ヤン・コレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤン・コレル Football pictogram.svg
Koller.jpg
名前
愛称 ディノ(恐竜)
ラテン文字 Jan KOLLER
基本情報
国籍  チェコ
生年月日 (1973-03-30) 1973年3月30日(44歳)
出身地 スメタノヴァ・ルホタ
身長 202cm
体重 106kg
選手情報
ポジション FW (CF)
利き足 右足
ユース
1991-1994 チェコの旗 ZVVZミレフスコ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1996 チェコの旗 スパルタ・プラハ 29 (5)
1996-1999 ベルギーの旗 スポルティング・ロケレン 97 (43)
1999-2001 ベルギーの旗 アンデルレヒト 65 (42)
2001-2006 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 138 (59)
2006-2007 モナコの旗 モナコ 50 (12)
2008 ドイツの旗 ニュルンベルク 14 (2)
2008-2009 ロシアの旗 クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ 46 (16)
2010-2011 フランスの旗 カンヌ 44 (20)
通算 483 (199)
代表歴
1999-2009 チェコの旗 チェコ[1] 91 (55)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヤン・コレルJan Koller, 1973年3月30日 - )は、チェコ南ボヘミア州スメタノヴァ・ルホタ出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはフォワードチェコ代表であった。

ヤン・コラー」と表記されることもある。

経歴[編集]

1991年にZVVZミレフスコでプロ生活をスタート。1994年にチェコの強豪クラブスパルタ・プラハへ移籍し、リーグとカップ制覇を果たす。身長202cmの長身を生かし、得点源として活躍し始めたのは1996年ベルギー・ジュピラーリーグのロケレンへ移籍してからで、1998-99シーズンには27得点を挙げて得点王に輝き、1999年にはアンデルレヒトへ移籍すると同時に同年のチェコ最優秀選手にも選ばれた。

2001年にはボルシア・ドルトムントに加入。ここでも得点を量産し、2001-02シーズンのリーグ制覇に貢献した。2005-06シーズンは左膝の十字靱帯断裂で長期間の戦線離脱を余儀なくされる[2] が、シーズン終了間際に復帰。2006 FIFAワールドカップに出場するチェコ代表に選出され、本戦でもゴールを決めるなど活躍したが、その試合で負傷。その後チェコ代表は敗退した。2006-07シーズンからはフランスのモナコに移籍。2008年1月ドイツ・ブンデスリーガのニュルンベルクに移籍した。同年に開催されたEURO2008では3試合に出場し1得点を挙げたが、チームはグループステージで敗退した。

2011年8月17日に現役引退を表明した。

チェコ代表におけるゴール数は55で歴代1位、キャップ数は91で歴代3位となっている。

現役引退後は、ASモナコのCチームの監督を務めていた友人に誘われ、2012年からディヴィジョン・ドヌール・レジオナル(フランスの地域リーグ。7部に相当)に所属するモナコのCチームでプレーイングマネージャーとなった。2016年に退団した後も引き続きモナコに在住し、現在は古巣スパルタ・プラハのフランス担当スカウトに就いている[3][4]

選手経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jan Koller - STATISTIKY REPREZENTANTŮ”. FOTBAL.CZ. 2015年8月20日閲覧。
  2. ^ uefa.com (2005年9月25日). “コラー、じん帯断裂の重症”. 2009年7月11日閲覧。
  3. ^ EURO2004で活躍した元チェコ代表の長身FWヤン・コレルは今どこに? Qoly、2016年6月20日
  4. ^ 【インタビュー】ヤン・コレル「最高のチーム、最高の記憶」 SoccerKING、2017年2月9日

外部リンク[編集]