2018 FIFAワールドカップ・南米予選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2018 FIFAワールドカップ・南米予選
2018 world cup Conmebol sud american qualification.png
青が予選突破国、赤が予選敗退国、灰色はCONMEBOL非加盟の国・地域
大会概要
日程 2015年10月5日 – 2017年10月10日
チーム数 10 (1連盟)
大会統計
試合数 90試合
ゴール数 242点
(1試合平均 2.69点)
総入場者数 3,365,010人
(1試合平均 37,389人)
得点王 ウルグアイの旗 エディンソン・カバーニ (10得点)
2014
2022

2018 FIFAワールドカップ・南米予選には南米サッカー連盟 (CONMEBOL)に加盟する10チームで争われた。

実施概要[編集]

前回大会同様、ホーム・アンド・アウェーでの2回総当たり戦で実施される。上位4チームは直接本大会出場権を得る。5位のチームは大陸間プレーオフに進出。

組み合わせ抽選会は2015年7月25日にロシアサンクトペテルブルクストレルナロシア語版にあるコンスタンチン宮殿ロシア語版で実施した[1]

出場国[編集]

CONMEBOLに加盟する全10ヶ国が参加[2]

競技日程[編集]

2015年に1節から4節、2016年に5節から11節、2017年に13節から18節が行われた[1]

日付
第1節 2015年10月8日
第2節 2015年10月13日
第3節 2015年11月12-13日
第4節 2015年11月17日
第5節 2016年3月24-25日
第6節 2016年3月29日
第7節 2016年9月1日
第8節 2016年9月6日
第9節 2016年10月3日-11日
第10節
日付
第11節 2016年11月7日-15日
第12節
第13節 2017年3月20日-28日
第14節
第15節 2017年8月31日-9月5日
第16節
第17節 2017年10月5日-10日
第18節

大陸間プレーオフは、2017年11月6日から14日の間に実施された[3]

予選順位[編集]

チーム







 ブラジル 18 12 5 1 41 11 +30 41
 ウルグアイ 18 9 4 5 32 20 +12 31
 アルゼンチン 18 7 7 4 19 16 +3 28
 コロンビア 18 7 6 5 21 19 +2 27
 ペルー 18 7 5 6 27 26 +1 26
 チリ 18 8 2 8 26 27 −1 26
 パラグアイ 18 7 3 8 19 25 −6 24
 エクアドル 18 6 2 10 26 29 −3 20
 ボリビア 18 4 2 12 16 38 −22 14
 ベネズエラ 18 2 6 10 19 35 −16 12
チーム AWAY
ブラジルの旗 ウルグアイの旗 アルゼンチンの旗 コロンビアの旗 ペルーの旗 チリの旗 パラグアイの旗 エクアドルの旗 ボリビアの旗 ベネズエラの旗
H
O
M
E
ブラジル  X 2 - 2 3 - 0 2 - 1 3 - 0 3 - 0 3 - 0 2 - 0 5 - 0 3 - 1
ウルグアイ  1 - 4 X 0 - 0 3 - 0 1 - 0 3 - 0 4 - 0 2 - 1 4 - 2 3 - 0
アルゼンチン  1 - 1 1 - 0 X 3 - 0 0 - 0 1 - 0 0 - 1 0 - 2 2 - 0 1 - 1
コロンビア  1 - 1 2 - 2 0 - 1 X 2 - 0 0 - 0 1 - 2 3 - 1 1 - 0 2 - 0
ペルー  0 - 2 2 - 1 2 - 2 1 - 1 X 3 - 4 1 - 0 2 - 1 2 - 1 2 - 2
チリ  2 - 0 3 - 1 1 - 2 1 - 1 2 - 1 X 0 - 3 2 - 1 0 - 0 3 - 0 3 - 1
パラグアイ  2 - 2 1 - 2 0 - 0 0 - 1 1 - 4 2 - 1 X 2 - 1 2 - 1 0 - 1
エクアドル  0 - 3 2 - 1 1 - 3 0 - 2 1 - 2 3 - 0 2 - 2 X 2 - 0 3 - 0
ボリビア  0 - 0 0 - 2 2 - 0 2 - 3 2 - 0 0 - 3 1 - 0 1 - 0 2 - 2 X 4 - 2
ベネズエラ  0 - 2 0 - 0 2 - 2 0 - 0 2 - 2 1 - 4 0 - 1 1 - 3 5 - 0 X

左の数字がHOMEチームの得点

日程[編集]

第1節[編集]









第2節[編集]









第3節[編集]









第4節[編集]









第5節[編集]









第6節[編集]









第7節[編集]









第8節[編集]









第9節[編集]









第10節[編集]









第11節[編集]









第12節[編集]









第13節[編集]









第14節[編集]









第15節[編集]









第16節[編集]









第17節[編集]









第18節[編集]









大陸間プレーオフ[編集]

大陸間プレーオフの組み合わせは、2015年7月25日にロシアサンクトペテルブルクストレルナロシア語版にあるコンスタンチン宮殿ロシア語版で行われた組み合わせ抽選会で決定した[9]

試合結果[編集]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
ニュージーランド  0 - 2  ペルー 0 - 0 0 - 2


脚注[編集]

  1. ^ アルゼンチン対ブラジルは、当初2015年11月12日に予定されていたものの、悪天候により2015年11月13日に延期となった[5]
  2. ^ a b ボリビアは第7節・第8節において、代表選手として資格のない選手を起用していた (パラグアイ出身でボリビア国籍に帰化したネルソン・カブレラスペイン語版が、国際サッカー連盟が定める代表選手となるための条件「帰化後5年以上の居住」を満たしていなかった[6])ことから、両試合は没収試合 (ボリビアの0-3での敗戦扱い)とされた[7]
  3. ^ a b c チリ対ボリビア戦は差別的行為が行われたため、エスタディオ・ナシオナルではなくサンティアゴに所在するエスタディオ・モヌメンタル・ダビド・アレジャーノで開催された。さらにチリに関しては今年5月に別の違反があり保護観察期間だったこともあり、2017年3月28日に行われるチリ対ベネズエラ戦でのエスタディオ・ナシオナルでの試合開催が禁止された[8]

出典[編集]

  1. ^ a b A unanimous decision: A draw will determine the classifications for the World Cup and CONMEBOL Tournaments” (英語). CONMEBOL.com (2015年1月23日). 2015年1月27日閲覧。
  2. ^ Road to Russia with new milestone” (英語). FIFA.com (2015年1月15日). 2015年1月27日閲覧。
  3. ^ FIFA Calendar” (英語). FIFA.com. 2015年1月27日閲覧。
  4. ^ Regulations – 2018 FIFA World Cup Russia (PDF)” (英語). FIFA.com. 2015年8月2日閲覧。
  5. ^ Argentina v Brazil: World Cup qualifier postponed because of rain” (英語). BBC Sport (2015年11月13日). 2015年11月13日閲覧。
  6. ^ Por qué la FIFA consideró que Nelson Cabrera estaba mal incluido y sancionó a Bolivia” (スペイン語). ラ・ナシオン (2016年11月1日). 2016年11月22日閲覧。
  7. ^ Bolivia sanctioned for fielding ineligible player”. 国際サッカー連盟 (2016年11月1日). 2016年11月22日閲覧。
  8. ^ FIFA、”差別的行為”で11カ国に対して罰金処分。チリは試合の開催禁止処分も” (日本語). フットボールチャンネル (2016年10月5日). 2016年10月7日閲覧。
  9. ^ The Preliminary Draw results in full” (英語). FIFA.com (2015年7月25日). 2015年9月11日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]