アーマド・エルリッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アーマド・エルリッチ Football pictogram.svg
Ahmad Elrich-24.12.09.jpg
名前
ラテン文字 Ahmad Elrich
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
レバノンの旗 レバノン
生年月日 (1981-05-30) 1981年5月30日(36歳)
出身地 シドニー
身長 183cm
選手情報
在籍チーム 引退
ポジション FW (WG)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999
1999-2004
2004
2005-2007
2006
2007-2008
2008-2010
オーストラリアの旗 パラマッタ・イーグルス
オーストラリアの旗 パラマッタ・パワー
大韓民国の旗 釜山アイパーク
イングランドの旗 フラム
ノルウェーの旗 リン・オスロ (loan)
ニュージーランドの旗 ウェリントン・フェニックス
オーストラリアの旗 セントラルコースト・マリナーズ
9 0(0)
119 (19)
10 0(1)
6 0(0)
6 0(1)
13 0(1)
15 0(1)
代表歴
2001
2004
2004-2006
 オーストラリア U-20
 オーストラリア U-23
オーストラリアの旗 オーストラリア
17 0(2)
9 0(6)
17 0(5)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年12月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アーマド・エルリッチAhmad Elrich, 1981年5月30日- )は、オーストラリアシドニー出身の元同国代表の元サッカー選手

経歴[編集]

家のすぐ西にある、地元のパラマッタ・イーグルス(現パラマッタFC英語版)でキャリア始め、当時は建設現場で大工として働きながらプレーをしていた[1]

イーグルスでの最初のシーズン終了後に自身のルーツであるレバノンへ渡たった際にベイルートネジュメSC英語版からオファーがあったが、それを断りオーストラリアに戻り、NSLパラマッタ・パワー英語版と契約を交わした[1]。加入後すぐにWGとしてレギュラーの座を掴むと、リーグでも有数のアシスト選手の1人として活躍し、2003-04シーズンの決勝で22アシスト目を記録。チームは優勝を逃したものの、その活躍からジョー・マーストン・メダル英語版を受賞した。クラブと良好な関係が続くと思われたが、チームは財政難により解散、さらにNSLが終息することもあり国外でプレーする機会を探すこととなり、韓国釜山アイパークと契約。しかし、契約上のいざこざから5ヶ月間プレー出来ない状態が続いたため、イングランドへプレーする場を移すことになった[2][3]。この際、フラムFCの打診に釜山が応じなかったためにチームを無断離脱、さらにFIFAへの提訴も辞さない姿勢をとった[4]

フラム[編集]

2005年夏、フラムと3年契約を締結。2006年4月から5月までの期間、FCリン・オスロへ貸し出された[3]

フラムでは、リヴァプールFC戦でリーグデビューをしたが、膝の怪我もあり[5]トップチームでの出場機会は少なく、2007-08シーズンになると背番号を与えられず、2007年9月4日に退団した[6]

オーストラリア復帰[編集]

セントラルコースト・マリナーズでプレーするエルリッチ

2007年9月21日、Aリーグに参戦するニュージーランドウェリントン・フェニックスFCにマーキープレーヤー(サラリーキャップ制限を受けない選手)として加入[7]。10月21日、最初のホームゲームとなるセントラルコースト・マリナーズ戦で初ゴールを記録し、エルリッチは自身のキャリアの中でベストゴールと語った。2007-08シーズンが終わると、古巣のパラマッタ・パワーから関心を寄せられたが、セントラルコースト・マリナーズに移籍。しかし、出場は限られたものとなり、2009-10シーズン終了に伴い放出された[8]

代表[編集]

U-23時代にアテネオリンピックに出場。2006 FIFAワールドカップは、フラムで出場機会が少なかったために落選した。2006年9月6日、AFCアジアカップ2007 (予選)クウェート戦でキャリアに影響するほどの深刻な膝の怪我を負った。

プライベート[編集]

レバノン人の家系に生まれ[1]、弟のタレク・エルリッチもサッカー選手[9][10]

エピソード[編集]

2011年5月25日、銃と麻薬所持の容疑で逮捕された[11][12]。怪我の連続で既に遠のいていた復帰の機会は、これでさらに遠のいた。

所属クラブ[編集]

ノルウェーの旗 FCリン・オスロ (loan) 2006

タイトル[編集]

代表

OFCネイションズカップ : 2004

個人

ジョー・マーストン・メダル英語版 : 2003-2004

脚注[編集]

  1. ^ a b c "Elrich fills in the gaps"
  2. ^ "Elrich helps Socceroos get one up on friendly foes"
  3. ^ a b "Elrich races his way to the big time"
  4. ^ 이별이 쿨하지 못했던 외국인 선수 TOP10 Sports-G (2017年2月1日)(朝鮮語)
  5. ^ "Elrich resurrects career at Phoenix"
  6. ^ "Transfer Round-Up"
  7. ^ "Elrich confirmed as Phoenix's marquee player"
  8. ^ "Elrich released from Mariner's squad"
  9. ^ "Former Socceroo and A-League star Ahmad Elrich to face 11 gun charges"
  10. ^ "Meet the Families - Ahmad Elrich"
  11. ^ Former Socceroo Ahmad Elrich on gun and drug charges
  12. ^ Ahmad Elrich has fallen from a leading footballer to Silverwater prison inmate

外部リンク[編集]