガルの旗 2004
オーストリアの旗スイスの旗 2008 グループリーグ敗退 3 0 1 2 1 4
ポーランドの旗ウクライナの旗 2012 3 0 2 1 2 3
フランスの旗 2016 ベスト8 5 2 3 0 4 2
欧州連合の旗 2021 グループリーグ敗退 3 0 1 2 4 6
ドイツの旗 2024 3 0 1 2 3 6
合計 出場5回 17 2 8 7 14 21

オリンピック[編集]

開催年 結果
ベルギーの旗 1920 不参加
フランスの旗 1924 1回戦敗退 1 0 0 1 0 5
オランダの旗 1928 予選敗退
ドイツ 1936 4位 4 2 0 2 11 10
イギリスの旗 1948 予選敗退
フィンランドの旗 1952 1回戦敗退 2 1 0 1 2 3
オーストラリアの旗 1956 予選敗退
イタリアの旗 1960 グループステージ敗退 3 1 0 2 7 5
日本の旗 1964 予選敗退
メキシコの旗 1968
ドイツの旗 1972 金メダル 7 6 1 0 21 5
カナダの旗 1976 銀メダル 5 3 1 1 11 5
ソビエト連邦の旗 1980 予選敗退
アメリカ合衆国の旗 1984
大韓民国の旗 1988
通算 最高成績 : 優勝
15大会中/6回出場
18 13 3 2 53 33

歴代監督[編集]

歴代選手[編集]

主要大会のメンバー[編集]

主な代表選手[編集]

歴代記録[編集]

出場数ランキング[編集]

最多出場・最多得点者であるロベルト・レヴァンドフスキ

2024年6月26日時点[13]

  水色は現役代表選手
順位 名前 出場 得点 期間
1 ロベルト・レヴァンドフスキ 152 83 2008-
2 ヤクブ・ブワシュチコフスキ 109 21 2006-2023
3 カミル・グリク 103 6 2010-
4 ミハウ・ジェヴワコフ 102 3 1999-2011
5 グジェゴシ・ラトー 100 45 1971-1984
グジェゴシュ・クリホビアク 5 2008-2023
7 カジミエシュ・デイナ 97 41 1968-1978
8 ヤツェク・ボンク 96 3 1993-2008
ヤツェク・クジノヴェク 15 1998-2009
10 ピオトル・ジエリンスキ 93 12 2013-

得点数ランキング[編集]

2024年6月26日時点[14]

  水色は現役代表選手
順位 名前 得点 出場 期間
1 ロベルト・レヴァンドフスキ 83 152 2008-
2 ヴォジミエシュ・ルバンスキ 48 75 1963-1980
3 グジェゴシ・ラトー 45 100 1971-1984
4 カジミエシュ・デイナ 41 97 1968-1978
5 エルンスト・ポール 39 46 1955-1965
6 アンジェイ・シャルマッフ 32 61 1973-1982
7 ゲラルド・チェスリク英語版 27 45 1947-1958
8 ズビグニェフ・ボニエク 24 80 1976-1988
9 エルンスト・ヴィリモフスキ 21 22 1934-1939
ヤクブ・ブワシュチコフスキ 109 2006-2023

脚注[編集]

  1. ^ “「ロシアとの対戦拒否は満場一致だった」ポーランド代表レバンドフスキが隣国ウクライナへの侵攻に見解「他の国の人々より感じるものがある」”. サッカーダイジェスト. (2022年3月22日). https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=107070 2022年4月2日閲覧。 
  2. ^ “ウクライナ戦を6月に延期、ロシアは不戦敗 サッカーW杯欧州予選PO”. 産経新聞. (2022年3月9日). https://www.sankei.com/article/20220309-RD2WXHDSAFJ7BLCSSNSCIYE4BQ/ 2022年4月2日閲覧。 
  3. ^ “FIFAがロシアのW杯欧州予選追放を正式決定。この結果ポーランドが決勝進出…ウクライナ戦は6月に延期”. GOAL.com. (2022年3月9日). https://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/fifa-boots-russia-202203082220/blt094fa483a02e7d47 2022年4月2日閲覧。 
  4. ^ “ポーランド、スウェーデンとの大一番制して9度目のW杯へ!40歳イブラはカタールで見られず”. GOAL.com. (2022年3月30日). https://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/poland-wc/bltcbd6336c0cfffaf9 2022年4月2日閲覧。 
  5. ^ 【W杯】レバンドフスキ、PK失敗! メキシコとポーランドの一戦は引き分けに終わる”. SoccerMagazine.jp. 2022年11月23日閲覧。
  6. ^ 【W杯】レバンドフスキがついにゴール! ポーランドがサウジアラビアに2-0で勝利”. Soccermagazine.jp. 2022年11月27日閲覧。
  7. ^ ポーランド、0-2の試合終盤に“攻撃放棄” 日本人から「4年前を思い起こさせる」の声”. the-ans.jp. 2022年12月1日閲覧。
  8. ^ 連覇を目指すフランスがポーランドを撃破! エンバペは2発で得点ランク単独トップに”. Soccer-King.jp. 2022年12月5日閲覧。
  9. ^ ポーランド代表監督が退任…1月就任でW杯出場権獲得&36年ぶりに決勝T進出に導く”. Goal.com (2022年12月23日). 2023年12月11日閲覧。
  10. ^ ポーランド代表、新監督はサントスに!ポルトガル代表でEURO制覇など達成…2026年W杯まで指揮へ”. Goal.com (2023年1月25日). 2023年12月21日閲覧。
  11. ^ EURO出場へ黄信号のポーランド、サントス監督を解任…わずか8カ月で指揮官交代へ”. Goal.com (2023年9月14日). 2023年12月11日閲覧。
  12. ^ ポーランド、EURO敗退が決定…大会内で最初の敗退チームに。2戦2敗でグループ最下位が確定”. Goal.com (2024年6月22日). 2024年6月22日閲覧。
  13. ^ Klub wybitnego reprezentanta” (ポーランド語). PZPN - Łączy nas piłka. 2021年3月15日閲覧。
  14. ^ Poland national football team goal scorers” (英語). eu-football.info. 2021年3月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]