ポール・オコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポール・オコン Football pictogram.svg
Paul Okon.jpg
名前
本名 ポール・マイケル・オコン
Paul Michael Okon
ラテン文字 Paul OKON
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
 ベルギー
生年月日 (1972-04-05) 1972年4月5日(45歳)
出身地 シドニー
身長 177cm
選手情報
ポジション DF / MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1989-1991 オーストラリアの旗 マーコーニ英語版 49 (4)
1991-1996 ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘ 72 (1)
1996-1999 イタリアの旗 ラツィオ 19 (0)
1999-2000 イタリアの旗 フィオレンティーナ 11 (0)
2000-2002 イングランドの旗 ミドルズブラ 28 (1)
2002 イングランドの旗 ワトフォード (loan) 15 (1)
2002-2003 イングランドの旗 リーズ 15 (0)
2003-2004 イタリアの旗 ヴィチェンツァ 28 (2)
2004-2005 ベルギーの旗 オーステンデ 33 (0)
2005-2006 キプロスの旗 APOELニコシア 9 (0)
2006-2007 オーストラリアの旗 ニューカッスル・ジェッツ 17 (0)
1989-2007 通算 296 (9)
代表歴
1991  オーストラリア U-20 4 (0)
1992  オーストラリア U-23 3 (0)
1991-203 オーストラリアの旗 オーストラリア 28 (0)
監督歴
2008-2009 オーストラリアの旗 ライカート英語版(暫定)
2009  オーストラリア U-18
2009-2010 オーストラリアの旗 ゴールドコースト(アシスタント)
2012-2016  オーストラリア U-20
2012-2016  オーストラリア U-23(アシスタント)
2016- オーストラリアの旗 セントラルコースト
1. 国内リーグ戦に限る。2017年4月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ポール・マイケル・オコンPaul Michael Okon, 1972年4月5日 - )は、オーストラリアシドニー出身の元同国代表サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはDFMF

経歴[編集]

初期[編集]

ドイツ人の父とイタリア人の母の下[1][2]シドニー郊外で生まれ育った。

1989-90シーズンにNSLマーコーニ・スタリオンズFCでキャリアをスタートするとデビュー1年目から主力として活躍し、2シーズン連続でNSL U-21年間最優秀選手賞を受賞した[3]

ベルギー[編集]

1991年、同胞のローレンツ・キンドナー英語版と共にウーゴ・ブロース英語版監督率いるベルギークラブ・ブルッヘに移籍するも、最初の2シーズンは出場機会が少なく主にBチームで活動していた。出番を増やしていった1993-94シーズン当初は、フランキー・ヴァン・デル・エルストロレンツォ・スターレンスヘルト・ヴェルハイエン英語版ステファン・ヴァン・デル・ハイデン英語版と共に中盤で起用され、その後1つポジションを下げリベロとしてプレーした。1996年1月に1995年度のベルギー年間最優秀選手賞を受賞し、同年のオセアニア年間最優秀選手賞も受賞。リーグ優勝 (95-96), カップ連覇 (94-95, 95-96)と個人としてもチームとしても充実した時を過ごした。

イタリア[編集]

ベルギーでの活躍から欧州の幾つかのビッグクラブから注目を集め、1996年にディノ・ゾフ監督率いるイタリアSSラツィオに加入した。オコン自身はリベロでのプレーを望んでいたものの、ロベルト・ディ・マッテオチェルシーFCへ去っていったことで中盤でプレーすることを余儀なくされ、また度重なる膝の怪我により出場は限られていた。1998-99シーズン、優勝まであと一歩だった(ACミランに優勝が渡ることになったユヴェントスFCに敗れた試合が最後)もののタイトル獲得に至らず夏に退団した。また、UEFAカップウィナーズカップの方では決勝でRCDマヨルカを2-1で破りタイトルを獲得するも、自身の出場はなかった。

翌シーズンジョヴァンニ・トラパットーニ監督率いるACFフィオレンティーナに移籍するも、ここでも怪我の影響から出場機会は少なく1シーズンで退団。セリエAでの4シーズンの間でガブリエル・バティストゥータロベルト・マンチーニマヌエル・ルイ・コスタマルセロ・サラスクリスティアン・ヴィエリといった名選手達と共にプレーしたものの、怪我に苦しみベルギー時代の成功からは程遠かった[3]

イングランド[編集]

フィオレンティーナ退団後はフリーの身となり、2000年イングランドミドルズブラFCに同胞のマーク・シュワルツァーと共に加入。1年目は右SHのレギュラーとしてプレーしていたが、2年目に監督がスティーヴ・マクラーレンに交代すると出番を減らし、2001-02シーズン後半に2部ワトフォードFCへ貸し出され、そこではレギュラーを務めた。

2002年リーズ・ユナイテッドAFCへ移籍し、マーク・ヴィドゥカハリー・キューウェルジェイミー・マクマスター英語版ジェイコブ・バーンズダニー・ミロシェヴィッチ英語版と5人の同胞と共に再びプレミアリーグで戦う機会を得たが、レギュラーの座は掴みきれなかった。

晩年[編集]

2003年にイタリア2部ヴィチェンツァ・カルチョで半年プレーした後、かつて栄光を掴んだベルギーに戻り2部のKVオーステンデに加入し、ここではすぐさまレギュラーの座を奪取。チームは2004-05シーズンに準優勝し1部昇格を果たしたが自身は契約更新されず、再び1部でプレーすることは叶わなかった。その後、キプロスAPOELニコシアに短期間在籍し、2006年に故郷のオーストラリアに戻りニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツFCと契約。チームにうまくフィットしプレーオフ進出に貢献したが、怪我への懸念から2007年6月に引退を決意した。

指導者時代[編集]

現役引退後の2008年6月24日、アレックス・トビン英語版アリスター・エドワーズニコラ・ウィリアムズ英語版と共にオーストラリアサッカー連盟が主催するエリートコーチング育成プログラムを3年間奨学金を受けながら受講した。また、プログラムの一環として、ピエルルイジ・カジラギ監督率いるU-23イタリア代表北京オリンピックに出場するまでの間、イタリアサッカー連盟ナショナルフットボールセンター英語版コヴェルチャーノ英語版で共に過ごし、PSVアイントホーフェンの下部組織を学ぶため留学した。

2008年9月2日、ミロン・ブライバーグ英語版監督率いるゴールドコースト・ユナイテッドFCのアシスタントに就任[4]。その役割を果たす前にニューサウスウェールズ州リーグ英語版APIAライカート・タイガースFCで暫定監督に就いた[5]

2008年10月30日、ロンドンオリンピック出場を目指す長期的視野の一環として、1月のオーストラリア・ユースオリンピックフェスティバル英語版に向けU-18オーストラリア代表監督に就任[6]。2010年2月23日、2009-10シーズンのファイナルシリーズ初戦で敗退した後に契約が更新されなかったためゴールドコーストを退団した。

2012年4月19日、アウレリオ・ヴィドマーと共にU-20オーストラリア代表の共同監督とヴィドマー率いるU-23オーストラリア代表のアシスタントコーチに任命された[7]

2016年8月29日、セントラルコースト・マリナーズFCの監督として2年契約を交わした[8]

代表[編集]

U-20時代にポルトガルで開催された1991 FIFAワールドユース選手権にキャプテンとして出場し、セミファイナル進出に大きく貢献。また、翌年のバルセロナオリンピックでもセミファイナル進出に貢献した。

1991年、チェコスロバキア戦でA代表デビュー[3]OFCネイションズカップ2000で優勝し、FIFAコンフェデレーションズカップ2001で3位入賞した。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

代表[編集]

オーストラリア

個人[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]