トニー・ヴィドマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トニー・ヴィドマー Football pictogram.svg
名前
本名 アンソニー・ヴィドマー
ラテン文字 Anthony Vidmar
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 1970年7月4日(45歳)
出身地 南オーストラリア州の旗 南オーストラリア州アデレード
身長 186cm
選手情報
在籍チーム 引退
ポジション DF
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1989-1995 オーストラリアの旗 アデレード・シティ 134 (15)
1993 ベルギーの旗 ジェルミナル・エケレン (loan) 9 (1)
1995-1997 オランダの旗 NACブレダ 61 (4)
1997-2002 スコットランドの旗 レンジャーズ 104 (9)
2002-2003 イングランドの旗 ミドルズブラ 12 (0)
2003-2005 ウェールズの旗 カーディフ・シティ 73 (2)
2005-2006 オランダの旗 NACブレダ 21 (0)
2006-2008 オーストラリアの旗 セントラルコースト・マリナーズ 33 (0)
代表歴
1990-1992 オーストラリアの旗 オーストラリア U-23 18 (7)
1991-2006 オーストラリアの旗 オーストラリア 76 (3)
監督歴
2009-2010 オーストラリアの旗 アデレード.U (ユース・アシスタント)
2009- オーストラリアの旗 南オーストラリア国立スポーツ研究所
2012- オーストラリアの旗 オーストラリア U-17 (アシスタント)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンソニー"トニー"・ヴィドマーAnthony "Tony" Vidmar, 1970年7月4日 - )は、オーストラリア南オーストラリア州アデレード出身の元同国代表の元サッカー選手。現サッカー指導者。

経歴[編集]

クラブ[編集]

地元のクラブアデレード・シティFCでキャリアをスタート。オランダNACブレダを経て、1997-98シーズンスコットランドの名門レンジャーズFCに入団。ここで150試合以上に出場し、リーグ連覇, カップ2回, スコティッシュリーグカップ, 3回と計7回のタイトル獲得に貢献した。また、UEFAチャンピオンズリーグ 1999-2000予選3回戦・イタリアパルマFC戦でのゴール[1]は語り継がれるほどだった。2002年、イングランドミドルズブラFCにフリー移籍で加入した。[2]

しかし、出場機会はあまりなく、レンジャーズ退団後から獲得を目指していたレニー・ローレンス英語版監督の誘いで、翌シーズンにはイングランド2部カーディフ・シティへと移籍した[3]。カーディフではすぐさまファンから人気選手となり、2005年に以前所属していたNACブレダと契約するまでの間に73試合に出場した[4]

その後、母国オーストラリアに戻りセントラルコースト・マリナーズFCに所属。2008年2月14日、Aリーググランドファイナル戦後に現役引退を発表した[5][6]

代表[編集]

フランク・ファリーナ監督時代は、オーストラリア代表のディフェンスラインの弱点として批判にさらされていたが、フース・ヒディンク監督就任をきっかけにパフォーマンスは大幅に改善され、2006 FIFAワールドカップ・予選大陸間プレーオフ・ウルグアイとの第2戦は特に素晴らしく無失点に抑えた。2試合合計で1-1となったためPK戦に突入すると、当初マーク・ブレッシアーノがキッカーに指名されていたが、ブレッシアーノが負傷により交代したことを考慮し、自ら蹴ることを名乗り出た。この役目を無事に務め3-1に離し、最終的に4-2で勝利した。

クラブの試合中に大腿部を骨折。リハビリ復帰後のメディカルチェックの際に不整脈が見つかったため、2006 FIFAワールドカップのメンバーに選ばれていたものの、2006年5月9日に辞退を発表[7][8]。さらに、左冠動脈の血栓が原因が判明した。ロンドンでの手術は成功し、プロ選手として再開することが可能となった[9]。2006年10月7日、1-1と引き分けたパラグアイ戦後に代表引退を表明した。

プライベート[編集]

スロベニアの家系に生まれる[10]。兄は、オーストラリア代表サンフレッチェ広島でプレーしたアウレリオ・ヴィドマー

所属クラブ[編集]

ベルギーの旗 KFCジェルミナル・エケレン (loan) 1993

脚注[編集]

外部リンク[編集]