レオ・クライシュテルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レオ・クレイステルス Football pictogram.svg
名前
本名 Leo Albert Jozef Clijsters
ラテン文字 Leo CLIJSTERS
基本情報
国籍  ベルギー
生年月日 1956年11月9日
出身地 オピテル
没年月日 (2009-01-04) 2009年1月4日(満52歳没)
身長 178cm
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1973-1975 ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘ 1 (0)
1975-1977 ベルギーの旗 マースメヘレン 29 (1)
1977-1982 ベルギーの旗 KSKトングレン 167 (22)
1982-1986 ベルギーの旗 トール・ワーテルシャイ 119 (6)
1986-1992 ベルギーの旗 KVメヘレン 174 (13)
1992-1993 ベルギーの旗 RFCリエージュ 21 (0)
代表歴
1983-1991 ベルギーの旗 ベルギー 40 (3)
監督歴
1993-1994 ベルギーの旗 マースメヘレン
1994-1997 ベルギーの旗 KAAヘント
1998 ベルギーの旗 KFCロンメル
1999-2000 ベルギーの旗 KFCディースト
2000 ベルギーの旗 KVメヘレン
2000-2001 ベルギーの旗 KTHディースト
2007-2008 ベルギーの旗 KSKトングレン
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

レオ・アルベルト・ジョゼフ・"レイ"・クレイステルスLeo Albert Jozef "Lei" Clijsters, 1956年11月9日 - 2009年1月4日)は、ベルギーリンブルフ州オピテル出身のサッカー選手。堅いディフェンスで知られ、ベルギー代表選手としてワールドカップに出場したほか、KVメヘレン所属時にはUEFAカップウィナーズカップUEFAスーパーカップを制した。

妻は体操選手のエルス・ヴァンデケッツベークで2005年に離婚している。娘にはテニスプレイヤーのキム[1]エルケ[2]がおり、キムは世界ランク1位になった経歴も持つ。

2009年4月1日、肺癌により死去[3]

出典[編集]