サッカーウルグアイ代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サッカーウルグアイ代表
国または地域 ウルグアイの旗 ウルグアイ
協会 ウルグアイサッカー協会
愛称 La Celeste(空色)
Los Orientales(東岸の人)
Los Charrúas(先住民チャルーア族に由来する、頑強で不屈な魂)
監督 ウルグアイの旗 オスカル・タバレス
最多出場選手 マキシ・ペレイラ(124試合)
最多得点選手 ルイス・スアレス(50得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1901年5月16日アルゼンチン
2-3
最大差勝利試合 1927年11月6日ボリビア
9-0
最大差敗戦試合 1902年7月20日アルゼンチン
0-6
FIFAワールドカップ
出場回数 12回(初出場は1930
最高成績 優勝 (1930, 1950)
コパ・アメリカ
出場回数 39回
最高成績 優勝15回 (1916, 1917, 1920, 1923, 1924, 1926, 1935, 1942, 1956, 1959, 1967, 1983, 1987, 1995, 2011)
ウルグアイ代表
2017年11月14日、親善試合オーストリア

サッカーウルグアイ代表西: Selección nacional de fútbol de Uruguay)は、ウルグアイサッカー協会(AUF)により構成されるウルグアイサッカーのナショナルチーム。愛称はそのユニフォームカラーから「セレステ」など。ホームスタジアムは首都モンテビデオにあるエスタディオ・センテナリオ

概要[編集]

第1回FIFAワールドカップ大会で優勝したウルグアイ代表

20世紀前半において世界屈指の強豪として君臨し、1924年1928年オリンピックで連覇。ワールドカップでは1930年に憲法発布100周年を記念し開催された地元での第1回大会1950年ブラジル大会で優勝。コパ・アメリカでは最多となる15回の優勝を誇る。

1970年代以降はワールドカップでは度々南米予選で敗退するようになり、国際タイトルからも1995年コパ・アメリカを最後に遠ざかるなど、長きに渡り低迷していた。一方で、選手個人では欧州トップリーグで活躍する選手を多く輩出していたため「古豪」と紹介されることも多かった。

2010年のワールドカップ南アフリカ大会でも、予選では大陸間プレーオフで出場権を手にするなど苦戦したが本大会ではディエゴ・フォルランルイス・アルベルト・スアレスらの活躍もあり、下馬評を覆して40年ぶりのベスト4入りを果たす。フォルランはウルグアイ代表初の大会得点王とMVPに輝いた。古豪の復活をたたえ、帰国後の凱旋パレードではおよそ50万人の国民が出迎えた。

2011年の南米ユース選手権(U-20の大会)では準優勝し、2011 FIFA U-20ワールドカップへの出場権を得ると同時に、1928年に優勝した以来84年ぶり(18大会ぶり)にオリンピック本大会へ出場[1]2012年ロンドンオリンピックのサッカー競技も参照)。さらに同年のコパ・アメリカ2011ではグループリーグを2位通過すると、準々決勝でアルゼンチンを下し、決勝でもパラグアイに3-0で圧勝。6大会ぶり15度目の優勝を果たし、強豪としての地位を取り戻しつつある[2][3][4]

2014年のワールドカップブラジル大会では前回同様予選では苦戦し、2002年の日韓大会から4大会連続で大陸間プレーオフに回るも[5]ヨルダンを下して本大会出場権を獲得。GLではイタリアイングランドといった強豪を下しグループ2位で突破したが、決勝トーナメント1回戦でコロンビアに敗れた。

2018年のワールドカップロシア大会では、南米予選第17節の時点で2位(最低5位で大陸間プレーオフ確定)につけていたがチリ(第17節終了時点で3位)、コロンビア(第17節終了時点で4位)、ペルー(第17節終了時点で5位)、アルゼンチン(第17節終了時点で6位)、パラグアイ(第17節終了時点で7位)と本大会出場を争う混戦となっていた。最終節でボリビアを逆転で下して予選2位をキープし、本大会出場を果たした[6]。本大会では開催国ロシアのほか、サウジアラビアエジプトと同じグループAに入り、3勝0敗で首位通過のまま決勝トーナメント進出を決めた。決勝トーナメント1回戦ではポルトガルエディンソン・カバーニの2ゴールで2-1で勝利したものの、そのカバーニはポルトガル戦途中で左足ふくらはぎを負傷し退場、準々決勝ではそのカバーニを怪我で欠いたことが響き、フランスに0-2で敗れ、2010年大会以来となる準決勝進出を逃した。

ユニフォーム[編集]

ホーム用ユニフォームには突き抜けるような空色が伝統的に使用されており、これが代表の愛称「セレステ」(スペイン語で空色の意)の由来となっている[7]。アウェイ用のメインカラーは主に白であるが、赤・もしくはオレンジをメインカラーとして使用されることもある。

ロゴ上には4つの星が付けられているが、これは2度のワールドカップ制覇とW杯開催前の2度のオリンピック制覇を合わせて記している。

成績[編集]

ワールドカップ[編集]

開催国 / 年 成績
ウルグアイの旗 1930 優勝 4 4 0 0 15 3
イタリア王国の旗 1934 不参加
フランスの旗 1938
ブラジルの旗 1950 優勝 4 3 1 0 15 5
スイスの旗 1954 4位 5 3 0 2 16 9
スウェーデンの旗 1958 予選敗退
チリの旗 1962 グループリーグ敗退 3 1 0 2 4 6
イングランドの旗 1966 ベスト8 4 1 2 1 2 5
メキシコの旗 1970 4位 6 2 1 3 4 5
西ドイツの旗 1974 グループリーグ敗退 3 0 1 2 1 6
アルゼンチンの旗 1978 予選敗退
スペインの旗 1982
メキシコの旗 1986 ベスト16 4 0 2 2 2 8
イタリアの旗 1990 ベスト16 4 1 1 2 2 5
アメリカ合衆国の旗 1994 予選敗退
フランスの旗 1998
日本の旗大韓民国の旗 2002 グループリーグ敗退 3 0 2 1 4 5
ドイツの旗 2006 予選敗退
南アフリカ共和国の旗 2010 4位 7 3 2 2 11 8
ブラジルの旗 2014 ベスト16 4 2 0 2 4 6
ロシアの旗 2018 ベスト8 5 4 0 1 7 3
合計 出場13回/優勝2回 56 24 12 20 87 74

コンフェデレーションズカップ[編集]

(出場した大会のみ表記)

コパ・アメリカ[編集]

サッカー南米選手権(現コパ・アメリカ)
開催国 / 年 成績
アルゼンチンの旗 1916 優勝 3 2 1 0 6 1
ウルグアイの旗 1917 優勝 3 3 0 0 9 0
ブラジルの旗 1919 準優勝 3 2 1 0 7 4
チリの旗 1920 優勝 3 2 1 0 9 2
アルゼンチンの旗 1921 3位 3 1 0 2 3 4
ブラジルの旗 1922 3位 4 2 1 1 3 1
ウルグアイの旗 1923 優勝 3 3 0 0 6 1
ウルグアイの旗 1924 優勝 3 2 1 0 8 1
アルゼンチンの旗 1925 不参加
チリの旗 1926 優勝 4 4 0 0 17 2
ペルーの旗 1927 準優勝 3 3 0 0 15 4
アルゼンチンの旗 1929 3位 3 1 0 2 4 6
ペルーの旗 1935 優勝 3 3 0 0 6 1
アルゼンチンの旗 1937 3位 5 2 0 3 11 14
ペルーの旗 1939 2位 4 3 0 1 13 5
チリの旗 1941 2位 4 3 0 1 10 1
ウルグアイの旗 1942 優勝 6 6 0 0 21 2
チリの旗 1945 4位 6 3 0 3 14 6
アルゼンチンの旗 1946 4位 5 2 0 3 11 9
エクアドルの旗 1947 3位 7 5 0 2 21 8
ブラジルの旗 1949 6位 7 2 1 4 14 20
ペルーの旗 1953 3位 6 3 1 2 15 6
チリの旗 1955 4位 5 2 1 2 12 12
ウルグアイの旗 1956 優勝 5 4 1 0 9 3
ペルーの旗 1957 3位 6 4 0 2 15 12
アルゼンチンの旗 1959 5位 6 2 0 4 15 14
エクアドルの旗 1959 優勝 4 3 1 0 13 1
ボリビアの旗 1963 不参加
ウルグアイの旗 1967 優勝 5 4 1 0 13 2
合計 出場27回/優勝11回 119 76 11 32 300 142
コパ・アメリカ
開催国 / 年 成績
1975 4位 2 1 0 1 1 3
1979 6位 4 1 2 1 5 5
1983 優勝 8 5 2 1 12 6
アルゼンチンの旗 1987 優勝 2 2 0 0 2 0
ブラジルの旗 1989 2位 7 4 0 3 11 3
チリの旗 1991 5位 4 1 3 0 4 3
エクアドルの旗 1993 6位 4 1 2 1 5 5
ウルグアイの旗 1995 優勝 6 4 2 0 11 4
ボリビアの旗 1997 8位 3 1 0 2 2 2
パラグアイの旗 1999 2位 6 1 2 3 4 9
コロンビアの旗 2001 4位 6 2 2 2 7 7
ペルーの旗 2004 3位 6 3 2 1 12 10
ベネズエラの旗 2007 4位 6 2 2 2 8 9
アルゼンチンの旗 2011 優勝 6 3 3 0 9 3
チリの旗 2015 7位 4 1 1 2 4 3
アメリカ合衆国の旗 2016 11位 3 1 0 2 4 4
Total 出場16回/優勝4回 77 33 23 23 101 76

オリンピック[編集]

FIFA U-20ワールドカップの成績[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
チュニジアの旗 1977 4位 5 3 1 1 6 5
日本の旗 1979 3位 6 4 1 1 10 3
オーストラリアの旗 1981 ベスト8 4 3 0 1 6 2
メキシコの旗 1983 ベスト8 4 2 1 1 7 5
ソビエト連邦の旗 1985 予選敗退
チリの旗 1987
サウジアラビアの旗 1989
ポルトガルの旗 1991 グループリーグ敗退 3 0 1 2 0 7
オーストラリアの旗 1993 ベスト8 4 2 1 1 6 5
カタールの旗 1995 予選敗退
マレーシアの旗 1997 準優勝 7 4 2 1 14 6
ナイジェリアの旗 1999 4位 7 2 2 3 7 8
アルゼンチンの旗 2001 予選敗退
アラブ首長国連邦の旗 2003
オランダの旗 2005
カナダの旗 2007 ベスト16 4 1 1 2 4 6
エジプトの旗 2009 ベスト16 4 2 1 1 7 5
コロンビアの旗 2011 グループリーグ敗退 3 0 2 1 1 2
トルコの旗 2013 準優勝 7 4 2 1 10 3
ニュージーランドの旗 2015 ベスト16 4 1 2 1 3 3
大韓民国の旗 2017 4位 7 3 4 0 7 3
合計 14/21 69 31 21 17 88 63

パンアメリカン競技大会の成績[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
アルゼンチンの旗 1951 不参加
メキシコの旗 1955
アメリカ合衆国の旗 1959
ブラジルの旗 1963 4位 4 1 0 3 4 6
カナダの旗 1967 不参加
コロンビアの旗 1971
メキシコの旗 1975 グループリーグ敗退 2 0 1 1 1 2
プエルトリコの旗 1979 不参加
ベネズエラの旗 1983 優勝 4 4 0 0 5 1
アメリカ合衆国の旗 1987 不参加
キューバの旗 1991
アルゼンチンの旗 1995
カナダの旗 1999 グループリーグ敗退 4 0 1 3 2 9
ドミニカ共和国の旗 2003 不参加
ブラジルの旗 2007
メキシコの旗 2011 3位 5 2 1 2 6 8
カナダの旗 2015 優勝 5 4 0 1 8 2
合計 6/17 24 11 3 10 26 28

通算記録[編集]

2018年7月8日現在
太字は現役代表選手
通算出場記録
名前 キャップ数 期間
1 マキシ・ペレイラ 124 2005-
2 ディエゴ・ゴディン 120 2003-
3 ディエゴ・フォルラン 112 2002-2015
4 クリスティアン・ロドリゲス 104 2003-
5 エディンソン・カバーニ 103 2008-
6 ルイス・スアレス 102 2009-
7 フェルナンド・ムスレラ 101 2008-
8 ディエゴ・ルガーノ 95 2003-2014
9 エヒディオ・アレバロ・リオス 90 2006-
10 ディエゴ・ペレス 89 2001-2014
通算得点記録
名前 得点数 期間
1 ルイス・スアレス 52 2007-
2 エディンソン・カバーニ 45 2007-
3 ディエゴ・フォルラン 36 2002-2015
4 エクトル・スカローネ 31 1917-1930
5 アンヘル・ロマーノ 28 1911-1927
6 オスカル・ミゲス 27 1950-1958
7 セバスティアン・アブレウ 26 1996-2012
8 ペドロ・ペトローン 24 1924-1930
9 カルロス・アギレラ 22 1982-1997
フェルナンド・モレナ 22 1971-1983

現在のメンバー[編集]

コパ・アメリカ・センテナリオに向けたメンバー