エンツォ・シーフォ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エンツォ・シーフォ Football pictogram.svg
名前
本名 Vincenzo Daniele Scifo
愛称 エンツォ
カタカナ ヴィンチェンツォ・ダニエレ・シーフォ
ラテン文字 Enzo SCIFO
基本情報
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
生年月日 (1966-02-19) 1966年2月19日(50歳)
出身地 ワロン地域の旗ワロン地域
エノー州の旗エノー州ラ・ルヴィエール
身長 175cm
体重 70kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1973-1982 ベルギーの旗RAAルヴィエール
1982-1987 ベルギーの旗RSCアンデルレヒト 119 (32)
1987-1988 イタリアの旗インテル・ミラノ 28 (4)
1988-1989 フランスの旗FCボルドー 24 (7)
1989-1991 フランスの旗AJオセール 67 (25)
1991-1993 イタリアの旗トリノFC 62 (16)
1993-1997 モナコの旗ASモナコ 91 (20)
1997-2000 ベルギーの旗RSCアンデルレヒト 75 (14)
2000-2002 ベルギーの旗シャルルロワSC 12 (3)
代表歴
1984-1998 ベルギーの旗 ベルギー 84 (18)
監督歴
2001-2002 ベルギーの旗シャルルロワSC
2004-2006 ベルギーの旗AFCテュビズ
2007-2009 ベルギーの旗REムスクロン
2012-2013 ベルギーの旗RAECモンス
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヴィンチェンツォ・ダニエレ "エンツォ"・シーフォVincenzo Daniele "Enzo" Scifo1966年2月19日 - )は、サッカー選手、サッカー指導者。1980年代から1990年代のベルギーと欧州を代表するゲームメーカーの一人である。

経歴[編集]

シチリアからの移民であり、雑貨商を営む貧しいイタリア人家庭の子として生まれる。1982年に強豪のRSCアンデルレヒトへ入団するとすぐに頭角を現し、ベルギー協会の要請もあり、1984年5月にベルギー国籍を選択。ベルギー代表として同年6月の欧州選手権に出場。次代のスター候補として脚光を浴びた。

また、ベルギー国籍を選択したことで兵役が義務付けられたが、「ベルギーの至宝」であることや、所属するアンデルレヒトでもレギュラーとして試合に出場していたこともあり、練習や試合に支障の無い形での兵役への参加が許可されたというエピソードもある[1]

その後、4大会連続でFIFAワールドカップに出場(1986年1990年1994年1998年)し、1986年のメキシコ大会では同国史上最高のベスト4進出に大きく貢献した。

引退後は指導者の道へ進み、2012年にはジュピラーリーグに在籍するRAECモンスの監督を務めていた。

ニックネーム[編集]

  • 現役時代はその予想を超えた意外性のあるプレースタイルから異星人的宇宙人的と呼ばれた。
  • フランスのミシェル・プラティニが評して曰く、「20世紀最後のゲームメーカー」。

注釈[編集]

  1. ^ サッカーダイジェスト1986年4月号-DIGEST INTERVIEW ROOM